医療系アプリデベロッパーのChunyu(春雨)、ショッピング機能付き乳児ケアサービスをローンチ

SHARE:

Chunyu Tianxia北京の医療系アプリデベロッパーChunyu Tianxia(春雨医生)が、今回初めての用途特化型B2Cヘルスケアプロダクト「Chunyu Pediatrician(春雨育児)」をローンチした。

同サービスは若い親たちやこれから親になる夫婦向けに開発されたもので、乳児のための医療サービスと個人向けショッピング機能が搭載されている。

同サービスは「医師」というキーワードに焦点を当てている。1つ目のポイントは「医師によってつくられた」ということで、全てのコンテンツと診断に関するコンサルタントの発信源(ブログやビデオ)は、有名な医師やベビーケアの専門家によって提供され、ワクチンや授乳などの人気のあるトピックが取り上げられている。

2つ目のポイントは「オンラインの医師」で、携帯電話を使ってユーザが質問をした場合、短時間で医師から回答を得られることを約束している。

「Staff that helps(お役立ちスタッフ)」はカスタマイズ機能で、赤ちゃんのプロフィールデータに基づき、それぞれユーザ向けに特化したベビーケア製品を毎週ユーザに勧めしている。

この新たな機能は「weekly knowledge collection column(週刊情報コレクションコラム)」の最後に追加掲載されている。健康に関するトピックや記事に目を通した後、ユーザは簡単に写真をタップするだけで欲しい商品を購入することができる。

Chunyu Tianxiaによって昨年初めて展開されたアプリ、Chunyu Doctorは現在ユーザ数1000万を超える。同社はまだマネタイズを始めていないが、CEOのZhang Rui(張銳)氏によると、ユーザ全体の約40%が妊婦が、デイリーアクティブユーザの大部分を占めているという。

Chunyu Tianxia

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------