スマホ広告SSP大手のSmaato、中国のマーケ新興企業Spearhead Marketing(華誼嘉信)が1億4,800万ドルで買収

SHARE:

smaato-clay

サンフランシスコを拠点とする、リアルタイム・アドテク・プラットフォームの Smaato は金曜日(6月10日)、中国の Spearhead Integrated Marketing Communication Group(華誼嘉信集団、深圳証取:300071)が Smaato の全株取得により買収することで合意に達したと発表した。買収金額は1億4,800万ドル。

Smmato の発表によれば、最終的な金融当局の承認を待つ必要があるものの、今回の買収は、Speadhead の完全子会社が支援する M&A ファンドを通じて実施される見込みだ。

世界有数のモバイル SSP の一つとして、創業から11年目を迎える Smaato は、10億人以上のモバイルユーザにリーチを持つとしている。

中国の威勢のいいモバイル広告市場は、長きにわたって戦略的な焦点を Smaato に置いてきた。Smaato の CEO である Ragnar Kruse 氏は、TechNode(動点科技)との以前のインタビューで、Smaato が中国市場への参入にあたり、現地のパートナーの協業計画があることを示唆していた。今回の買収によって、Smaato は実績のある現地パートナーを得て中国市場に参入できるのと同時に、Spearhead にとっては、同社の世界展開を加速する豊富なリソースを提供することになる。

Smaato の CEO で共同創業者の Ragnar Kruse は、同社の発表の中で次のようにのべている。

このコラボレーションは、両社にとって非常に多くの新しい機会を生み出します。Speadhead は Smaato に、その専門知識や信頼に足る関係だけでなく、中国市場への扉を開けてくれます。Smaato は、Spearhead が中国国外で迅速にビジネス展開するのを可能にします。

今回のコラボレーションがもたらす優位性にもかかわらず、Smatoo は、今年2月に NativeX を2,450万ドルで買収した Mobvista(滙量科技)のような、成長著しい中国のアドネットワーク企業との競争を強いられることになる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】