1000万ユーザーを超えたLINE Playは、アメーバピグにとって障害となるか

by Rick Martin Rick Martin on 2013.7.26

line_play_10_million-620x620

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今週はじめに登録ユーザー数が2億人というマイルストーンに達したLINEは、バーチャルな世界をつくるアプリケーション「LINE Play」が、リリースから8ヶ月で世界1000万ユーザーを達成したことを発表した [1],。

LINE Playは、1500万ユーザーを持つサイバーエージェントのバーチャル空間サービス「アメーバピグ」の後を追っている。このサービスの機能は、同じ種類の可愛らしいアバターたちを自分の好みに沿ってカスタマイズすることができ、バーチャル空間自体のスタイルも同様で、アバターがいる部屋を飾り付けることができたり、別の部屋を訪れることができる。

ある人はLINE Playは、モバイルからスタートしているため、あわててモバイルに対応しようとしているアメーバピグと対照的に明らかな優位に立っていると考えている。もちろん、LINEの社としてのグローバルなマインドセットが、より島国的であるサイバーエージェントと対照的であるというわけではない [2]。

これから8月4日まで、LINEはボーナスジェムとガチャイベントを含む特別なファンアプリケーションイベントをアプリ内で実施する。もしまだLINE Playを試していないのであれば、App Storeか、Google Playから無料で手に入れられる。もしくは、モバイルのバーチャルワールドを感じるために、以下のプロモーション映像を見てみるといいかもしれない。

LINEの成長と、LINE Playを含む広大なアプリのレパートリーについて、さらなる情報が欲しければこちらのインタラクティブな「LINE年表」をチェックしてもらいたい。2011年からのLINEの成長と、現在までのクロニクルを表現している。




※1. 読者の何人かは2億人のユーザーのうち、アクティブなユーザーはどれくらいなのかを尋ねた。LINEは、世界における月間アクティブユーザー数を提供していない。が、日本においては、2012年12月における月間のアクティブユーザー数は80.4%だという。↩

※2. サイバーエージェントは以前にも、同社のピコワールドを海外に押し出し、アメーバピグを日本の外にも拡大しようとした。しかし、残念なことに、イニシアチブをとることはかなわず、昨年の12月にサービスは閉鎖した。↩

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------