何にいくら使ってるか分かるサブスク管理アプリ「Minna」VISAなどから560万ユーロを調達

SHARE:

スクリーンショット 2019-05-21 13.21.43.png

ピックアップSwedish FinTech Minna Technologies raises €5.6M round to execute European expansion

ニュースサマリー:5月17日、サブスクリプション管理アプリを提供するスウェーデンのMinna TechnologiesはシリーズAラウンドでZenith Group、Visa、Swedbankから560万ユーロ(日本円で約6億8000万円)を調達した。

2015年に創業した同社は、オンラインバンクAPIを活用し、人々のサブスクリプション管理の効率化をサポートする。同社の公式ブログで、CEOのJoakim氏は今回の調達について次のようにコメントしている。

今回の資金調達は、私達のサービスの拡大とヨーロッパ市場でのプレゼンス向上を一層加速させることができます。多くの欧州の銀行がフィンテック企業とのパートナーシップを求め始めるにつれ、サブスクリプション管理プラットホームへの関心は劇的に高まっています。

スクリーンショット 2019-05-20 08.24.34.png

話題のポイント:近年、サブスクリプションサービスが大きな盛り上がりをみせる一方で、ユーザーは自身が何の定額サービスに登録し、いくら払っているのかなどの情報を管理することに苦労するようになっています。

そのため、Minnaのような管理サービスを利用したいと考えるユーザーは多いのではないでしょうか。実際、以前に紹介したAirbaseは、会社の財務管理用途で同類のアプリケーションを提供しています。

しかしMinna Technologiesがアプリを提供しているのは、実はサブスクリプションのサービスを利用しているエンドユーザーではなく、オンラインでのサービス拡大を狙う銀行です。銀行はAPIを提供し、サブスクリプションの管理サービスを利用したい顧客の獲得やユーザーの消費行動データの取得などのメリットを享受できます。

ユーザーはMinnaを利用することで、モバイル上でサブスクリプションサービスの登録・モニタリング・キャンセル・変更を行うことができます。Minnaはこれまで8000人のユーザーに対し10万件の課金停止、2万件の契約変更を実行させることに成功しているそうです。

----------[AD]----------