資金枯渇のニュースを受け、アメリカ進出を果たしたばかりのLeEco(楽視)の株価が急落——時価総額は、1週間で20億ドル目減り

by Charlie Custer Charlie Custer on 2016.11.19

bad-news-down-chart-money-loss
Photo credit: Pixabay

中国の LeEco(楽視)のために鳴り響いていた音楽は、もう終わろうとしているのだろうか? このインターネットとスマートガジェット企業は、ストリーミング動画再生に始まり、自走車からスマートフォンまであらゆるものを手がける企業となり、過去数年にわたって拡大と投資の旋風だった。しかし、アメリカで初めてハードウェア製品の販売を開始しようとしている今、同社は中国で大幅な株価下落を経験し、それは一週間に満たない間に約20億ドルもの企業価値を下げたことになる。

<関連記事>

この株価下落については、中国内外報道機関から LeEco が資金枯渇に直面しているのではないかとの報道がなされていた。報道によれば、創業者の Jia Yueting(賈躍亭) 氏が日曜日に従業員に書いたとされる手紙の中で、同社が急速かつ過度に拡大を急ぎすぎたと語ったとされる。現在、同社は多くのことに手を出し、そのペースを維持するための資金を調達する上で問題に直面している。彼は、ある中国人の重役に稀に見る振る舞いをし、謝罪として年間15セントの給与を受け入れることを志願している。

faraday-future-backer-leeco-reveals-lesee-sedan-photo-1
今年4月、フル電気自動車 LeSee を北京で披露した Jia Yueting(賈躍亭)氏(左)
Photo credit: LeEco

Jia 氏の手紙が、同社の株価下落の原因というわけではない。むしろ、それは、同社の LeEco が拡大を図る上で顕著になりつつある、同社の資金調達とサプライチェーンが抱える問題が具体化したからだ。しばらく前から続いていた同社の経営アプローチに対する疑問は、結果的に株価の下落につながった。今年初めには、LeEco は1株あたり8ドル以上で取引されていたが、今月の急落によって、年を通して下落を見せることとなり、株価は1株あたり5.5ドルにまで落ち込んだ。

変化を起こすチャンス

LeEco にとって幸運なのは状況を変えるのに都合がよい2つの機会が、急速なスピードで近づいていることだ。

まず一つは、水曜日(11月9日)、LeEco がアメリカでフラッシュセールを始めることだ。アメリカでの強力な露出は、LeEco の将来が有望であると投資家を確信させられるかもしれない。

二つ目には、金曜日(11月11日)、中国は光棍節(独身の日)にオンラインショッピングの休日を祝う。LeEco は、Tmall(天猫)や JD(京東商城)などの B2C サイトと同様、自社の LeMall(楽視商城)を通じて EC のサービスを提供する。もし、これらあらゆるチャネルを横断して、(特に、競合と比べ)劇的な売上金額を記録することができれば、株価を正しい方向へと押し戻すこともできるかもしれない。

長期的に言えば、LeEco の資金枯渇は、今でも心配のタネだ。同社は自走車プロジェクトに巨額を投資したが、ここにきて、消費者への提供の準備がまもなく整うようだ。その開発を続けられるだけの資金を LeEco は調達できるだろうか? それは LeEco の投資家たちが今心配している問題の一つで、独身の日の強力な露出・売上だけでは、この問題を解決することはできなさそうだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------