ベトナムを代表するモバイルメッセージアプリ「Zalo」が登場

by Tech in Asia Tech in Asia on 2013.3.15

【原文】

zalo-messaging-app-vietnam-315x315

もしベトナムのメッセージアプリ市場がそのシェアを競ってヒートアップしていたとしたら、ベトナム発のサービスはどこになるだろう?実は先日、Zaloがモバイルメッセージアプリ(Android版、iOS版、Symbian版)の大規模なアップデートをリリースし、FacebookとZing Meをマーケティングで引き離している。

今回のアップデートで同アプリの動きははるかに早くなり、VIPマイクロブログ機能を加え、アプリを不安定にしていた多くのバグを修正して、遂にRetina対応アプリのアイコンを付け加えた。ベトナムにも遂に、海外発のアプリ——KakaoTalkWeChatLineWhatsappViberなど—— と張り合えるような国産プロダクトができたと私は思っている。

確かに、Zaloは他のサービスほど洗練されていない。スタンプの中には他のサービスと比べて可愛くないものもあるし、ゲーム機能やモバイル決済機能もない。だが、同アプリのベータ版がリリースされたのが昨年8月で、その後初めて正式にリリースされたのが11月なのだから、もう少し時間が必要だと思う。

第1区からバイクを走らせること30分、私はZaloチームに会うためにVNG本社を訪れた。同チームには、1つのフロアが丸ごと与えられている。プロジェクトリーダーのVuong Quang Khai氏と会って話し始めると、すぐに理由が分かった。

「Zaloは『Zing』と『Alo(ベトナム語で“もしもし”という意味)』を組み合わせたものです。VNGが以前につけたブランドの名前をすべて見てみると、Zing Mp3、Zing Me、Zing Gameなど、当社は常にZingという言葉をそのまま前面に押し出してきました。Zingはウェブサービスを連想させます。ですから、Zaloはそこから1歩離れたのです。

実は、Zaloという名前に決まる前は、Zing Talkになる予定でした。ですが、その名前は使わないことに決めました。すべてを新しくしようと思ったのです。私たちは昨年、前進するには『モバイルファースト』という戦略が非常に重要だと判断しました。

ベトナムのモバイル市場は大きく、Facebookが参入しつつあるものの、まだFacebookの独占状態ではありません。Zaloという名前は、古いものを脱ぎ捨てて、何か新しいものに力強く立ち向かって行くことを象徴しています。」

スタッフの数多さはこのリニューアルを反映している。Appleのように、同チームはZaloを構築するため、Zing Meなどの他のプロジェクトチームからスタッフを引き抜いた。

「多くのユーザから、『Zing Meがしばらくアップデートされていないのはなぜか?』と聞かれました。それは、私たちが全力でZaloに取り組んでいるからなのです。」

ある意味、ZaloがVNGの新たな顔ということもできるだろう。Zaloチームには約80人のスタッフがいる。エンジニアが40人で、ビジネス開発、マーケティング、デザイン、バックエンド・サポートの部門がある。エンジニアのスタッフが多いのは、ビジネスを拡大し、モバイル事業に特化して取り組もうとしているからだとKhai氏は語る。また、モバイルメッセージアプリの機能でZaloチームが1番力を入れていることについて、同氏は次のように説明している。

「モバイルメッセージアプリには、『コミュニケーション』『ソーシャル』『エンターテイメント』という3つの主な要素があります。各アプリにはそれぞれ強みがあります。Viberは無料通話とSMSを使ったコミュニケーション機能を得意にしています。Lineはエンターテイメントに強く、KakaoTalkはソーシャル性に長けています。

Zaloに関しては、私たちはコミュニケーションを前面に出したいと思います。それは、コミュニケーションがユーザにとって1番重要な要素だと私たちは考えているからです。コミュニケーションの要素がしっかりと確立してから、他の機能に取りかかるつもりです。」

Zaloでゲームが提供されるようになるのも時間の問題で、おそらくそんなに時間はかからないだろう。そもそも、VNGは「Vina Gaming」という意味で、同社はゲーム業界に深いルーツを持っている。VNGは現在、ゲームを制作するゲームスタジオ5社を所有していて、そのなかには、人気タイトルSkygardenなどのモバイルゲームをテストしているスタジオもある。

2013年1月末現在で、Zaloには50万人を超えるユーザがいる。一方、VNGのソーシャルメディアプラットフォームZing Meのユーザ数は800万人。だが、Zing Meがターゲットにしているのはティーンエイジャーで、Zaloは20~30代というもっと幅広いユーザ層に目を向けている。

Zaloのコミュニケーション要素についてもっと話をすると、Zaloにも、恋愛やイベント、教育というような特定のトピックについて話をするグループチャット機能がある。明らかにベトナムで人気のフォーラム機能に後戻りしているようだが、これは海外のアプリでは主要な機能ではない。

ベトナム人のデザイナーチームにより、同アプリにはベトナム市場専用のスタンプがたくさんある。WeChatと同じように、Zaloにも近くにいる人を見つける検索機能や、マイクロブログを通じてセレブや友達をフォローする機能もある。そして、もちろん、写真機能も。写真機能のないアプリは21世紀の世の中では生き残れないからだ。

Zaloの最新のアップデートにより、同アプリが2013年にはベトナムのモバイルユーザにとって非常に魅力的なサービスになることは予測がつく。
ZaloアプリのiOS版Android版Symbian版のダウンロードはこちらから。

IMG_6198-266x400

IMG_6200-266x400

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------