freee、LINEや三菱UFJ銀行などから約65億円を資金調達——累積調達金額は161億円に

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.8

左から:freee CEO 佐々木大輔氏、COO 東後澄人氏
Image credit: Masaru Ikeda

freee は7日、LINE、三菱 UFJ 銀行、ライフカードなど日本内外の複数機関投資家および事業会社を引受先とし、約65億円の第三者割当増資を実施すると発表した。創業以来の累積資金調達額は約161億円。freee は今後、スモールビジネスがさらに強くスマートに育つための「プラットフォーム」の形成を目指す。

freee は、サービスローンチから約5年を経過し、利用事業所数が100万を突破。また、多角的なパートナーとの協働により、金融機関や POS レジなどとのサービス連携数は3,637件、パートナーシップを組む税理士・会計事務所数は5,390事務所に上った。

<関連記事>

2018年7月にはクラウド会計ソフト freee 上で「予算・実績管理」機能をリリースし、蓄積データの自動集約と可視化による経営意思決定のサポートが可能になった。freeeは「業務効率化による時間創出」だけでなく「収益創出」を提供することで、スモールビジネスが強く活躍する社会を創造していくとしている。

今回の資金調達を受けて、freee はLINEや三菱 UFJ 銀行との業務提携を行い、新サービス及びプロダクト開発への投資を進める計画だ。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------