THE BRIDGE

タグ Taobao(淘宝)

中国IT大手のTaobao(淘宝)がオンライン教育マーケットプレイスのローンチへ

SHARE:

北京で行われた最近のオンライン教育に関するイベントで、Taobao(淘宝)のスタッフは独自の教育チャネルのプランを明らかにした。eコマースの大物が今度はオンライン教育・トレーニング市場に登場する。 この新たなバーティカルプラットフォームは今年「Taobao Classmates(淘宝同学。英語表記は仮訳)」というサブチャネルとしてローンチされる予定だという。これはチュートリアル試験から職業訓練プロ…

WANGWANG北京で行われた最近のオンライン教育に関するイベントで、Taobao(淘宝)のスタッフは独自の教育チャネルのプランを明らかにした。eコマースの大物が今度はオンライン教育・トレーニング市場に登場する。

この新たなバーティカルプラットフォームは今年「Taobao Classmates(淘宝同学。英語表記は仮訳)」というサブチャネルとしてローンチされる予定だという。これはチュートリアル試験から職業訓練プログラムまでをカバーする授業ビデオを含むオンライン教育ソースを統合するものになるだろう。

現在、Taobaoのトレーニングプログラムや関連する教科書は現地向けのサービスとなっており、すでに1日あたり数百万元の売上がある。Alibaba Local Life BUのディレクターであるDao Zheng氏は、

「うまくいけば、1年以内に10億元の売上を達成できるでしょう。 この数字はeコマースのオンライン教育市場では十分に聞こえるかもしれませんが、実際には中国の教育・訓練市場全体の1%未満を占めるにすぎません。」

と述べている。

情報筋によると、Taobao Classmatesは2Bと2Cのハイブリッドモデルを採用している。訓練機関向けには、ライブ放送の教育コンテンツを提供し、一般向けには指導力のあるユーザが開講したり放送許可を申請したりするといったことができるという。このプラットフォームは単なるオンライン教育プラットフォームではなく、TaobaoによるO2O事業の試みでもある。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

家族や親族の結婚圧力から逃れるために、Taobao(淘宝)でニセ彼氏をレンタルしよう

SHARE:

もうすぐ春節。中国の若い世代の人たちにとって春節とは、大抵の場合、故郷に帰って家族・親戚に会い、まるまる2週間をそこで過ごすということだ。家族や親戚は、いつ結婚するのかとか、恋人がいないならお見合いをさせようとして、しつこく干渉してくる。 こうしたことにうんざりしている人のなかには、家族のそんな干渉から逃れるために、偽の恋人を実際にレンタルする人もいる。偽の彼氏や彼女をレンタルするにはもちろん、T…

もうすぐ春節。中国の若い世代の人たちにとって春節とは、大抵の場合、故郷に帰って家族・親戚に会い、まるまる2週間をそこで過ごすということだ。家族や親戚は、いつ結婚するのかとか、恋人がいないならお見合いをさせようとして、しつこく干渉してくる。

こうしたことにうんざりしている人のなかには、家族のそんな干渉から逃れるために、偽の恋人を実際にレンタルする人もいる。偽の彼氏や彼女をレンタルするにはもちろん、Taobao(淘宝)だ!Taobaoで何でも本当に見つけられるようだ。

boyfriend-girlfriend-taobao

レンタル料金は、誰をレンタルするか、その人に何をして欲しいかによって、大きく異なる。例えば、ホリデー中にこの男性と一緒に帰省して欲しいなら、1日の料金は800元(126米ドル)。だが、中国南部への帰省なら10%のディスカウントがある。この男性の説明によると、レンタル期間中はどんなことでもしてくれるそうだ。

例えば、荷物を運んだり、両親と話をしたり、そして(状況にもよるが)親の足も洗ってくれるそうだ。依頼人の家族とお酒を飲むのには追加料金がいる。そして、手を握る以上の恋愛ごっこは期待してはいけない。完全にルール違反だからだ。

