リファレンスチェック「back check」など提供のROXX、サイバーエージェントなどから5億円調達

SHARE:

Screen Shot 2020-02-20 at 1.57.20 AM

ROXXは2月19日サイバーエージェント、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。シリーズBラウンドで、調達した資金は5億円。同社の累積資金調達総額は約12億円となった。

同社は人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」および月額定額制リファレンスチェックサービス「back check」を運営する。

agent bankは掲載されている2,000件以上の求人に対して、人材紹介会社が月額定額で自社で抱える転職希望者を掲載企業に紹介することが可能なサービス。求人企業は、完全成功報酬型で募集求人を何件でも無料で掲載できる。累計400社の人材紹介会社から掲載求人に対して紹介が集まる。

back checkは、書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得することができるリファレンスチェックサービス。採用予定の職種やポジションに合わせて数十問の質問を自動生成し、オンライン上で簡単にリファレンスチェックを実施できる。

今後は両事業への投資と採用を強化するという。

via PR TIMES