THE BRIDGE

タグ Yahoo! JAPAN

韓国の動画広告作成プラットフォームShakrがヤフーと提携、「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチ

SHARE:

韓国のスタートアップで、動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media は18日、日本のヤフーと提携し「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチしたことを発表した。 Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーに…

yahoo-video-creator_featuredimage

韓国のスタートアップで、動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media は18日、日本のヤフーと提携し「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチしたことを発表した。

Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーにはレベニューシェアでテンプレートの作成料が支払われるしくみだ。ユーザは10分ほどでビデオを作成でき、作成は無料だがダウンロードにあたり50ドル支払う必要がある。Yahoo! ビデオクリエイターは、Shakr Media が日本市場向けにサービスをOEM提供するもので、料金は1クリップダウンロードにつき5,400円となっており、現在の為替レートを勘案すると本家より若干安い。

THE BRIDGE で以前報じた通り、昨年には Shakr Media は台湾の FOXCONN(鴻海/富士康)と提携したほか、日本の大企業との提携を模索していたが、シリコンバレーの VC である SV Frontierトーマツ ベンチャーサポートなどが日本進出を支援する形で、今回のヤフーとの提携に至ったと考えられる。先週、東京で開催された Tech in Asia Tokyo 2016 のピッチ・コンペティション「Arena」では「JAL Entrepreneur Program 賞」を獲得、CEO の David Lee は毎月25.5%のペースでユーザが増加していることを明らかにしていた。

tia-tokyo-2015-arena-shakr
Tech in Asia 2016 の Arena でピッチする、Shakr の CEO David Lee

動画および動画メディアというコンテキストでは、ヤフーは今年5月、動画クラウドソーシングの Viibar に7億円を出資し、共同で動画広告事業を展開することを明らかにしている。今冬にローンチを控える BuzzFeed Japan もこれらのリソースが積極的に活用されることだろう。ヤフーが考える動画を使ったマーケティング戦略については、Harvard Business Review に同社執行役員の荒波修氏のインタビューが掲載されているので、こちらを参考にするとよいだろう。

<参考文献>

----------[AD]----------

世界5,500万家族の傍らにーー家族の居場所がわかることで日常から緊急時にまで役立つ「Life360」

SHARE:

技術が一人歩きするのではなく、それを使って人々の生活に寄り添ったサービスを展開するスタートアップに出会うと本当にしびれます。先日取材した「Life360」は、まさにそんなサービス。大切な人がどこにいるかを、スマホでいつでも確認できる「ファミリー・ネットワーク」アプリです。 世界中の5,500万家族の傍らに サンフランシスコを拠点とするLife360は、2008年に設立されました。現在の社員数は、7…

Life360-Japan-website

技術が一人歩きするのではなく、それを使って人々の生活に寄り添ったサービスを展開するスタートアップに出会うと本当にしびれます。先日取材した「Life360」は、まさにそんなサービス。大切な人がどこにいるかを、スマホでいつでも確認できる「ファミリー・ネットワーク」アプリです。

世界中の5,500万家族の傍らに

サンフランシスコを拠点とするLife360は、2008年に設立されました。現在の社員数は、75名ほど。今回取材したのは、イスラエル出身で同社CBO(Chief Business Officer)のItamar Novikさん。もともとエンジェル投資家でベンチャーキャピタリストだった彼は、Life360にも出資。そのミッションに強く共感し、3年ほど前に同社にジョインしました。

広義ではプライベートSNSの類に入りますが、一般的なSNSが写真共有やコミュニケーションエンターテインメントを主流にしているのに対して、Life360は完全にユーティリティよりのサービスを提供しています。

「家族でLife360を使うことで、お互いの状況を知り、安心することができます。子どもは学校から家にちゃんと着いたか。サッカーの練習後、子どもをどこに迎えに行けばいいのか。父親に対しても、今日は何時に帰る?とその都度電話しなくても、彼がオフィスを出たこと、さらには渋滞の状況を踏まえた帰宅時間までを教えてくれます」

現在、世界中の5,500万を超える家族に使われるLife360。中国を除く世界各国でダウンロードできますが、特にユーザーが多いのは米国、ヨーロッパ、ラテンアメリカ(特にブラジル)など。2015年3月には日本でもソフトローンチし、プロモーション面ではヤフーの協力を得ています。