この件に関して、私たちはTaobaoの親会社Alibaba(阿里巴巴)に連絡を取ったが、こういう行為がTaobaoの運営方針のなかで許可されているかどうかについては同社は公でのコメントを拒否した。

実際のところ、こういう行為は確実に容認されているように見える。というのも、同サイトでは、故郷に連れて帰るレンタルの彼氏を簡単に見つけることができるからだ。彼女のレンタルは彼氏のレンタルよりもかなり少なく ——それでも、見つけることは可能——、また「彼女のレンタル」で検索すれば、「関連法に従い、検索結果を表示できません」というエラーメッセージが表示されるが、その他多くの類似検索を行えば検索結果を得ることができる。

春節が近づくなか、こういうサービスを利用したい人のほとんどが偽の恋人をすでに予約したようだ。だが、自分自身を貸すことに興味がある人は、来年の春節まで丸1年あるので、来年に向けて自分のTaobaoページを準備すればいいだろう。

でも、彼氏や彼女のレンタルを専門にしたプラットフォームを提供する中国のスタートアップが現れるまでどのくらいかかるだろう?(もちろん、中国には、Jiayuan(佳縁)やMomo(陌陌)など、従来型の出会い系サービスもたくさんある。)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

北京のスタートアップがTaobao(淘宝)でクラウドソーシングによる資金調達を試みる

SHARE:

【原文】 クラウドソーシングは欧米ではますます一般的となっている資金調達の手段だが、まだそのコンセプトは中国で本当に定着したとはいえない。しかし、それはクラウドソーシングを活用したいという願望がないということを意味するわけではない。状況によっては、出資を受けることが難しいこともあり得る。 そこで、北京を拠点とするスタートアップ、Meiwei Media(美微伝媒)は斬新なアプローチを考えた。Tao…

【原文】

meiwei-315x113

クラウドソーシングは欧米ではますます一般的となっている資金調達の手段だが、まだそのコンセプトは中国で本当に定着したとはいえない。しかし、それはクラウドソーシングを活用したいという願望がないということを意味するわけではない。状況によっては、出資を受けることが難しいこともあり得る。

そこで、北京を拠点とするスタートアップ、Meiwei Media(美微伝媒)は斬新なアプローチを考えた。Taobao(淘宝)で自社の株を売ればいいのではないか? Taobaoは人々から信用されており、しっかりしたプラットフォームだ。物理的な商品を販売することを目的としてデザインされてはいるが、どうして株式もTaobaoで売ってはいけないのだろうか?

その質問に対する答えとして、少なくともChina Business Newsから相談を受けた法律専門家によると、それは違法行為であることが判明した。株式公開会社は市場で株を売りに出す前に規制認可を受けなければならず、そして株式未公開会社は50株主以上を保有することはできないのである。

一株当たり1.2人民元(19セント)という最低価格で自社株を提供していたためか、MeiweiはTaobaoでの売却が停止された時点ですでに1191株主を獲得していたのだ。その数は多くは聞こえないかもしれないが、実際にはこのようにして80万人民元(12万6000米ドル)以上集めたわけだ。しかし彼らが実際に維持していくことができないだろうと思われる。

当局がMeiweiの問題に介入するかどうかはまだ明らかではない。しかし、Taobao上で同社の株式を検索しても、すでに表示されなくなっている。Meiweiの代表者はChina Business Newsに対して、確かに「リスク」があったことを認めたが、同社による資金調達の合法性についてコメントするのは差し控えた。しかし同社は、Taobaoでの資金調達が違法であることが明らかになった場合には、他の投資家が株式の買い戻しを確かに行うと述べた。

Taobaoの親会社、AlibabaのスポークスパーソンはTech in Asiaに対して、問題となったMeiweiの株式はすでにTaobaoにより削除されていると述べた。

「こうした種類の商品は、弊社出品規則により弊社プラットフォームで販売することが認められておらず、そのために削除されました。」

(China Business News via Sina Tech(新浪科技))

