TechNode主催Asia Hardware Battle 2019、シンガポール予選の結果を発表——整形外科患者の術後経過モニタリングデバイス「Kinexcs」が本戦へ

SHARE:
Kinexcs 共同創業者兼 CEO の Abhishek Agrawal 氏(右から7番目)、同社プロダクトエンジニアの Aaron Ramzeen 氏(右から5番目)が、AHB のシンガポール予選優勝を表彰された。
Image credit: TechNode(動点科技)

Bugis Junction Towers の UCommune(優客工場) にある TechNode(動点科技)シンガポール支社で開催された、Asia Hardware Battle(AHB)シンガポール予選のピッチは大きな成功を収めた。

数ラウンド続いた激しいコンペティションの後、ハードウェアのスタートアップ一社が勝者となり、10月30日に上海で行われる AHB 決勝においてシンガポール代表となる。このハードウェアスタートアップは、以下に挙げる複数の有名な審査員による一連の厳しい評価と、一段階ずつのスクリーニングを通して、その非凡さを証明して見せた。

<関連記事>

これまでの Asia Hardware Battle に関する関連記事

審査員

  • Alvin Ng Jin Ming 氏(Sunbo Angel Partner マネージャー)
  • Annie Luu 氏(Investible アジア地域責任者)
  • Harold Au 氏(Wavemaker 投資マネージャー)
  • Ong Jie Lun 氏(Plug and Play アジア太平洋地区ベンチャー部門責任者)

優勝企業:Kinexcs

Kinexcs はウェアラブルな医療デバイスであり、整形外科的なモニタリングや患者の回復、そして一連の治療の管理のための分析プラットフォームである。彼らの製品は整形外科手術を受けた患者の経過をモニタリングし、質の高いケアを届けるために、臨床医によって使用される。先進的なセンサー技術と直感的なソフトウェアのプラットフォームが組み合わさったこのデバイスによって、臨床医は患者に対して(手術前、手術中、手術後の)全体的な一連の治療を追跡、指導、モニタリングすることができる。

このプラットフォームは患者と臨床医が交流しやすくし、総合的ですぐに使用可能な回復情報を提供する。患者のコンプライアンスを向上させることで回復を早め、臨床医の生産性を高め、医療従事者のコストを削減する。さらに、患者は自宅にいながらエビデンスに基づいた、楽しく効果的な回復を体験することができる。

登壇スタートアップ:

  1. 42Lab は受賞歴もあるバイオテック教育のスタートアップであり、教室におけるバイオテック学習の民主化を目指している。Entrepreneur First やシンガポールの SGInnovate、香港の Cyberport(数碼港)から支援を受けている。42Lab は手頃な価格でポータブルなミニラボとしてのバイオテック装置や、教室で使えるユーザフレンドリーな指導補助アプリを提供している。同社は知識がない人が台所の科学から分子生物学、合成生物学(DNAのシークエンシングや編集)やソフトロボットまで、幅広いバイオテックに触れられるよう力を与えている。
  2. ウエアラブル技術の企業である Lucent Wearables は、複合現実と眼鏡、そしてマシーンラーニングによる画像認識、音声検索、ナビゲーションといったものに注力するディープテックを組み合わせている。
  3. HaloLife はカスタマーズ・アズ・ア・サービスの企業であり、通信事業、金融業、デジタルパートナーのために顧客を獲得して保持し、そしてユーザに少額の収入をもたらす世界で唯一の無料でプレミアムなスマートフォンという魅力的な価値の提案を行っている。HaloLife は通信事業、金融業、デジタルなエコシステムとパートナーシップを結び、12ヶ月間で利益を上げることを保証する「Halo」を設計・提供している。リーダーシップをとるチームは、アジア太平洋、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカで、ソフトウェア、ハードウェア、通信事業、金融サービス、デジタルマーケティングにおける60年の経験を兼ね備えている。
  4. Nasket はサービス提供用のスマートディスプレイであり、家庭向けのサービスを受賞歴もあるハードウェアに接続し、新たな小売チャネルを作り出す。Nasket は日用品、食品、修理、メイド、決済、スマートホーム制御、ビデオ電話、遠隔医療、救急車、警察、サロン、マッサージ、郵便、チケット、イベント、ニュース、旅行、エンターテインメントのエコシステムである。国際企業である同社のミッションは、Nasket のスクリーンにあらゆるサービスを統合した世界的なサービス管理アグリゲータとなり、独自の Nasket エコシステムを作り上げて生活の質を高め、すべての人のためにテックを簡単なものにすることである。
  5. 食品、製薬、石油化学製品といった産業において、化学的分離は必須だ。これらのプロセスは大規模に行われるというだけではなく、膨大な量のエネルギー集約的な蒸留と蒸発分離が必要とされる。これらのプロセスの大部分は目に見えないが、最大で地球全体のエネルギー消費の15%に上り、世界最大の目立たない環境汚染源となっている。SEPPURE は持続可能なナノ濾過というソリューションを作り出し、化学混合物を最小限の使用エネルギーで分子レベルで分解し、地球上で最もエネルギー集約的で環境汚染源となっているプロセスへの依存を抑制している。
  6. REVIVO Biosystems は美容と製薬の研究所が化学薬品や材料、配合処方の安全性や効能を、より信頼度が高く効率的なやり方で、動物を使わずにテストすることができるよう手助けをする、斬新なプラットフォームや方法を開発している。「チップ上に載った内臓器官」とも言うべき彼らの製品は、培養のための組織片や 3D あ細胞を自動化試験と連携するための斬新な微小流体デバイスが根幹になっている。同社は動物を使わない高度な臨床関連のすべての研究を可能にし、生体材料の消費を10~100倍削減し、専門的な人手を10倍削減している。同社の顧客は研究組織、研究所、材料提供業者、製薬会社や美容メーカーである。

次のイベント

参加企業、審査員、そしてパートナー主催者に大きな感謝を表したい。ACEInvestibleLaunchpadNUS EnterprisePlug and PlaySMU(シンガポールマネージメント大学)、 Sunbo Angel PartnersTRIVE、UCommuneWavemaker Partners の多大なる支援がなければ、このような成果を得ることはできなかった。Kinexcs は上海で行われる AHB 決勝に向けて勝負の準備を進めている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------