位置情報の常時取得によるバッテリー消費量は3%未満

Life360-iOS Life360-iOS-gps

スマートフォンのバッテリー消費の中で大きいのが、GPSです。時と場合によってはライフラインとしての機能を果たすLife360も、スマホのバッテリーが切れていては使えません。Life360の特許取得済みの技術なら、家族と位置情報を常時共有しても、スマホのバッテリー消費量は3%未満(AndroidとiOS共に)で済みます。

Life360を使う家族の3分の2を占めるのが、3〜4人の家族です。ユーザーが特に多い米国は車社会なため、子どもが親の迎えを待つことが少なくありません。学校の帰りに友だちの家に遊びに行った。サッカーの練習試合で他校のフィールドにいる。そんな時、子どもが言葉で現在地を正確に説明できなくても、Life360を立ち上げれば、親はすぐに向かうべき場所を把握することができます。

位置情報共有の他にも、「サークル機能」や「リマインダー機能」(試験運用中)など、家族の日々のやり取りに必要な機能を搭載。用事がある場所の付近を訪れるとアラート通知が飛ぶ「通知機能」なら、夫婦間でその都度メッセージのやり取りしなくても買い忘れなどを防ぐことに役立ちます。

また、利用者の残り3分の1を占めるのが、21〜30歳のカップル。普段使いはもちろんのこと、例えば、友だちと連れ立ってスキー旅行に出かけた時。広いスキー場ではぐれることがないよう、友人と一時的にサークルを作成して活用するようなケースも見られています。

緊急時や自然災害時にも活躍

Life360は、災害時や緊急時にも家族の強い味方です。自然災害が起こると、破竹の勢いでアクティビティが増えることからも、利用者がLife360を頼りにしていることがわかります。2011年3月11日の東日本大震災でも、家族と連絡を取り合おうとする利用者によって、通常の30倍のアクティビティが確認されました。

Life360-Panic-Button-appこうした状況下で活躍するのが、Life360の「パニックボタン(緊急通知)」です。危険な目に遭いそうな時にこれを押すことで、家族全員に電話・SMS・プッシュ通知が送られる仕組み。アプリ内で緊急連絡先に設定した相手にも、同様の通知がいきます。Life360のオフィスでは、パニックボタンの押下状況を世界地図上に表示しているため、自然災害などが起こるとそれを瞬時に把握できるとのこと。

家族に心の平穏をもたらし、いらない不安から開放してくれるLife360。AndroidとiOSで提供されるアプリは無料で、月間5ドルの追加サービスに、「Live Advisor(ライブ・アドバイザー)」があります(日本未提供)。24時間365日、ワンクリックで繫がるLife360専用の110番のようなもの。既に、60,000を超える家族が利用しており、米国では1日150件以上の電話を受信しています(2015年8月頭時点)。日本では、日本語で対応してくれます。

「数ヶ月前、車を運転していて交通事故に遭ったご主人がいました。警察に電話をしても良かったのですが、事故に遭った場所がどこなのかを説明できなかったため、Live Advisorに電話をくれました。彼の位置情報がピンポイントでわかるため、オペレーターが彼の現在地に救急車を呼ぶことで助かりました」

後日、このご主人の奥さんからは、「主人の命を救ってくれてありがとう」という心のこもった手紙が届いたそうです。

ハリケーンカトリーナをきっかけに誕生

Life360は、Googleが主催した「2008 Android Developer Challenge」で助成金を受けたことから始まりました。その後、サービスが大きく前進するきっかけとなったのが、2005年8月末に発生したハリケーンカトリーナです。死者の数は1,800人を超え、家族とはぐれて彷徨う人たちの姿が後を絶ちませんでした。

一つの対策として、アメリカ政府は、お水やGPSロケーターなどが入った支援キットを配布。それを見ていたLife360のファウンダーでCEOのChris Hullsさんは、当時ちょうど普及の兆しを見せていたスマートフォンを活用することで、もっと人々に寄り沿ったサービスが形にできるはずだと立ち上がりました。

最初は緊急時のためにと開発したものの、徐々に、位置情報は家族の日常的な安全にも役立つはずだと考えるように。日常的に使ってもらえるよう、位置情報をいつ・どこで・誰と共有するかをユーザー各人が柔軟に設定できるよう配慮。また、相手との関係性に応じてシェアする範囲を設定できる「サークル機能」を開発。コアな家族だけでなく、必要に応じて祖父母とサークルを作ったり、離婚した夫婦でも子どもの居場所を共有できるなど工夫しました。

