インターネット総合サービスのココン、淡輪敬三氏と高野真氏を社外取締役に招聘

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.2.6

左から:高野真氏、倉富佑也氏(ココン 代表取締役社長)、淡輪敬三氏
Image credit: Cocon

インターネット総合サービスのココンは6日、淡輪敬三氏と高野真氏を社外取締役として招聘したと発表した。淡輪氏は米コンサルファーム大手 Willis Towers Watson でかつて日本法人代表を務め、最近では副業モデルアプリ「週末モデル」を運営する MONOKROM に個人投資家として出資している。高野氏はベンチャーキャピタル D4V の創業者 兼 CEO であり、また、Forbes Japan を発行するアトミックスメディアの代表取締役 CEO としても知られ、日本のスタートアップエコシステム醸成に複数軸から関わる人物だ。

淡輪氏と高野氏の社外取締役就任により、ココンでは経営体制のさらなる強化を実現し、今後の事業展開を加速するとしている。

ココンは最近、事業拡大に向けて数々の分野の M&A に積極的だ。先週だけでも、企業のブランドコンサルティング、コミュニケーションデザイン、クリエイティブ制作を行うツードッグスと IDR を完全子会社化、また、バーティカル SaaS を提供するクロスワープから、情報漏洩監視効率化サービス「WebMonitor」を有する情報セキュリティ部門を買収している。いずれも、買収額などは明らかになっていない。

via PR TIMES, Cocon

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------