HRTechを手がけるVISITS Technologiesが総額5.7億円の資金調達、パーソルキャリアとの業務提携で技術研究も加速

SHARE:
19718723_1092226020910153_660222657_o
写真左からパーソルキャリア執行役員の岩田亮氏/パーソルホールディングス取締役副社長COOの高橋広敏氏/VISITS Technologies代表取締役の松本勝氏/PERSOL INNOVATION FUND代表パートナーの加藤丈幸氏

VISITS Technologies(旧社名VISITS WORKS)は7月6日、PERSOL INNOVAITON FUND、ベクトル、三菱UFJキャピタル、既存株主などを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。ここに日本政策金融公庫の新事業挑戦支援制度を用いた借入を合わせ、調達した資金は総額5.7億円となる。第三者割当増資の株式比率や借入金額、払込日等の詳細は非公開。同社は企業が社員のキャリア情報を掲載するOB訪問サービス「VISITS OB」や業界研究アプリ「VISIT Q」などHR Tech分野のサービスを提供している。

<関連記事>

今回の資本提携とあわせて、同社はパーソルホールディングスの子会社であるパーソルキャリアとHRTech分野で共同研究開発を実施する業務提携に基本合意したことも発表した。パーソルキャリアの人材領域におけるノウハウと同社の強みとするデータ解析やアルゴリズム設計により関連技術の開発を推進する。

さらに同社は社名をVISITS WORKSからVISITS Technologiesへ変更し、PERSOL INNOVATION FUND代表の加藤丈幸氏が同社取締役に就任するなど、データサイエンティストおよび技術開発責任者の採用などを通じて組織体制の強化も進める。

Source:PRTIMES

 

----------[AD]----------