「サークルの仕組みがあることで、相手との関係性に応じて、程よい距離感を保った位置情報の共有を可能にしています。現在、全体の40%のユーザーが、コアな家族の他に2つ目のサークルを活用しています」

日本市場へのフォーカスとIoT連携

日本と言えば、世界の中でも最も安全な国の一つとして知られています。実際、都内を歩いていても、夜遅い時間に塾帰りの子どもが一人で歩いている姿などを見かけることが珍しくありません。でも、家で子どもの帰りを待つ両親は、きっと子どもが家に姿を見せるまで安心できないでいるはず。

「現在、Life360では、米国に並んで日本市場にフォーカスしています。「人々の生活に安心をもたらす」というミッションに共感してくれるヤフーと連携し、将来的には、Life360アプリ内に災害情報や天気速報などを取り入れることも検討しています」

サービスの中心に「家族」を見据えるLife360では、その家族の生活を支える「家」や「車」といった場所に着目したプロジェクトも展開。今年の4月には、BMWと連携。MINIを含むBMW全車種におけるナビゲーションで、従来の「住所」だけでなく、Life360上の「人」への道案内ができるようになりました。

また、Googleが買収したサーモスタット「Nest」とのコラボレーションも。大きな家の角部屋などに小さな子どもがいる場合、それを上手く探知できずに家が無人だと認識し、室温を下げてしまうようなケースが見られました。Life360と連携することで人の居場所を正確に把握し、より効果的にNestを作動することができるように。今後も、Life360ではIoTの領域における活用の幅を広げて行く予定です。

Life360が、家族をどんな風に支えてくれるのかは、ヤフーが日本市場向けに制作した動画をご覧ください。世界5,500万家族に広がる輪は、今後ますます大きくなり、私たちの生活におけるライフラインへとなっていくのではないでしょうか。

----------[AD]----------

ヤフーとソニーが合同でハッカソンを開催、現実世界のIFTTT「MESH」が興味深い

SHARE:

ヤフーとソニー、ウェブサービスのトップとハード開発の老舗が一緒にアイデアを出すとどういうものが生まれるのだろうか。 そんな発想のアイデアハッカソンが開催された。集まったのは2社の若手50人ほどで、ヤフー側からは企画やウェブ系、ソニー側からは設計などに携わるエンジニアなど。企画にあたったのはヤフー側がCMO室、ソニーは新規事業創出部、それにMOVIDA JAPANの3社。 企画にあたったソニーの新規…

sonyandyahoo

ヤフーとソニー、ウェブサービスのトップとハード開発の老舗が一緒にアイデアを出すとどういうものが生まれるのだろうか。

そんな発想のアイデアハッカソンが開催された。集まったのは2社の若手50人ほどで、ヤフー側からは企画やウェブ系、ソニー側からは設計などに携わるエンジニアなど。企画にあたったのはヤフー側がCMO室、ソニーは新規事業創出部、それにMOVIDA JAPANの3社。

企画にあたったソニーの新規事業創出部の佐宗邦威氏の話によると、ソニーが外部企業と合同でアイデアイベントを実施するのはこれが初めてなのだそうだ。 (7月28日補足:外部企業との合同企画自体は初めてということではなく、異業種との企画はおそらくこれが初めて、ということでした。補足追記させていただきます)社長直下部門での企画ということで、 条件についても企業内での機密に関するものを持ち出すこと以外は特に制限はなかったらしい。

会場に集まった50名の顔ぶれをみると、年代も20代から30代といったところだろうか。人数的にはおおよそ2社で半分ずつ。このイベントに関して募集をかけたところ即日で満員になったということだった。 ソフトやウェブサービスに関わる人材とハードウェアの経験を持った人材が出会うとどういう化学反応が起こるのか。

これぐらいの人数が集まれば何か起こりそうで興味深い。

また今回、アイデアソンのアイテムとして提供されてたいた、ソニー内部の社内起業プログラムから生まれた MESH projectをみたのだが、これが面白い。 ビジュアルプログラミングで動きをつくるロボット「Play-i」のようなアイデアで、接続されたMESH端末が稼働する。

