Qihoo 360 Search(奇虎)がオープンプラットフォームをリリース、Google Adsを活用

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

そう、またZhou Hongyi(周鴻禕)氏の登場だ。しかし、今度は論争が起きたわけではない。China Internet Conferenceで、Qihoo(奇虎)のCEOは360 検索エンジンの未来、そして提携の可能性について話した。Sina Tech(新浪科技)が伝えたように、360 Searchはオープンプラットフォームを立ち上げ、その検索エンジン上でGoogleの広告システムを利用する。

特に検索エンジンプラットフォームにおける広告に関しては、Googleから学ぶべきことが多くあるとZhou氏は述べた。360が有料と無料の検索結果のカテゴリー化を導入する予定であることも公表した。これは主にGoogleが採択しているものである。同時に、360はオープンプラットフォームをローンチし、検索エンジンでより質の高い垂直検索を可能にする。

Zhou氏のコメント(筆者訳):

「検索エンジンは、その他多くのサイトに行き渡るようなオープンプラットフォームであるべきです。(中略)ただ検索エンジンでデータを所持しているだけでは、そこから踏み込んだ有効利用はできません」。

Zhou氏は、市場には誰も気を留めない数多くの質の高い垂直検索が存在していることも指摘した。より専門的な検索結果をユーザに提供するため、小規模なウェブ企業と提携することも考えている。今週初め、360 Searchは、Windows版360ブラウザ用の、GoogleのG+に似たソーシャル検索を推薦できる「like Project(いいねプロジェクト)」のローンチにおいて、ユーザーエクスペリエンスに焦点を当てていた。

とにかく、Zhou Hongyi氏が何を考えているのか正確に理解するのは難しい。彼の次の動きを予測することは私たちには不可能のようだ。しかし、小道具にしろ戦略にしろ、Zhou氏は現在、敵を増やすよりも友人を増やそうと努力しているのは確かだ。彼は、Google、Microsoft、地元のライバルSogou(捜狐)と協業する可能性もほのめかした。Zhou氏によると、その計画は近い将来明らかになるだろうということだ。

[出典: Sina Tech, 画像]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

qihoo(奇虎)360

Company: qihoo(奇虎)360

Qihooはアンチウィルスソフトの販売会社として始まった会社である。しかし、今ではほとんどの利益を広告から得るところまで事業を拡大し、iOS、アンドロイド、Symbianの大量のアプリを使うことでそのブランドを広…

About StartupBase

----------[AD]----------