PayPal共同創業者ピーター・ティール氏が来日、敏腕起業家が日本の学生300人に語った3つの教え

SHARE:

thiel-620x390

著書「ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか」ツアー中の Peter Thiel が15年ぶりに来日した。アドテクサービスの「DSP(Demand-side Platform)」で昨年上場した FreakOut のオフィスに立ち寄り、その多数は起業家志願者である300人の学生を前に講演を行った。

話の切り出しは、「ゼロ・トゥ・ワン」を読んだことがある人には馴染み深いものだった。

逆張りの投資家、理にかなったビジネスモデルを見つけよ、小さな市場をつかみ、時間をかけずに事業を拡大せよ、そして、参入した事業分野を独占することに注力せよ。

したがって、(本には書かれていない)より新しい話題に足を踏み入れたのは、彼のQ&Aセッションからだった。あなたが Peter の熱烈なファンか、彼のビジネス哲学に懐疑的かはさておき、彼が気の利いたことを言い、観客を魅了し続ける人物と評するのは難しいだろう。以下にハイライトをまとめた。

<関連記事>

1. 人工知能(AI)の会社が、ただのバズワードなスタートアップで終わらず、大きな成功をするのに必要なものは?

この質問は、Peter が講演の冒頭にした「認知度を得るためにバズワードを頼り過ぎる会社は危ない」という発言に対するものだ。「クリーンエネルギー」はバズワードであり、2005年〜2008年にバブルを生み出したというのが、彼の考えだ。

人工知能(AI)という言葉に関しても、彼はこのフレーズがバズワードであり、クリーンエネルギーの場合と主な点で似ていると考えている。

人々は、ある特定の技術(例えば、深層学習)にばかりフォーカスして、ビジネスプランにはフォーカスしない。それをどうやってマネタイズするのか、ということだ。

Peter は、AIがより特定の狭い分野で定義された、他のコンピュータ技術によって挑戦されるかもしれない、とも述べた。ほとんどのソフトウェア技術が特定の問題を解決することに焦点を当てているのに対し、よいAIとは一見、その焦点が広く、汎用性が高いことを売りにしている。Peter は、人々がこの問題に誤った目標を持って進んでいると考えている。

(AI ではなく)知能拡充(IA=intelligence augmentation)ということを考えるべきだ。知能を強くするためにコンピュータを使うんだ。

コンピュータが人の代わりになるのが進歩だと考えず、企業は人とコンピュータが協働できるようにするツールを作る方向に進路をとるべき、というわけだ。

例として、彼はいわゆるペイパル・マフィアが創り上げた多くの成功企業の一つである LinkedIn を引き合いに出した。Peter が言うには、ビジネスの観点では LinkedIn は人間の代わりにはならない。むしろ、人であるリクルーターの仕事の進め方を変えつつあるのだ、と。

2. 新しい企業の成長を阻害する既得権を持っているような、レガシーなプレーヤーや規制当局と、若い起業家はどう対峙すればよいか?

Peter は、規制の多い業界で会社を始めることはリスキーと考え、その種の企業に投資することには消極的だ。しかし、グレーゾーンがあれば、その規制が自分の会社に適用されるか、利益をもたらすかは定かではない。

Peter は AirBnB と Uber の事例を挙げ、既得権が大胆な新参者に対して既得権者がどのような反応するかを分析してみせた。ちなみに、彼は AirBnB には投資をしており、Uber には投資をしていない。

一言で言えば、あなたの市場参入がレガシープレーヤーの存在を脅かすかどうか、ということだ。彼の考えでは、ある街で AirBnB が営業を始めたから、ホテルオーナーたちがは生死の危険には直面しているのではない。そのコンテキストは、Uber が直面している規制強化の話にも当てはまる。

Peter は、戦いを挑もうとする若い企業は、社名の選択を慎重にすべきだと、こんなティップスを教えてくれた。アメリカレコード協会から「好しからぬもの」として烙印を押されたファイル共有サービス「Napster」は、もっとよい名前をつけるべきだった。人々は、単語の意味について同意できなかったと考えている。

音楽を nap する、子供を nap する、つまり、あなたは誘拐犯 (kidnapper) になってしまう。つまり、(サービスを使って)Napster になるということは、悪人呼ばわりされているかのような響きを覚える。

ネガティブな意味を持つ名前を選ぶと、「このスタートアップは監視すべきだ」と規制当局に知らしめることになってしまう。

3. 「僕の会社に投資してくれませんか?」

Peter は「話を聞くだけは聞いてみる」と述べつつ、ピッチに対しての答えを出すまでに、そのビジネスを評価するのに最低1時間は必要だと述べた。そのピッチをすることができた幸運な人たちに対して、彼は自分が信頼する人物を介して紹介してもらうようアドバイスする。これは公正な回答であるとともに、細かい Quora の質問に回答が得られた形だ。

彼は自分の投資戦略として、投資をくじ引きのように考える人物には同意しないと述べた。

宝くじでは、誰しも小さな可能性を何倍にもしようとするが、たいていの場合、それは小さなリターンに終わるだろう。

Peter にとって「運」とは曖昧な言葉だ。セレンディピティというものがある一方で、運とは人に怠けをもたらす言葉になり得る。運よく強いスタートアップを獲得するためにお金をばらまくのは、投資を求める企業をよく見て評価するのに必要な時間を使いたくない、と言っているに過ぎない。

この話の中で、別の参加者がシリコンバレーの投資家とつながるにはどうすればよいかと質問をした。Peter は、特に最初はそのプロセスは手間ヒマのかかるものだろうと述べた。彼は PayPal で、初年に50万ドルの資金を調達するのにミーティングを100回持った。その13ヶ月後、PayPal が有名になると1億ドルを調達した。二回目の資金調達の方が規模が大きかったにもかかわらず、Peter は最初の50万ドルを調達したときの方が、ずっと大変だったと当時を振り返った。

Peter のアドバイスでは、起業家らが持つ技術をどのように説明すべきかを明らかにするのに多くの時間が使われた。すばらしい技術を持つ企業は、その技術と正しい意思疎通がない限り、投資を受けるのは難しいからだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------