クラウドで酪農・畜産を効率化するファームノート、4億円を調達——リアルテックファンド、リバネス、北海道・九州の地銀系VCなどから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.11.30

Farmnote Summit Annex 2018 で資金調達を発表する Farmnote の小林晋也氏
Image credit: Masaru Ikeda

北海道・帯広を拠点にクラウドを使った牛群管理システム「Farmnote」を開発するファームノートホールディングス(以下、ファームノート)は30日、都内で開催したイベント「Farmnote Summit Annex 2018」で4億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、リアルテックファンド、北洋銀行、FFG ベンチャービジネスパートナーズ(福岡銀行系 VC)、鹿児島銀行、DG インキュベーション、D2 Garage、リバネス、小泉文明氏(メリカリ取締役社長 兼 COO)、長沼真太郎氏(BAKE 創業者)、千葉功太郎氏。千葉氏は、シードラウンドに続くフォローオンでの参加となる。今回の調達を受けて、創業からこれまでの累計調達額は約17億円に達した。

ファームノートは2013年11月に設立、経済産業省の助成制度「サポーティングインダストリー (ものづくり基盤技術) 」を活用し、2014年6月から酪農・畜産を効率化するセンサーデバイスやクラウドシステムの開発の取り組んできた。2014年9月にに札幌で開催された「全国 Startup Day」では、開発着手からまもないにもかかわらずグランプリを取得、2014年12月には京都で開催された Infinity Ventures Summit 2014 Fall の LaunchPad で3位を獲得している。

<関連記事>

2013年11月28日に設立されたファームノートは一昨日、創業から5周年を迎えた。ローンチから3年を経て、Farmnote のユーザは2,700農家、契約頭数は27万頭に上るという。日本の飼養頭数が390万頭であることを考慮すると、その6%がファームノートにつながっている計算になる。2016年8月に牛用のウエアラブル端末「Farmnote Color」をリリースしてからは、これまでに売上ベースおよび社員数ベースでほぼ2倍に成長している。住友商事や兼松と組んで海外展開にも着手しており、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアでテストマーケティング中だ。

今回の調達を受けて、ファームノートは今後、特にカスタマーサクセスに注力するという。ファームノートはもともと、小林氏が経営していたシステム会社 SKYARC の社内プロジェクトとして発足した由来もあり、農家のカスタマーサクセスよりも、酪農を IT を使って自動化・省力化・効率化するためのソリューションという色合いが強かった。

最近βリリースされた「疾病疑い検知機能」の画面。

経営の軸を変える。これまでは IT を軸においていたが、すべては経済動物のために、「Anilmal Lifecare」という言葉のもとに活動していく。経済動物に関わる人の進化によって、経済動物の快適性を向上すれば、それは農家の満足にもつながる。そのためには、現在のサービスのラインアップだけでは足りず、生産者(=農家)と技術の間のラストワンマイルを埋める必要がある。(小林氏)

今後、ファームノートはリバテックやリバネスの協力を得て、研究開発体制を強化する。獣医学を中心とした研究部門である「Farmnote Lab」についても、現在4名いる社内の臨床獣医師を10名体制にまで拡張したいとしている。牛や酪農に対する知見を深めるため、自社牧場も開設する計画だ。北海道と九州の地銀 VC からの資金調達を受けて、これらの地域への ICT 導入推進と農業基盤強化で連携する。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------