ソフトバンク/ガンホーによる買収発表から一週間、SupercellのHay Dayが日本のアプリストアでトップに

SHARE:

hay_day_japan-620x313

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

日本のモバイル市場は金のなる木だ。世界中のゲームパブリッシャーは、よだれが出て仕方が無い。しかし、日本市場への進出は簡単なものではない。

フィンランドの Supercell は一筋の光明を見出し、Clash of Clans を成功させるべくガンホー・オンライン・エンターテイメントと提携した。ソフトバンク/ガンホーからの15億ドルに上る出資が発表されて以降、Supercell の卓越したゲームタイトル Hay Day は日本市場で成功を見せており、日本版公開後の先週金曜日、無料アプリのカテゴリでトップにランクインした。

Hay Day は日本のアプリストアの「スタッフのおすすめ」欄に掲げられ、アプリレビューサイト AppBank で積極的に取り上げられている。Clash of Clans の成功は AppBank による貢献が大きかったと、Supercell は考えていると書いたことがある

ガンホーと Supercell の提携は、双方にメリットがもたらされることを意図しているので、Supercell がガンホーのゲームを欧米市場でどの程度売ってくれるかも注目だ。パズル&ドラゴンズがイギリスで10月16日にローンチしたので、近日中には、Supercell がどのような動きをするか、イギリスのゲーマーがどのような反応を示すかを見られるだろう。

hay-day-japan-620x253