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国最大のオンラインモールTaobao(淘宝)が新しく食料品雑貨事業を展開

SHARE:

【原文】 中国のTaobao(淘宝)サイトでほとんどのものが購入できるようになっている。同サイトでは歯磨き粉1本からでも買える。その巨大なC2C eコマースサイトが、食料雑貨をオンラインで買いやすくしようと、Taobao Convenience Store(購便利)をローンチした。 同サイトには24.taobao.comのアドレスでアクセスできる。そして、このサービスで、Taobao(Alibab…

【原文】

Taobao-supermarket-groceries-315x326

中国のTaobao(淘宝)サイトでほとんどのものが購入できるようになっている。同サイトでは歯磨き粉1本からでも買える。その巨大なC2C eコマースサイトが、食料雑貨をオンラインで買いやすくしようと、Taobao Convenience Store(購便利)をローンチした。

同サイトには24.taobao.comのアドレスでアクセスできる。そして、このサービスで、Taobao(Alibabaが運営)は、中国の大手食料品雑貨の電子小売店Yihaodian(1号店Wallmartが株式の大部分を保有)と直接対決をする。

Taobao Convenience Storeは、基本的にTaobaoベンダーの多くがすでに販売している食品や消耗品のすべてを集めて、消費者が同サイトで食料品雑貨を購入しやすくしたサービスだ。一般商品や輸入商品もあるが、はじめは2都市だけでサービスを開始する。リリース前に、Alibaba(阿里巴巴)の広報担当者がTech in Asiaに次のように説明してくれた。

「これはライフスタイルにおけるプラットフォームで、さまざまな輸入食品や生活雑貨を提供し、ますます洗練される中国消費者のニーズに応えることを目指しています。今回、当社はすでにオフラインのスーパーとも提携を始めており、同サービスローンチの第1段階として、北京と杭州地区の消費者にサービスを提供する予定です。」

なぜ、上海の南にある中級都市の杭州なのかと不思議に思っている人もいるかもしれないが、杭州はAlibabaの本拠地だ。

Taobaoの姉妹サイトであるTmall(天猫)は2012年のわずか最初の11ヶ月で1兆元(1595億米ドル)の売上を上げている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Pinterestタイプの中国ショッピングサイトに進路変更を強いるTaobao(淘宝)の影響力とは

SHARE:

【原文】 2012年の初め、Jack Ma(馬雲)氏が社内ミーティングにおいてソーシャルショッピングサイトについてコメントした内容は周知のことである。その内容は、「Taobao(淘宝)は、少数のソーシャルショッピングサイトが小売業者の売り上げに決定的な影響を与えるほどには大きく成長してほしくない」というものだ。同氏は大木の鬱蒼とした森林よりも丈の低い草で覆われた大草原が見たいと望んでいるのである。…

【原文】

2012年の初め、Jack Ma(馬雲)氏が社内ミーティングにおいてソーシャルショッピングサイトについてコメントした内容は周知のことである。その内容は、「Taobao(淘宝)は、少数のソーシャルショッピングサイトが小売業者の売り上げに決定的な影響を与えるほどには大きく成長してほしくない」というものだ。同氏は大木の鬱蒼とした森林よりも丈の低い草で覆われた大草原が見たいと望んでいるのである。

2012年、ソーシャルショッピングサイトの売り上げはTaobao Union(淘宝連盟)が提携するサードパーティに分配した収益額のうちの21%を占める。その中でも、モバイルショッピングアプリがTaobao Unionのモバイルプログラムを通して5000万元(800万米ドル)の収益を上げており、収益総額の半分を占める。

Taobao のソーシャルショッピングサイトに対する反応として、同社は10月にソーシャルショッピングサイト向けのプラットフォームU Zhan(淘宝U駅)をローンチした。Taobaoと同様の仕組みになっており、ショッピング共有サブサイトを立ち上げることが可能になっている。要するに、これはTaobaoが自社で構築した草原というわけだ。単に管理下に置くというだけではなく、外部サイトに対する競合ともなるだろう。

