香港のAnimoca Brands、IPOを前に8,800万米ドルを調達——時価総額10億米ドル、ゲームのNFT経済創出へ

SHARE:
Animoca Brands は、ブロックチェーンゲームのリーダーになろうとしている。
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、ゲームと希少なデジタルアイテムを NFT(非代替性トークン)で結合する計画を生かすために、時価総額10億米ドルで8,800万米ドルを調達した。

香港を拠点とする Animoca Brands は、ゲームにおけるデジタルアイテムの独自性を認証できるNFTを先駆的に利用してきた The Sandbox、Quidd、Gamee、nWay、Pixowl、Lympo といった一握りのゲーム会社を集めた。NFT 企業がゲーム業界の最新ユニコーンになったことに驚かれた方は、おそらくこれらのホットトークンに注目していなかったのではないだろうか。

NFT は、アート、スポーツグッズ、音楽など、(ゲーム以外の)他のアプリケーションでも爆発的に普及している。例えば、NBA Top Shot(バスケットボールのコレクターズカードをデジタル化したもの)はその一例だ。Dapper Labs が開発した NBA Top Shot は、上場後5カ月で売上高5億米ドルを突破した。また、Beeple というアーティストによる NFT デジタルコラージュは、クリスティーズで6,930万ドルで落札された。Animoca は、NFT がゲーム内で獲得したアイテムをプレイヤーが所有できるようにすることで、ゲーム業界にも変化をもたらすだろうと考えている、ブロックチェーンに特化した数多くの企業の一つだ。NFT は、安全で透明なデジタル台帳であるブロックチェーンを利用して、取引の検証やレアアイテムの認証を行う。また、Animoca Brands は、約3年前からNFT事業に取り組んでいる。

今回のラウンドには、Kingsway Capital、RIT Capital Partners(旧 Rothschild Investment Trust)、HashKey Fintech Investment Fund、AppWorks Fund、LCV Fund、Huobi、Octava、Ellerston Capital、Perennial、Axia Infinity Ventures、SNZ、Liberty City Ventures、Metapurse などの投資家が参加した。

Animoca Brands の NFT ゲーム「F1 Delta Time」
Image Credit: Animoca Brands

今回の戦略的ラウンドにより、Animoca Brands はブロックチェーンと NFT を利用してビデオゲーマーにデジタル財産権をもたらし、Play-to-earn 機能やデジタルアセットの相互運用性などの強力なメリットを実現し、積極的な成長に向けた体制を整えたとしている。Play-to-earn とは、ゲームの中で報酬を得て、それを現実のお金に交換することであり、筆者が考える「レジャー経済」を連想させる。これは、インターネットの次のバージョンを提供するか、あるいは大規模なバブル爆発を起こすかのどちらかだ。NFT を使えば、プレイヤーはゲーム内アイテムの真の所有権を確立し、ゲームを離れるときにはそれを持ち帰ることができますし、利益を得て売ることもできる。そうすることで、ゲーム内アイテムは費用というよりも投資に近いものになるのだ。

<関連記事>

CEO Yat Siu 氏が語る NFT の将来性

Animoca Brands のゲーム「MotoGP Ignition」
Image Credit: Animoca Brands

CEO の Yat Siu 氏は、GamesBeat とのインタビューで、買収の検討、戦略的な投資、400人の従業員の基盤に加えて新たな人材の雇用、人気のある知的財産のライセンスの確保、新製品の開発などを行っていくと語っている。

ここ数ヶ月の NFT のニュースについてどう思うかと聞かれた Siu 氏は、「ロケット船が思い浮かぶと思う」と答えた。

この領域がこれほど急速に成長している理由のひとつは、レンタル経済から所有経済への移行に伴う需要の高まりだ。自分のデジタルライフを自分のものにしたいという考えを持つ人が増えている。自分の時間を所有し、オンラインでの時間の使い方を尊重されるべきだ。これは革命だ。これは革命であり、小さな基盤から生まれたものだと思う。(Siu 氏)

Metamask のアカウント数は約500万、Coinbase のアカウント数は5,600万——これらの数字は仮想通貨経済の規模を示す指標となっている。これだけの人数がいるものの、Siu 氏はメインストリームの消費者を巻き込むという点では、まだ表面をなぞっているだけだと考えている。先週、東京を拠点とするオンラインゲーム大手ネクソンが、ビットコインに1億米ドルを投資したと発表した。しかし、ビットコインが不安定な市場であることは間違いない。これは、仮想通貨に関する大きな浮き沈みの一部だ。5月12日、Elon Mask 氏の Tesla が、「ブロックチェーン・コンピューティングは安全だが膨大なコンピューティングパワーを消費するため、環境への影響を考慮して、ビットコインでの支払を受け付けない」と発表した。これにより、昨夜、ビットコインは大暴落した。

一度デジタル所有権に入ってしまうと、そこから抜け出すことはできない。実際に NFT を作って売買したり、サービスを提供したりしている人たちは、長期的な視点で取り組んでいる。だからこそ、そこには何か強力なものがあるとわかるのだ。なぜ我々はユニコーンになるのか? なぜDapper Labsは爆発的に売れているのか? デジタル所有権は、業界が必要としていたパラダイムシフトだと思う。ベンチャー企業も続々と参入している。注目度も認知度もメインストリームになってきている。(Siu 氏)

NFT の結果

Animoca Brands のトークン「REVV」と「SAND NFT」
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、「F1 Delta Time」「The Sandbox」「MotoGP Ignition」などのブロックチェーンゲームで良い結果を出している。Revv や Sand など、それらの関連トークンを発売している。Animoca Brands は、Dapper Labs、Opensea、Bitski、Axie Infinity などに投資している。F1 Delta Time では、プレイヤーは NFT ベースのレースカーを獲得したり、購入してゲーム内で使用したりすることができる。また、The Sandbox はデジタル土地を販売しているが、プレイヤー向けに NFT マーケットプレイスも開設した。

最近では、Gamee、Tower、LMT の各トークンを発売し、Animoca Brands はゲーム内報酬を推進している。Animoca のトークンの市場価値は、数十億ドルに達している。

Kingsway の創業者兼 CEO である Manuel Stotz 氏は、ビットコインや NFT を通じたデジタル財産権の出現は、新興市場の底辺30億人程度の消費者にとって金融包摂の最大の機会であると声明で述べている。

Animoca Brands のコーポレートアドバイザーである Taylor Collison の Simon Doherty 氏と Everest Ventures Group が今回の資金調達を支援した。Animoca Brands は以前、2,700万米ドルを調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録