<参考記事>Pickup 5歳児でもプログラミングしてロボットを動かせるPlay-i、1万個以上の予約注文に成功し800万ドルを集める

mesh

用意されていた端末はボタンやLED、加速度センサー、カメラで、ドラッグアンドドロップで簡易プログラミングすると、例えば、鳥小屋にセンサを仕掛けておいて、ある特定の種類の鳥がやってきたら撮影する、という「仕掛け」を自分で作ることができる。

現実世界のIFTTTと評価されたと語っていたが、まさにハードを自由自在につなぎ合わせてひとつのサービスを作り出すことができる。アイデアソンでも風鈴に加速度センサーを付けるアイデアが披露されていた。

大企業の社内ベンチャーの取り組みも変わってきているのかもしれない。ソニーの取り組みについては後日取材してさらに詳細をお伝えしたい。

----------[AD]----------

「Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード2014」のエントリー受付開始

SHARE:

「Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード2014」のエントリーが開始されたそうですよ。 ますます進化を見せるスマートデバイスという舞台における可能性を探り、才能あるクリエイターたちを発掘し、支援することを目的とした今年で9回目の開催となるアワード。 プロ・アマチュア不問の「一般の部」と、企業・各種団体のブランディングや商品・サービス訴求を目的とした作品の「企業の部」の2部門で…

Yahoo! JAPAN_internet-creative-award

Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード2014」のエントリーが開始されたそうですよ。

ますます進化を見せるスマートデバイスという舞台における可能性を探り、才能あるクリエイターたちを発掘し、支援することを目的とした今年で9回目の開催となるアワード。

プロ・アマチュア不問の「一般の部」と、企業・各種団体のブランディングや商品・サービス訴求を目的とした作品の「企業の部」の2部門で応募されます。先品募集期間は、2014年7月15日(火)から8月18日(月)。

その後、ノミネート作品の発表は10月中旬、最終審査結果の発表と贈賞式は11月下旬を予定。我こそ、スマートデバイスならではの新しい体験や感動をもたらす作品だ!という方は応募してみては?

2013年度の受賞作品はこちらをチェック。

----------[AD]----------

【速報】ヤフーがイー・アクセス株の99.68%を3,240億円で取得【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします ヤフー株式会社によるイー・アクセス株式会社の株式の取得に関するお知らせ / プレスルーム – ヤフー株式会社 ヤフーは3月27日イー・アクセスの株式の99.68%をソフトバンクから取得すると発表しました。取得金額は3,240億円。また、これに伴い、イー・アクセスとウィルコムは平成26年6月1日…

yahoo-eaccess

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

ヤフー株式会社によるイー・アクセス株式会社の株式の取得に関するお知らせ / プレスルーム – ヤフー株式会社

ヤフーは3月27日イー・アクセスの株式の99.68%をソフトバンクから取得すると発表しました。取得金額は3,240億円。また、これに伴い、イー・アクセスとウィルコムは平成26年6月1日に合併するそうです。

追記:初出時に取得割合が間違っていたそうです。

以上、詳細はプレスリリースをご一読くださいませ。

追記:6月の合併後に開始されるサービスはこちらの模様です。

via @Yahoo_JAPAN_PR

----------[AD]----------

STORES.jpとヤフオク!がシステム連携して双方で販売可能にーープロモーションスイッチの効果で売上2.7倍という数字も

SHARE:

まさかあの話を本当にやるなんて…。 STORES.jpがヤフオク!と手を組んだ。しかもシステムまで連動して、だ。 インスタントにコマースを開始できるSTORES.jpを運営するブラケットは2月17日、Yahoo! JAPANのオークションサービス「ヤフオク!」との連携開始を発表した。 STORES.jpに出店しているユーザーであれば、プロモーション設定を有効にするだけで、自動的に出品商品がヤフオク…

9cc30cb9f0f66c6d33654161e1e9d0fd

まさかあの話を本当にやるなんて…

STORES.jpがヤフオク!と手を組んだ。しかもシステムまで連動して、だ。

インスタントにコマースを開始できるSTORES.jpを運営するブラケットは2月17日、Yahoo! JAPANのオークションサービス「ヤフオク!」との連携開始を発表した。

STORES.jpに出店しているユーザーであれば、プロモーション設定を有効にするだけで、自動的に出品商品がヤフオク!にも掲載される。この機能を利用してヤフオク!内で販売に至った場合は販売手数料として商品価格の10%が必要になる。

