Echelon Top 100: アジア各国予選の審査員賞受賞チームから選ばれた、シンガポール本戦に臨む14社を発表

SHARE:

echelon-asia-summit-2015_featuredimage

TOP100 に選ばれたスタートアップは、今年6月に由緒ある Echelon Asia Summit で展示が出来るほか、とっておきのプログラム(キュレーターを介したワークショップ、ランチョン、会社特色、インベスターとの体系的なネットワーキングセッション等)を享受することができる。14の地域別最終予選通過チームは、同時に2段階の選考過程を経た後、TOP10 Startups 入賞チームが発表される。

  1. パネルへのプレゼンテーション:6月22日午後5:30から10:00まで、予選での審査員賞受賞者は審査員団に対してプレゼンテーションを行う。審査員団は投資家、デザインの専門家及びシンガポールのアントレプレナーで構成される。スタートアップはプレゼンテーションをさらに改善するにはどうすれば良いかフィードバックも受ける。
  2. ライブ投票(DoubleDutch 社協賛): 6月23日、Echelon Asia Summitの全参加者によるライブ投票が実施され、各人が気に入ったスタートアップを選ぶ。審査員団による評点と投票結果によって TOP10 Startups 入賞チームが決定する。

6月24日の Echelon Asia Summit 最終日、TOP10 Startups 入賞チームは「アジアで最も前途有望なスタートアップ」の栄冠を目指し、ステージ上でプレゼンテーションを行う。

<関連記事>

(THE BRIDGE の読者は、Echelon Asia Summit への参加料が10%割引になります。詳細はこちらをご確認ください。)

TOP100-Judges-Choice

14の地域予選で審査員賞を受賞したチームは次の通り。

  1. オーストラリア:モバイルサービスのAirShr。ドライブ中にラジオで聞いたことを覚えておくのに役立つ。
  2. バングラデシュBikroy。バングラデシュ最大のオンラインマーケット。
  3. 香港:リクルート・スクリーニングのスタートアップ、Talkpush。2月、非公開資金調達のラウンドを行った。
  4. インド:SaaS型アプリ内チャットメッセージ・ソリューションのPepperTalk。ビジネスでの顧客エンゲージメントを向上させる。
  5. インドネシア:予約プラットフォームのMakanLuar
  6. 日本WOVN.io。ウェブサイトやブログの多言語化をサポート。
  7. カザフスタン:EcoSocket。環境問題を解決するためのデバイス・モバイル用アプリケーションを提供。
  8. マレーシア:大学の門戸拡大を狙うChaseFuture (Track 01)と、パートタイム清掃の予約において革命を図るプラットフォーム、MaidEasy (Track 02) 。
  9. フィリピンPawnHero。東南アジア初のオンライン質店。市場で浮かび上がったBOPに対する高額な貸付の問題を解決し、ファイナンシャル・インクルージョンの権限を与える。
  10. シンガポール:マルチチャネル・eコマース・ソフトウェアのSellInAll (Track 01)、eペイメント・セキュリティ・プラットフォームの Jewel Paymentech (Track 02)、フリーVoIP通話アプリのnanu (Track 03)。
  11. 韓国MyRealTrip。旅行者を地元のガイドや目的地に精通している人と結びつける。
  12. 台湾Get Alfred。駐車場の混乱を効率よく解決するオンデマンド型バレーサービス。
  13. タイFlow Account。タイ国内の中小企業に特化した手軽なオンライン・クラウドコンピューティング・システム。
  14. ベトナム:ソーシャルディスカバリー・eコマースのプラットフォーム、Wiindi

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------