Chinese Pinterests Have to Change Courses, Thanks to Taobao

Taobaoへの依存

以前、「大木」として有名なMeilishuo(美麗説)Mogujie(蘑菇街)2社はTaobaoの小売店の1ヶ月の取引額に相当する10億元以上の売り上げに貢献していた。同時に2社は利用と収益に関してTaobaoに大きく依存している。Taobao UnionプログラムのCPSベースの手数料がその主要な収入源でMeilishuoは6割から7割、Mogujieの場合は8割から9割を占めている

ブランド確立を狙うキャンペーンに多大な費用をかければ、大手のサイトといえども、新たな事業で大きな売り上げを得ることはできない。さらに悪いことに、Taobaoは手数料を考え出し、昨年ソーシャルショッピングサイトの一種の税金でもある手数料10%を取っていた。昨年9月の売り上げはMeilishuoが約600万元(96万8000米ドル)、Mogujieが約400万元(64万5000米ドル)に留まっている。

さらに悪いことに、昨年7月以来TaobaoはAPIの方針を調整している。現在サードパーティーサイトは更新された商品情報やユーザのコメントを知ることができない。

方向を転換して

Taobaoへの依存度を低くするため、これらのサイトはVancl(凡客誠品)のような独立したeコマース企業や他のTencent系プラットフォームとの提携を開始した。しかし、MogujieのCMOであるLi Yanzhu(李研珠)氏によると(中国語の情報)、Taobaoは新商品のソースがうまく機能しないように置き換えができないようにした。

Mogujieは以前は大きな収入源ではなかったディスプレイ広告を主要な収入源の1つにするためにメディアに参入しようとしている。Hersを含め、一握りのショッピングサイトがPinterest型のレイアウトからショッピング情報のためのコンテンツ中心のメディアに移行しようとしているのはMogujieに限ったことではない。

Meilishuoは別の方向へとシフトしており、CPSベースの手数料からCPCベースの広告料を取ることで同社の総収入の50%を占めるようになった(中国語レポート)。CPCとはCPSベースのTaobao Unionを避けて直接店舗に手数料を課すことも意味している。

Mogujie、Meilishuo共にブランド用化粧品無料サンプル提供などの他のサービスにもチャレンジしている。今のところ無料だが、遅かれ早かれ料金が請求されるようになるだろう。

MeilishuoやMogujieはTaobaoのU Zhanからサイトを立ち上げるべきだろうか?共同購入用プラットフォームTaobaoのJuhuasuan(淘宝衆画算)上にショップを構える独立した共同購入サービスのように。どのようなものにしろ、委託料ベースのオンラインビジネスは、eコマースがTaobaoの手中にあるような国では特に難しいビジネスのようだ。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国オンライン教育業界の現状

SHARE:

【原文】 中国のテック業界もオンラインによる教育改革を見逃してはいない。100を超えるオンライン教育のスタートアップが生まれている。オンライン教育は、共同購入サイトなどよりも正当だと説得しやすいビジネスだ。質の高い教育が都市部に集中する大きな国では、名声のある教師か営利目的で運営されている学校はインターネットを通じて、より多くの生徒を取り込み、より多くの収益を上げることができる。 既存の教育機関や…

【原文】

中国のテック業界もオンラインによる教育改革を見逃してはいない。100を超えるオンライン教育のスタートアップが生まれている。オンライン教育は、共同購入サイトなどよりも正当だと説得しやすいビジネスだ。質の高い教育が都市部に集中する大きな国では、名声のある教師か営利目的で運営されている学校はインターネットを通じて、より多くの生徒を取り込み、より多くの収益を上げることができる。

既存の教育機関やオンラインサービスはこれまで良い思いをしてきた。10年前に設立されたNew Oriental Education(新東方教育)のオンラインビジネスであるKoolearn(新東方在線)は、6年連続で収益が50%増化し、オフラインのクラスに比べてマージンも高いとCEOは語る(中国語記事)。2001年に設立された言語学習サイトHujiang(滬江)は今年の収入は1億元(1,600万米ドル)で、1,500万人の登録ユーザがいるという(中国語情報源)。