ブラケット代表取締役の光本勇介氏によれば、在庫管理もシステム的に連動しており、いずれかのストア、オークションで販売された場合、双方の在庫は自動的に処理される仕組みとなっている。例えば、STORES.jpで商品が売れて在庫がなくなれば、ヤフオク!サイドでは出品が自動的に取り下げられるといった具合だ。

この販売のための導線作りはプロモーションスイッチ機能として昨年7月にリリースされたもの。光本氏によれば、この機能を使うかどうかで売上に2.7倍ほどの差が生まれたという。(※注:2014年1月の結果でこれはヤフオク!とは関係ない)

インスタントにコマースが開設できる環境が整った結果、現時点でSTORES.jpの店舗数は7万に増加し、商品点数は100万点となった。この商品を「無料のコンテンツ」と捉えてかき集めれば、ヤフオク!側の商品群も充実し、ショッピングする楽しさも従来の単なる価格だけでない、質へと展開できるかもしれない。

特にファッション系、ZOZOTOWNとの繋がりが強いSTORES.jpとの商品在庫連動は、ヤフオク!に新しい魅力を提供してくれることになるだろう。「STORES.jp=売れる」というブランドを作りたいという光本氏。まだまだ提携リリースは続きそうだ。

----------[AD]----------

Yahoo Japan インターネット クリエイティブアワード2013のノミネート作品から、興味深い5作品を紹介

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 ここ日本では、インターネットの巨人 Yahoo Japan が、インターネット クリエイティブアワードを開催している。このアワードはデジタルクリエイターを発掘・支援する目的で2006年に始まった。受賞作品は審査員によって選ばれ、ノミネートされた340作品から最終選考に残った作品が先ごろ発表された。 このアワードでは、…

Yahoo-internet-creative-award-620x380

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

ここ日本では、インターネットの巨人 Yahoo Japan が、インターネット クリエイティブアワードを開催している。このアワードはデジタルクリエイターを発掘・支援する目的で2006年に始まった。受賞作品は審査員によって選ばれ、ノミネートされた340作品から最終選考に残った作品が先ごろ発表された。

このアワードでは、個人クリエイターとプロジェクトを扱う「一般の部」と、それ以外の「企業の部」に分かれている。「一般の部」で受賞した作品の一部を見てみることにしよう。

優勝作品はドッツドッグだった。この作品は1〜3歳の子供向けに開発されたカワイイアプリだ。3つの点を描くために、iPhone 画面の3カ所にタッチするだけでよい。この点がどこにあっても、それが犬の顔に代わるというものだ。アプリが点の大きさを認識し、毎回、違った犬の表情を作り出してくれる。

Dots-Dog-620x391

「観音」(KANNON)は近日リリースされる iPhone アプリで、日常の音をリアルタイムのアニメーションに変えてくれる。このアプリは、椅子がきしむ音、息づかい、人の話し声など、周りの音を拾い、顔やランダムな文字列のようなアニメーションを作り出す。まもなく170円でダウンロードできるようになる予定だ。

Kigurumi Camera は iPhone および Android 用のアプリで、あらゆる顔写真を着ぐるみの中に入れる。着ぐるみとは、マンガキャラクタや動物のマネをして、人々が着るコスチュームのことだ。このアプリは大したことはしないが、顔写真を歪ませて着ぐるみの中に入った写真を作り出す。その奇妙さと出来上がった写真をオンラインで共有する人が多いことから受賞に至った。

近々結婚する予定のカップルの友人達が、新種の指輪を発明した。サオリングといい(サオは、新婦の名前に由来する)、新郎の指に指輪を装着すると、新郎の居場所が新婦に送信されるという、ある種のイタズラだ。指輪を外せば、居場所を知らせる信号は止まる。しかし、新郎が新婦を愛しているなら必要になるだろうか。このプロジェクトは面白いが、このような位置情報技術の使われ方は興味深い。

Saoring-620x388

ARART は、画面に表示された物質に命を入れこむ iPhone アプリだ。ユーザが美術作品の前で iPhone を構えると、作品が iPhone 画面上に現われる。以下のビデオをチェックしてほしい。

