クラウドワークスが東証マザーズに上場へ

SHARE:
IMGP0701
クラウドワークス 創業者兼CEO 吉田浩一郎氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京証券取引所は今日、クラウドソーシング・プラットフォームを提供するクラウドワークスのマザーズ上場を承認したと発表した。公開予定日は12月12日、主幹事は大和証券が務める。

同社は2011年に設立、エンジニア、ライター、デザイナーを対象としたクラウドソーシング・サービスを提供しているほか、ヤフーベネッセコーポレーションなど大企業と提携した共同事業もスタートさせている。

同社の2013年9月期の営業収益(売上高)は前期比10倍超の5138万円、経常損失は1億5814万円、純損失は1億5900万円。現時点では赤字が続いている。

今年5月に THE BRIDGE が行ったインタビューで、クラウドワークスの 創業者兼CEO 吉田浩一郎氏は、同社のクラウドソーシング・プラットフォームを通じた2014年の年間流通総額は、20億円に上るだろうと明らかにしている。

<クラウドワークスのこれまでの軌跡(関連記事、一部抜粋)>