キャスター、カジュアル人材募集サービス「bosyu」の事業を分社化——「仕事の定義」を拡大し、今後1年間でユーザ数10倍の成長を目指す

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.7.1

bosyu のチームの皆さん。中段最右が新会社の代表を務める石倉秀明氏。
Image credit: bosyu

カジュアルな人材募集サービス「bosyu」を提供するキャスターは1日、bosyu を事業分社化し「株式会社 bosyu」を設立すると発表した。bosyu には8名ほどの社員が業務に従事し、キャスター COO の石倉秀明氏が新会社の代表を務める。

bosyu は、人材募集をカジュアルに実施できるサービスだ。タイトルや本文を入力し、発行された URL を Twitter や Facebook に投稿することで、簡単に人材募集を始めることができる。デザイン会社 Basecamp が開発し2018年4月にローンチしたが、同年8月にキャスターが事業譲受したのは THE BRIDGE が取り上げた通りだ。

2018年8月現在、アカウント数1万件以上、募集投稿数5,000件以上とされていた規模感も、それぞれ6万件超(発表では登録ユーザ数とされている)、1万4,000件超と、この11ヶ月で数倍に拡大。今回の分社化を機に、これからの1年間でユーザ数を10倍(つまり60万人)に増やすことを目標に掲げた。

プレスリリースでは、bosyu をキャスターの社内プロジェクトではなく分社化する理由について、スピード感のある開発体制を強化するためとしている。確かに、キャスターのコア事業であるオンラインビジネスアシスタントサービスやリモートワーカー派遣事業とは性質が異なり、bosyu は機能拡大のための開発やマーケティング活動なども必要なる。bosyu が事業単独で外部から資金調達し、新たなスタートアップとして成長イグジットを目指す道も拓ける。

bosyu
Image credit: bosyu

bosyu の今後について、石倉氏は THE BRIDGE の取材に対し、次のように語ってくれた。

最近では、人材を募集する側ではなく、求職者から「私こんなことできるんですよ」といった投稿をする「#逆bosyu」のような新しい使い方も出てきている。bosyu として目指したいのは、「仕事の定義」の拡大。「それって仕事なんだ!」と言えるような仕事を、どれだけ創り出せるかだと思っている。(中略)

インフルエンサーじゃない人が使っても人を集めやすかったり、SNS を使ってない人も使えたりするなど、そういうサービスをきちんと作っていきたい。また、(募集側と求職者の間の)契約と支払の安全性をどう担保するのか、というのは重要なテーマ。bosyu を通した方が安全にやり取りができるとか、そういう仕組みを提供できるのではないか、と考えている。

bosyu では今後、テクノロジードリブンでの開発が進むと見られ、そのようなスキルセットを持った人をチームに増やしたいようだ。bosyu のチームもまた、キャスター同様に働く場所を選ばないリモートワーカー集団であるが、今回の分社化で「プロダクトを作っているチーム」という明確な意思表示を会社の内外に打ち出し、bosyu の人材調達にも役立てたいと、石倉氏は期待を込めた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------