----------[AD]----------

スマホアプリ業界の雄4人が語る、人気コンテンツの作り方 #bdash

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。 B Dash Camp 2013 in Osaka の2日目、日本のモバイルコンテンツ業界にまつわる多くの問題について、オールスターのパネルの話を聞くことができた。スピーカーは次の通りだ。モデレータは、株式会社メタップス 代表取締役 佐藤航陽氏が務…

bdash-smartphone-content-620x253

(左から)ユナイテッド 手島浩己氏、ヤフー 村上臣氏、エイリム 高橋英士氏、Gunosy 木村新司氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。

B Dash Camp 2013 in Osaka の2日目、日本のモバイルコンテンツ業界にまつわる多くの問題について、オールスターのパネルの話を聞くことができた。スピーカーは次の通りだ。モデレータは、株式会社メタップス 代表取締役 佐藤航陽氏が務めた。

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 木村新司氏
  • ヤフー株式会社 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー) 村上臣氏
  • ユナイテッド株式会社 取締役 兼 執行役員スマートフォンメディアカンパニー長 手島浩己氏
  • 株式会社エイリム 代表取締役 高橋英士氏

成功への導くファクター

Gunosy の木村氏は、彼らのニュース・リーダー・アプリについて説明した。このアプリには一般ニュースのセクションもあるが、今日、コンテンツ・パートナー・チャネルという新機能をリリースした。モバイルコンテンツで成功する方法について、彼は次のように説明した。

タイミングが大事だと思う。SmartNews Gunosy を出したとき、人々が Twitter や Facebook に疲れ始めていた。我々はこの問題の解決方法を描いていて、この問題に立ち向かっていた。人々の要望に応えるべく、ニュースをメールで提供し始めた。それがちょうどよいタイミングだったのだ。

マネタイズに関しては、

ユーザを数千万人獲得するには、まずは彼らを満足させなければならない。ビジネスモデルはそれからでもよい。

alim-280x186
株式会社エイリム 高橋英士氏

エイリムの高橋氏は、同社が最近リリースしたゲーム Brave Frontier の紹介で口火を切った。彼らは、パズル&ドラゴンズを〝リスペクト〟し、日本人ユーザが親しみやすいコンテンツを組み入れようとしている。彼は Brave Frontier について、いくつか興味深い数字を教えてくれた。RPGとしては極めて高い数字だ。

  • アカウントユーザ数 520,000人
  • 月間アクティブユーザ数 340,000人
  • デイリーアクティブユーザ数 120,000人
  • Monthly PU rate 10%、月間ARPU 5,000円

高橋氏は、モバイルゲームを宣伝する上で、広告と口コミの使い分けについても話をした。

iOS アプリを出したときにはファミ通Appと提携したが、それまでは口コミに頼っていた。プリローンチの登録も受け付けた。最初の10万人までは、広告は全くやっていなかった。しかし、それで頭打ちになったら、広告にもお金を使うべきだろう。(モデレータが「テレビとか?」と尋ねると…)詳しくは言えないが。(笑)

モバイルビジネスの成否は、特に最近では、自分の制御できないものになっていると、彼は感じている。

まったく想定はしておらず、私は完全に運がよかったのだと思っている。アクセスをさばけず、ローンチ後数日間はサービスを中断したくらいだ。多くのユーザを魅了できるとは思っていたが、それが何人くらいかはわからなかった。遥かに我々の期待を超えるものだった。

united-yahoo-620x413
(左から)ユナイテッド株式会社 手島浩己氏、ヤフー株式会社 村上臣氏

Yahoo Japan の村上氏は、同社が iOS と Android アプリで、ダウンロード数9,500万件を超えたと述べた。同社が買収したコミュニティ・ファクトリーは、そのアプリでダウンロード数2,500万件を超えた。カカオトークも日本ではダウンロード数1,000万件と堅調だが、依然メッセージアプリでは LINE が先頭を走っている。

村上氏は、Yahoo Japan よりも機敏に動けるという点で、新進気鋭のスタートアップをうらやましく思っているようだった。

タイミングよくモノを出すために、ベンチャー企業にいるのなら、自社がいるセクターの市場規模を見るべきだ。ニッチな分野ならナンバーワンになれるだろう。ためらわねければ、波をつかめるだろう。

ユナイテッドの手島氏は、世界で1,500万ユーザを超えた CocoPPa について説明した。彼はメルカリのシャツを着て、300万人のユーザを獲得した同アプリについてサポートする思いを見せた。

