iPhone12は13日公表へーー最速お届けは10月23日?(2/2)

SHARE:
Apple CEOのティム・クック氏:Image Credit: Apple

前回からの続き)Appleのイベントでは、新作iPhoneの魅力の一部として5Gについて言及することはほぼ確実だろう。また、新しいA14 Bionicプロセッサー拡張現実・写真アプリ用のプロセッサーの搭載発表があると言われている。Appleは当初、インテルの5Gモデムを利用すると言われていたが、途中で問題が生じ、最終的にはインテルは事業そのものをAppleに売却した

その後はQualcomnとの訴訟問題を解消し、Snapdragonシリーズの5Gモデムへの切り替えに成功した。イベントのタグラインには「Hi, Speed」と記されており、Appleが米国やグローバル規模での5Gネットワーク環境だけに拘らない、iPhone全体の「速度」を宣伝文句として強調している。

6月に開催された2020 Worldwide Developers ConferenceにてAppleは、Mac製品もインテルのチップから移行することを明らかとしたが、今回のイベントでの焦点はそうした面ではないだろう。AppleのSiliconベースのMac製品は、今年11月のバーチャルイベントで詳細が明らかになると言われている。今まで、同社は9月のイベントにおいて新型iPhoneやApple Watchに関する製品発表会を開催し、10月にiPadsやMac製品の発表をするのが通例であった。しかし、COVID-19によりイベント開催は数週間ずつずれ込んでいる状況だ。

現時点で、新しいiPhoneの予約は早くて10月16日からだとされている。また、最速の納品は10月23日(編集部注:すべて太平洋標準時間)といわれているものの、いくつかの地域ではiPhone 12 Proに限り製品の販売を遅らせる可能性もあると言われている。Appleは10月のイベントにて、高精度のトラッキングアクセサリー「Apple Tag」・「AirTag」、ヘッドフォンや新しいワイヤレス充電のハードウェアを発表するともいわれている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】