他の中国版コピービジネスと違い(公開オンライン講座「MOOC」やShareskillスタイルのものを除いて)、中国のオンライン教育サービスのほとんどは自国ならではの方法が取られている。1)ほとんどのオンライン授業は試験対策用、2)ユーザ獲得には教師が鍵、3)設立者のほとんどが技術畑出身で、教育分野ではない、4)ほとんどのコースは有料、などなどだ。

試験重視&教師中心

New Oriental Educationなど中国の有名私立学校のほとんどは試験対策と言語学習に力を入れている。オンライン教育も同様で、今後もそうであることを期待されている。教育システム全体において、教師は社会から大変尊敬されている存在であり、教師には子どもに試験で高得点を得る手助けが求められている。

中国語で教師を意味するLaoshi(老師)は、生徒と教師が取引できるプラットフォームだ。このウェブサイトは生徒の授業料を全ての授業が終了するまで預かり、生徒が授業に満足しない場合は残りを返金する。生徒は全ての授業後に教師を評価したりレビューすると現金でキャッシュバックが受け取れる。

中国語でチョークを意味するFenbi(粉筆)は、自らを「プロの講師と生徒のインタラクションプラットフォーム」と称している。マイクロブログフォーマットの機能で生徒は講師やスクールをフォローしたり、ノートや資料を読んでタイムラインフィードに投稿したり、教師やスクールがアップロードした学習資料にアクセスしたり、Q&Aに参加したりすることができる。

プラットフォームはおそらく中国人が人生で遭遇するであろう全ての種類のテストをカバーしている。前Netease(網易)ニュースサービスチーフエディターのLi Yong(李勇)氏と同僚が創設した同社は、Aラウンドの資金調達でIDGから1,000万元を調達し、向こう2年は収益化を危惧する必要がないという。

教育分野出身の創設者たちがほとんどいない

創設者のほとんどがエンジニアやテックメディアなどの技術畑出身だ。教育分野のバックグラウンドを持つのは主に小学校・中学校で働いている教師で、テストの準備において学校外授業を行い、報酬を得ている。

中国の高等教育システムの職員がCourseraのようなオンラインサービスを構築したり、Khan Academyのような魅力的なオンライン授業を提供することは想像し難い。現在のところ、教授や大学講師がオンライン授業を行っているという話は聞いていない。

ひとりでも多くのユーザや業者を獲得する必要があるソーシャルネットワークやグループ購入サイトの構築とは違い、オンライン教育サービスの鍵となるのはコンテンツと機能的な授業である。全てのオンライン教育アクティビティを可能とする万全な技術サポート体制を整備したサイトは存在していたが、ほとんどは専門的にうまく系統立てられた授業の提供はしていない。

Taobao(淘宝)

そう、Taobao(淘宝)は何でも取り扱っている。自作の教育ビデオを販売して良い暮らしができている人もいる。必ずしも教師でなくてもいいし、パートタイムで教えてもいい。

教育機関もTaobaoのTmall(天猫)に店舗を設置している。中でもNew Oriental SchoolとHujiang Online Schoolは今年の11月11日に実施されたマーケティングイベントにも参加した。教育機関が半額でオンライン授業を提供するのは初めてのことだ。Taobaoの発表したデータによると、教育市場の取引高はその日2億元(3,200万米ドル)に達した。(中国語情報源

YY Education(YY教育)

バーチャル通貨を使ってユーザはYYソフトウェアでYY Education(YY教育)のオンライン授業にアクセスできる。YYは2011年6月に教育ビジネスをローンチしており、人気と収益において同社のYY Musicと肩を並べるものにしようとしている。しかしこれまでのところ、他のオンライン教育スタートアップとの差別化は見受けられない。

