OYOがヨーロッパへ進撃ーー総額約4億4400万ドル、世界74ヵ国で宿泊事業を手掛ける「@Leisure」を買収へ

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.5.3

Capture.JPG

ピックアップOyo: India’s fast-growing hotel chain expands in Europe

ニュースサマリー:インド発のホスピタリティー企業「OYO」がついにヨーロッパに進出だ。同社は2日、ドイツ発のデジタルメディア企業Axel Springerの運営する@Leisure Groupの買収を完了した。Axel Springerの発表によれば、OYOはおよそ1億8000万ユーロ(≒2億2200万ドル)にて同社株式51%を取得。6月までには、全株式の取得手続きを完了させる予定だという。(つまり、総買収額は2倍で約3億6000万ユーロ≒4億4400万ドルに達する)

Capture.JPG

@Leisure Groupはヨーロッパを中心に、空き家のマネージメントサービス「Belvilla」、「DanCenter」、「Danland」並びにオンラインマーケットプレイス「Traum-Ferienwohnungen」を運営する。同社HPによれば、今現在で世界74か国に4万6000人以上の家主をサポートする体制を整えているという。プレスリリースでは、同社の昨年売り上げが2400万ユーロに到達しており、また世界118の国から280万人の利用者を記録したとしている。

OYOのCEOで創業者のRitesh Agarwal氏は、2023年までに世界最大のホテルチェーンを目指すと明言している。その面において、ヨーロッパという市場でその数値以上に同業界における「存在感」を示していた@Leisureブランドを獲得できたのは大きな1歩なはずだ。OYOは今年4月に、Softbank Vision FundやAirbnbを中心に合計10億ドルを調達している。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------