160億ドルでFlipkartを買収した米ウォルマート、今度はバーチャルショッピングの特許申請ーーAmazonとの戦いは仮想空間へ?

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.8.21

pexels-photo-1005638.jpeg
Photo by Oleg Magni on Pexels.com

ピックアップ:Walmart Eyes Virtual-Reality Shopping System, Patent Filings Say via Bloomberg

ニュースサマリ:米大手小売のウォルマートがバーチャルリアリティでの購入体験に関する特許を申請した。Bloombergが報じている。申請された特許は「Virtual show room」に関するもので、VRヘッドセットとセンサーがついたグローブを装着した消費者が商品を掴んで購入できる体験や、それに伴うフルフィルメントシステムについて記載されている。

話題のポイント:2016年に33億ドルでJet.comを買収し、今年8月には160億ドルでインドコマース大手「Flipkart」の過半数以上(77%)を手中にするなど、Amazon対抗を着々と進めている米ウォルマートがバーチャルリアリティでの体験を検討しているという報道です。

Amazonも関連人材の採用情報からバーチャルリアリティでの購入体験を模索しているのでは?という報道もあります。店舗からネットに移行しているウォルマートと、ネットから実店舗に拡張させているAmazonの両社が最終的にバーチャル空間で戦うという構図はなかなか興味深いものがあり

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------