中国の教育市場は立派な校舎の私立学校が開校して以来、変化を続けている。文化大革命後、そして経済改革の時代に成長した親たちは既存の教育システムを嫌い、良い教育を子供たちに受けさせるためには、貯蓄の中から大枚を投じることをいとわない。

けれども、それは彼らとその子供たちが質の高い教育というものをどう定義するかに大きく左右される。彼らにとって、より良い教育とは、西洋の先進国において勉強すること、あるいは専門的な資格を得ることだろう。だから、教育市場はこれからもやはり試験対策、そして言語学習を扱うものが中心となる。

以前には教育関連のリソースに少ししかアクセスできなかったスタートアップにとって、生き残るためには、消費者から受け入れられるコンテンツをどこで仕入れるかについて考え出さなくてはならない。オンライン教育のトレンドが中国の教育制度を変えるか否か、についてはどうだろうか?まあ、それにはまだまだ時間がかかるに違いない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

欧米の企業にとって最適な中国におけるeコマース戦略とは

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のデジタルメディアとeコマースをもっと上手く活用する方法について、アジアのテクノロジー専門家たちと意見交換することをいつも楽しんでいる。最近、ある業界のベテランと話す機会があり、「どの欧米企業が中国でのeコマースで成功しているか?」と質問された。私は次のように答えた。 「2012年6月のオンライン顧客数は約2億1000万人、オンラインは中国でますます重要…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のデジタルメディアとeコマースをもっと上手く活用する方法について、アジアのテクノロジー専門家たちと意見交換することをいつも楽しんでいる。最近、ある業界のベテランと話す機会があり、「どの欧米企業が中国でのeコマースで成功しているか?」と質問された。私は次のように答えた。

「2012年6月のオンライン顧客数は約2億1000万人、オンラインは中国でますます重要な小売チャネルとなりつつあります。外国のブランドは、初期段階でTmall.com(AlibabaのTaobaoモール)にオンラインストアを開くのがいいと思います。すでに存在する巨大なユーザベースと、Alibabaが提供するワンストップサービスと技術サポートが手に入るからです。何より重要なことは、信頼と、中国人の消費者がそのプラットフォームで普段の買い物から身に着けた買い物習慣が得られることでしょう。」

これらの見解を持って最初の質問を考えたとき、私はTmallにオフィシャルストアを持つ国際ブランドが数多くあることを発見した。以下がTmallでオンラインストアの運営に成功してる企業とブランドを業界ごとに分類分けした一覧である。

・コンピュータ・電子機器:マイクロソフト、サムスン、Dell、HP、ノキア、フィリップス、ソニー、Nikon ・スポーツ用品:ニューバランス、リーボック
・美容:ユニリーバ、P&G、ロレアル、Neutrogena、Olay、メイベリン、ダヴ
・衣類・アクセサリー:GAP、Esprit、ユニクロ、Wenger
・自動車:シボレー
・健康:GNC

加えて、サムスンとノキアなど、これらブランドの多くは、他の中国のeコマース企業とも提携している。ローカルのプラットフォームと提携し、そのプラットフォームが提供するローカルの理解とリソースを活用することは非常に賢いやり方だ。

また別のアプローチは、アップルやエスティローダーのように自社のeコマースプラットフォームを構築し、自社オンラインストアを持つことである。平均的な消費者とは距離を保つ必要のあるハイエンドなブランドは、Tmallでオンラインストアを開く代わりにこのアプローチをとるかもしれない。総合的に、前述した中国のオンラインショッピング習慣を考えると容易ではないように思う。

最後に、中国のオンライン顧客は価格志向、または非常に現実的である。結果、高級ブランドストアは一般的に、同じ製品をより安く販売するTmallの個人店と競争することはできない。結局、中国のオンライン顧客は若く、先進国市場の顧客ほど洗練されてはいないのだ。iPhoneを買うのに5000人民元(約790米ドル)払うことに前向きではあるが、最新のアプリに10元(1.5米ドル)を払うつもりはない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国、「Alipay」の登録アカウント数7億人でPaypalを凌ぐ勢い