物事は思った通りに行かないが、ユーザを魅了する方法がたくさんあるなら、大丈夫だろう。プランAだけでなく、プランBやプランCを試せばいいのだから。

CocoPPa をローンチした当初から、中国語版と韓国語版を提供した。Conyac を使って、非常に簡単な翻訳だったが、グローバル展開をする上では十分だった。アプリをグローバルにしたいなら、翻訳コストはケチるべきではない。

手島氏によれば、ユナイテッドは、CocoPPa のサービスをウェブでも提供しようとしているとのことだ。人々から価値ある情報を集められれば、ビジネスでリスクを回避する上でいい方法になる、と説明した。

----------[AD]----------

Yahoo JapanがEコマースポータルプロバイダーのベンチャーリパブリックを買収

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Yahoo Japan!(TYO:4689)は、最近日本のEコマースポータルプロバイダーのベンチャーリパブリックを買収したことを発表した。買収の金額については非公開。 2001年のローンチし、後半は価格比較サイトと「Travel.jp」や「Hotel.jp」「Coneco.net(コネコネット)」のようなコマースにフ…

coneco.net_screenshot

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Yahoo Japan!(TYO:4689)は、最近日本のEコマースポータルプロバイダーのベンチャーリパブリックを買収したことを発表した。買収の金額については非公開。

2001年のローンチし、後半は価格比較サイトと「Travel.jp」や「Hotel.jp」「Coneco.net(コネコネット)」のようなコマースにフォーカスしたバーティカルメディアをオンラインの消費者向けに提供してきた。同社は、インドネシアの価格比較サイト「Telunjuk」や、シンガポールの旅行メタサーチサービス「Flocations」に投資していることでも知られている

同社は2つの異なるビジネス領域に対応するため、二社に分かれた。一社はオセニックとしてリブランドし、コネコネットの運営を続けるとしている。そして、新しい会社のCEOは、旅行に関連したメディアを運営するベンチャーリパブリックと呼ばれた会社を形作った。結果として、比較サイトビジネスはYahoo Japan!にすべて手渡されることとなった。

2010年12月から、ベンチャーリパブリックはYahoo Japan!のEコマースチャンネルの中で、ユーザージェネレイテッドな商品へのレビューの提供を行なってきた。今回の買収で、ポータル大手のYahoo Japan!はそのEコマースの顧客にむけてよりよい顧客体験を提供できることを目指す。

ベンチャーリパブリックは、日本の柴田啓氏によって2001年に創設された。結果、2009年にJASDAQの市場に上場したが、その後、彼が株式を買い戻したことで上場廃止となった。

----------[AD]----------

定期購入通販サイト「Box To You」がYahoo!ショッピングと提携、全商品がYahoo!ショッピング上でも販売開始

SHARE:

本日、定期購入通販サイト「Box To You(ボックスツーユー)」がYahoo!ショッピングの提携パートナーとなることを発表した。今後、Box To You全商品がYahoo!ショッピング上でも販売される。 Box To Youは、2012年8月30日にスタートした定期購入専用の通販プラットフォーム。同サービスを利用することでユーザは、有名人、専門家、生産者など目利きと呼ばれる人々が出品した商品…

boxtoyou

本日、定期購入通販サイト「Box To You(ボックスツーユー)」がYahoo!ショッピングの提携パートナーとなることを発表した。今後、Box To You全商品がYahoo!ショッピング上でも販売される。

yahoo shopping

Box To Youは、2012年8月30日にスタートした定期購入専用の通販プラットフォーム。同サービスを利用することでユーザは、有名人、専門家、生産者など目利きと呼ばれる人々が出品した商品を定期的に購入することが可能になる。

今回の提携により、Box To Youに出品された商品は自動的にYahoo!ショッピングに掲載される。また、Yahoo!ショッピングでの定期便コーナーや特集ページからBox To Youへのユーザの誘導もスタートする。

Box To Youでは、出品者とユーザがFacebookグループやFacebookページ等の直接コミュニケーションを行うことができるようになっている。また、出品者のインタビューも掲載されるなど出品者の情報が詳細に載っており、ユーザが定期的に商品を購入することを決断するための、そして購入を続行するためのコンテンツが提供されている。

boxtoyou top

----------[AD]----------