エアコンをスマート化する「Nature Remo」開発のNature、環境エネルギー投資とDeNAから5億円を資金調達

SHARE:
Nature の皆さん
Image credit: Nature

エアコンをスマート化する IoT プロダクト「Nature Remo」を開発する Nature は1日、環境エネルギー投資と DeNA から5億円を調達したことを明らかにした。DeNA からの出資は、先ごろ DeNA から発表された Delight Ventures に出資母体が移管される予定。同社にとっては昨年2月に実施した大和企業投資からの1億円の調達に続くものとなる。調達ラウンドは不明。

Nature は、三井物産出身でハーバード MBA を取得した塩出晴海氏(現 CEO)らがボストンでの起業。NatureRemo は、出先から帰宅前にスマートフォンでエアコンをつけたり、Google Home や Amazon Echo から音声でテレビや照明を操作することができるほか、API を使ったサードパーティーによるサービス構築も可能だ。

同社は2016年に Nature Remo を発表し、その後、Kickstarter、Indiegogo、Makuake の3サイトでのクラウドファンディングを通じ総額2,200万円以上を調達。2018年に全国家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機等)で販売開始、2019年4月にスマートホームスターターキットとして Google Home Mini と Nature Remo mini のバンドル商品を量販店で販売開始するなど着々と成長を続けている。Nature Remo のシリーズ累積販売台数は、10万台を突破している。

今回調達した資金を使って、同社はチームを現在の体制から倍増させ、開発・販売・サポート体制を強化する予定。また、年内に発売を予定している家庭向けエネルギーマネージメントソリューション「Nature Remo E」を切り口にエネルギー事業に参入するとしている。また、本社機能を全て日本に移管し、日本から海外市場に進出する体制を確立するとしている。

<関連記事>

via PR TIMES

----------[AD]----------