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 2週間前、私は杭州市にあるAlibabaの本社にいた。そこで私の目を引いたのは、同社製品のリアルタイムデータで埋め尽くされた巨大モニターがあるデータ室だ。Taobao、Alibaba.com、Alipayと同社サービスのユーザに関する全ての情報がそこにあった。 写真下の、データがわかりやすくビジュアル化されて並ぶデータモニターの写真を撮った。理解できるよう写…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

2週間前、私は杭州市にあるAlibabaの本社にいた。そこで私の目を引いたのは、同社製品のリアルタイムデータで埋め尽くされた巨大モニターがあるデータ室だ。Taobao、Alibaba.com、Alipayと同社サービスのユーザに関する全ての情報がそこにあった。

写真下の、データがわかりやすくビジュアル化されて並ぶデータモニターの写真を撮った。理解できるよう写真の中に英語訳も付け加えている。

データモニターで、Alipayの登録アカウント数が7億という、とてつもない数を示していることに注目してほしい。7億人のユニークユーザではないことは明らかだが、数回の質問に対してAlipayはアクティブユーザの比率に関するコメントを控えた。だが、同社のアクティブアカウント数はPaypalの1億1300万を越えているのではないかと思う。とはいえ、グローバル展開という点では、190の市場にユーザを持つPaypalが間違いなく優勢である。

中国本土の人々がAlipayを利用しているのは理解できるのだが、中国の決済サービスが台湾でも人気だということには驚いた。上記の写真データによると、台湾のAlipayユーザは約200万人で、これは台湾の全インターネット人口の約10%に相当する。Alipayの代表者が説明してくれた。

「台湾を含む海外にいる中国人の多くがTaobaoで買い物し始めています。加えて、非常に多くの台湾人が中国本土で働いており、彼らもまたTaobaoで買い物を楽しんでいます。Alipayが台湾人に多く利用されているのはそのためです。」

オンラインショッピング決済を提供するほかに、Alipayは個人間の送金、公共料金の支払い、クレジットカード、ケーブルTV加入料金などもサポートしており、中華圏でとても便利なオンライン決済手段となっている。

関連して、同社の主要ライバルであるTencentのTenpayは昨日、WeChatアプリのソーシャルメディア決済サポートを追加している。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国eコマース王者Taobao Juhuasuan(淘宝衆画算)、共同購入業界でも現在トップを占める[チャート]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の細分化された共同購入市場について、2012年の第2四半期における市場シェアの新しい統計によると、最大手Taobao Juhuasuanがさらにその地位を強固なものにしている。現在、トップ20の共同購入サイトが市場の97.1%を占めており、何千という弱小サイトは残り数パーセントをめぐってひしめき合っている。そして、かなりの数が市場から姿を消した。 上海を…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の細分化された共同購入市場について、2012年の第2四半期における市場シェアの新しい統計によると、最大手Taobao Juhuasuanがさらにその地位を強固なものにしている。現在、トップ20の共同購入サイトが市場の97.1%を占めており、何千という弱小サイトは残り数パーセントをめぐってひしめき合っている。そして、かなりの数が市場から姿を消した

上海を拠点とするDataotuanの厚意によってこの統計を再び取り上げているのだが、新しいレポートには少し不安になるような数字が含まれている。例えば、中国ナンバー1のクーポン共同購入サイトは(eコマース最大手Alibabaが運営)Taobao Juhuasuanだが、商品の共同購入クーポンの(この反対は例えばレストランなどのクーポン)57%を占める。これは競合のクーポン取引数をすべて合計したものより多い。

共同購入販売のアグリゲーターであるとして、Taobao Juhuasuanは過去このようなレポートには含まれておらず、これが全体図を幾分か複雑にしている。それにも関わらず、もしTaobao Juhuasuanの名前が入るのであれば、21.5%の市場シェアを占め、この分野における中国最大のサイトになる。Grouponのビジネスモデルをそのままコピーすることで突然市場に現れたスタートアップの中で最も成功したのはMeituanだろう。そして新たに合併したGroupon (NASDAQ:GRPN) ChinaのGaopeng.comはどうだろうか?こちらは市場シェアが徐々に縮小しているものの、まだ第10位に位置している。

