アジアで増え続けるチャットアプリはFacebookモバイルを脅かすか

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Distimoの最新レポートは、世界のモバイルSNS、特に世界最大のマーケットであるAppleのApp Storeで人気を集めるアプリについて考察している。

依然として、世界でダントツのモバイルSNSアプリはFacebookだ。だがDistimoによると、昨年1年間のアジアにおける変化を見ると、その圧倒的強さは昨年ほど顕著ではないという。

私たちはNHN Japanの人気チャットアプリLINEの台頭を目にしてきたし、LINEは日本と台湾とシンガポールで最も人気のあるiOS用モバイルSNSアプリだった。現在(原文掲載8月31日)、NHN Japanによると合計(マルチプラットフォームの総計)で5,500万人のユーザを獲得している。LINEは中国へ目を向けているが、中国市場への参入はかなり難しい。

中国でソーシャルアプリの首位にいるのはWeChatで、その勢力は増す一方だ(香港でもトップだった)。韓国で最も人気だったKakaoTalkも強力なモバイルソーシャルのライバルである。

Distimoはまた、ソーシャルアプリに対する需要が最も大きい国についても調査した。驚くことに、アジアの国々のソーシャル性は平均以下という結果がでた。アメリカでは、App Storeのソーシャルカテゴリーのダウンロード量が「全体のトップ」ダウンロード量の20%を占めている(以下のグラフ参照)。対照的に、アジアの国々、例えばシンガポールは14%、日本と韓国(ともに10%)はさらに低く、それより低いのが中国、台湾、香港(順に9、8、7%)だった。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

kakaotalk

Company: kakaotalk

iPhone、アンドロイド、ブラックベリー向けクロスプラットフォームのモバイルグループメッセージアプリ。

About StartupBase

StartupBase Profile

wechat

Company: wechat

中国のソーシャルメディア大手のTencentが開発しているテキストメッセージングアプリ。「WeChat」という名称は、同グループの世界最大のメッセージングアプリのWeixin(微信)を海外ユーザー向けに英語の名前にした…

About StartupBase