きせかえスマホアプリ「CocoPPa(ココッパ)」が中国のAndroidアプリマーケット「百度手機助手」で提供開始

by Junya Mori Junya Mori on 2013.12.6

CocoPPa

スマートフォンきせかえアプリ「CocoPPa(ココッパ)」を提供するユナイテッドは、同アプリのAndroid版を簡体字対応させ、バイドゥ(百度)との協業パートナーシップにより、中国最大級のAndroidアプリマーケットである「百度手機助手」で提供を開始したことを発表した。これにより、同アプリは中国のアプリ市場に本格進出することになる。

「CocoPPa」は、ユーザが投稿したアイコンや壁紙を使ってスマートフォンのホーム画面を自由にカスタマイズできるアプリ。これまでにも本誌で何度も紹介してきており、リリースから約14ヶ月が経過した2013年9月には世界で1500万ダウンロード数を突破している。海外でのダウンロード比率が8割を超える同アプリでは、海外の市場にどのように対応していくのかが非常に重要になる。

IDCの調べによれば、中国の2013年スマートフォン市場は、出荷台数が3億6千万台、OS別のシェアではAndroidが80%を超える見通しとなっているという。今回、中国最大級のAndroidアプリマーケットである「百度手機助手」でCocoPPaのAndroid版の提供を開始したことにより、さらに多くのユーザにリーチできる可能性が高まった。

これまでにもユナイテッドとバイドゥは、CocoPPa(ココッパ)とAndroid向け日本語入力アプリSimeji(シメジ)で協業するなど、業務提携を実施している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------