アプリ運用のヤプリが30億円の資金確保、累計ダウンロード数は3500万件突破

SHARE:

スクリーンショット 0001-06-17 8.46.39.png

アプリプラットフォーム「Yappli」を運営するヤプリは6月17日、Eight Roads Ventures Japanをリードとする資金調達ラウンドの実施を公表した。第三者割当増資と融資によるもので、全ての払込が完了すれば最大で30億円の資金調達となる。増資の引受先となったのはリード以外にSMBCベンチャーキャピタルと​既存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタルの各社。融資を担当したのはみずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫。第三者割当増資による調達が22億円で、融資が8億5000万円となる。出資比率については非公開。

同社はこれまでに上記既存投資家以外にもセールスフォース、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、個人投資家の川田尚吾氏らから10億円を調達している。

Yappliは2013年にサービス開始したアプリの開発・運用のプラットフォーム。プログラミングなどの知識がなくても、クラウド上で自社のECアプリなどの開発、リリース、運用が可能になる。

<参考記事>

これまでに300社以上が導入し、Yappli上で開発されたアプリケーションのダウンロード数は累計で3500万件を超える。同社リリースによるとSaaSテックカンパニーで重要指標とされる積み上げの売り上げについては前年度比で2倍、解約率は1%以下に留まる。今回調達した資金でプラットフォームの開発を拡大するほか、さらなる利用実績を積み上げるためにマーケティング活動への投資を実施する。

----------[AD]----------