世界的人気タイトル「Age of Empires」がモバイルゲームに、KLabが米国マイクロソフトからライセンスを獲得

SHARE:

AOE_SS_CTW_434x245KLab株式会社は米国マイクロソフト社と、米国東部時間の6月17日に、世界的人気ゲームタイトル「Age of Empires」のライセンス契約を締結したことを発表した。

この報せを知った、かつてこのタイトルをプレイしていたゲーマーたちは歓喜の声をあげている。

Age of Empires(エイジオブエンパイア)」は、Haloシリーズ、Microsoft Flight Simulator、Forzaシリーズなどと並ぶ、マイクロソフトを代表する大ヒットゲームタイトル。Age of Empiresは、リアルタイムストラテジーと、史実に基づき文明を発展させるゲーム性が世界中で支持され、日本でも90年代後半に多くのファンを獲得した。

KLabは、同ゲームタイトルのiOS版、Android版のゲーム開発、およびグローバル配信を英語圏から開始していく。日本語を含む他言語に関しても、順次展開していく予定だ。さらに、KLabとマイクロソフトは今後、WindowsPhoneプラットフォームに向けても、モバイルオンラインゲームを提供する技術開発を実施していく。

このニュースについてはロンドンのテックメディアThe Vergeも報じている。彼らが触れているように、これはマイクロソフトによる初めての他のゲームプラットフォームへの進出ではないが、今回の提携が成功を収めた暁には、他の人気ゲームタイトルホルダーたちが、iOSやAndroidなどモバイルゲームのプラットフォームへ進出し、モバイルゲームの体験が豊かなものになるのではないだろうか。