日本産のiPhone向けニュースリーダーアプリ「FeedDrop」

SHARE:

feeddrop

英語版の記事はコチラ。

ここのところ、ニュースリーダーアプリの話が尽きることがない。とくに、Google Readerがサービス停止するという報せを受けて、それに合わせた形での話が多い。Reeder、Feedly、Leaf、もしくはSlowFeedsのようなリーダーアプリが便利だという認知をすでに得ていることは疑いようがない。だが、今日本で誕生しようとしているリーダーアプリも興味深い。

私たちはGunosyのような、個人のソーシャルメディアアカウントを分析し、個人に最適化されたニュースを毎朝メールで配信してくれるニュースキュレーションアプリに注目し、取り上げている。これは便利なサービスだが、まだ日本語に限定されたサービスだ。

しかし、先日筆者はFeedDropと呼ばれる日本産の別のリーダーアプリを発見した。Gunosyほどスマートなアプリではないが、このアプリは事前に用意されたコンテンツのカテゴリを選び、記事を受け取ることができる。これはユーザ側でオンとオフの状態を交互に切り替えられるようになっている。ユーザは自分のコンテンツフィードを検索することもでき、このプロセスは驚くほどよく機能している。RSSやXMLフィードなど、集めることができる検索に対応している。現在、同アプリは日本語と英語で利用できるようになっている。(英語版で利用してみた様子が下の画像)

feeddrop ui 1

「あとで読む」機能も搭載されており、あとで読みたい記事をまとめておくことができる。たしかに便利なのだが、記事をこのアプリ上で読むためのスタイリングはされておらず、毎回記事をPocketに送ることも難しくない。しかし、このアプリには日本のユーザが好きな典型的な機能がある。Twitter、Facebook、はてなブックマーク、Evernote、そしてLINEなどをすべてサポートしており、Pocketにも対応している。

もちろん、Gunosyのようにこのアプリのインターフェースは日本語に合わせて作られており、これは残念なポイントだ。だがこれは間違いなく日本のリーダーたちには興味深いもののはずだ。

feeddrop ui 2

筆者はこのごろ人々がどのニュースリーダーアプリに期待しているかに関心を持っている。もしレコメンドがあれば、特に日本産のものでおもしろいものがあれば、私たちにコメントで教えてほしい。

----------[AD]----------