そしてMeituanの平均購入価格を見てみると、トップにランクインしているサイトの中でで最も安く、顧客の取引毎の支払額はわずか113人民元(17.87米ドル)。国内における取引毎の支払額の平均を大幅に下回っている。価格で最も強いのがDianpingとJuhuasuanで、ユーザは1回の購入で200人民元(31.65ドル)を上回る額を費やしている。

詳しい分析を示す23ページのスライドショーは下のリンクから。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

taobao-juhuasuan(淘宝衆画算)

Company: taobao-juhuasuan(淘宝衆画算)

中国eコマース最大手。共同購入業界でも大きなシェアを持つ。

About StartupBase

----------[AD]----------

中国最大のC2Cコマース「Taobao(淘宝)」、オンライン通販基準の厳格化で高まる出品者のストレス

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国最大のC2Cオンラインマーケットプレイス「Taobao」に集まる何百万というアマチュア出品者の一人であることは大変なことだろう。最近は状況がさらに厳しくなっていると中国メディアは報じている。「毎日、1万近いTaobaoの出品者」がオンラインショップを休業したり閉店したりしているのだ。 Sina Techに本日掲載された記事によると、Taobaoの出品者に…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国最大のC2Cオンラインマーケットプレイス「Taobao」に集まる何百万というアマチュア出品者の一人であることは大変なことだろう。最近は状況がさらに厳しくなっていると中国メディアは報じている。「毎日、1万近いTaobaoの出品者」がオンラインショップを休業したり閉店したりしているのだ。

Sina Techに本日掲載された記事によると、Taobaoの出品者に対するより厳しい品質管理が原因だとしている。出品者のほとんどは本業の合間にパートタイムでショップを運営しているが、行き届かないカスタマーサービスなどが偽造品の販売と同じレベルで罰金対象となっているのだ。

eBayがフリーマーケット感覚で商品を販売しているのとは対照的に、Taobaoの出品者のほとんどは新品商品を販売している。そのため出品者には、問屋に行って在庫を購入するといった手間が発生する。その上、うまく運営されているストアでは、ほぼ1日中オンラインで注文の処理や商品の発送、見込み客からの問い合わせにチャット対応する必要がある。さらに積極的な出品者は、WeiboやTaobao独自のPinterestクローン「Wantu」などのソーシャルメディアを利用して自身のショップを宣伝することが求められる。

これらすべてのことを実施すると、オンラインショップの経営は精神的にも体力的にもフルタイムの仕事とほぼ変わらず、Tmall(ブランドやその他大手の小売向けに運営されるTaobao姉妹サイト)のB2C出品者の基準に近いものとなる。TaobaoとTmallの両方を運営するAlibabaの広報担当者に連絡を取ったところ、次のような説明があった。

「Taobao.comは、購入者および販売者のためにオンラインショッピング環境の改善に向けて常に努力しています。ほかのビジネスと同じように、オンラインストアの運営には時間とエネルギーが必要で、また専念して行わなくてはなりません。当プラットフォームを利用する人からのフィードバックや提案は大歓迎ですし、コミュニケ—ションをはかることで私たちのエコシステムに関わるすべての方々により良いサービスを提供したいと思っています」。

これらはどれも、Alibabaが運営する4つのeコマース部門を整頓するための取り組みだ。だが、こういったプレッシャーはTaobaoに出品するアマチュアオーナーに一番大きくのしかかるだろう。悪質なベンダーの名前を公表するTaobaoのマイクロサイトすら存在する。

とはいえTaobaoには600万を超える出品者がおり、パートでショップを運営することでお金を稼ごうとする出品者は常にいるようだ。

[出典: Sina Tech 中国記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------