バンダイナムコのCVC、立役者に聞いたスタートアップとの共創で目指すもの(前編)

SHARE:

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

バンダイナムコエンターテインメントは2022年4月、メタバース および エンターテインメント領域を対象としたCVC「Bandai Namco Entertainment 021 Fund(021 Fund)」 を設立したと発表した。「IP(キャラクターなどの知的財産)メタバース」の構築、新たなエンターテインメントの創出を目指し、この領域のスタートアップに3年間で30億円(毎年10億円)を出資する。

新ファンドがどのようなものなのか、ファンド設立に至った背景などについて、同ファンドのインベストメントマネージャーの池田一樹氏(写真左)とインベストメントリーダーの松原真倫氏(写真右)に話を聞いた。

021 Fund とはどのようなものですか? また、ファンド設立に至った背景なども教えてください。

池田:当社は、CVCを立ち上げる前から、スタートアップに出資等を行っていました。その出資を通じて、協業やノウハウの獲得といった面で非常にメリットを感じていまして、その活動をさらに加速させたいというのがそもそもの背景です。

その上で、加速させたいけれども、今はスタートアップとのネットワークが人に依存してしまっていることや、そういった情報が来てもスピーディーな出資判断ができないといった点に問題意識を持っていました。また、現時点で要請が強い既存事業に近い領域が中心になってしまうという課題感もありました。

そのような課題を解決するためには、組織でネットワークを構築したり、判断できる人材の育成をしたり、権限委譲によるスピードアップをすることが必要ではないかと考え、解決策として、我々が着目したのが今回の CVC というスキームでした。

本当にCVCという選択肢が我々の課題解決につながるのかを検証するために、KDDI の舘林さん(ビジネスインキュベーション推進部 部長 舘林 俊平氏)にアドバイスいただいたり、複数の大企業やVCなどにもヒアリングしたりして、仮説が間違っていないことを確認しました。

松原:021Fundのファンドサイズとしては、1年間で約10億円、3年で30億円程度となります。出資対象は、事業ステージを問わず、国内外を幅広に見ていきます。最大出資率は15%未満で、大体平均1億円、最大で5億円まで出資できます。もちろん、この出資枠に当てはまらない案件が出てくる可能性もあるかとは思っており、その場合はCVCではなくコーポレート出資も検討可能となっています。

また、バンダイナムコグループは、2022年4月からグループの最上位概念となるパーパス「Fun for All into the Future」を制定し、このパーパスのもと、2022-2025中期計画において、IPでファンとつながるための新しい仕組みとしてIPごとのメタバース開発に着手します。その上で、021Fundの投資領域のメインテーマとして「IPメタバース」を据えています。「IPメタバース」については、現在プランニングの段階でして、具体についてはスタートアップさんとともに創っていきたいと思っています。

池田:最近、Web3がバズワード的に出ていますが、その Web3 の掲げる世界感や思想に対しては、宮河(バンダイナムコエンターテインメント 代表取締役社長兼 CEO、021 Fund投資委員長の 宮河恭夫氏 )はじめ、我々ファンドチームも共感しているところがあります。必ずしも Web3 の全てを取り入れようというわけではないのですが、参考にしつつ、3年後を目標にして我々の 「IP メタバース」を構築していきたいなと考えています。

もちろんメタバース以外にも既存事業の強化になるようなものとか、それ以外のエンタメ領域も対象として見ていきたいと思っています。

「021 Fund」の出資先一部(2022年6月現在)

松原:021Fundは「創り出す」「届ける」「つながる」という3つの投資戦略を設定しています。エンターテインメントを創りだすものから、エンターテインメントを届けて、人々をつなげるもの、そして、エンターテインメントとのつながりをより熱く、強くするイメージです。

最近出資したGaudiyさんは、ブロックチェーン技術を用いて、ファンの体験価値を高めるコミュニティの構築に強みを有しています。その他にもブロックチェーンゲームのdouble jump.tokyoさんに出資していたり、インディーズゲームパブリッシャーのPhoenixxさんにも投資しています。個別の具体的な投資先は追ってご説明します。

(後編へ続く)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録