DNX Ventures、既存投資先へのフォローオン投資に特化した40億円規模のファンドを設立——運用総額は約570億円に

SHARE:
DNX Ventures の皆さん
Image credit: Masaru Ikeda

【13日11時更新】LP に米子信用金庫を追加。

DNX Ventures は13日、同社2号ファンド(設立当時の名称は Draper Nexus 2号ファンド)のポートフォリオ(既存投資先)へのフォローオン投資に特化したファンドを組成したと発表した。新ファンドの通称は2号 Annex ファンドで、ファンド規模は約40億円。LP には、名前非開示の国内大手機関投資家2社、アドウェイズ(東証:2489)、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND、フジ・メディア・ホールディングス(東証:4676)、みずほ銀行、三井不動産(東証:8801)、三菱 UFJ 銀行、米子信用金庫など。

DNX Ventures は1号ファンド(設立当時の名称は Draper Nexus 1号ファンド)で4,700万米ドル、2号ファンドで1億7,200万米ドル(当初、125億円規模で組成し、後にオーバーサブスクライブ)、3号ファンドで約300億円規模のファンドをそれぞれ組成しており、今回発表の Annex ファンド(約40億円)で、DNX Ventures の累積運用総額は約570億円に達した。

2019年2月に開催されたイベントで、これまでのファンドの軌跡を説明する、マネージングディレクターの中垣徹二郎氏
Image credit: Masaru Ikeda

DNX Ventures のポートフォリオは日米を中心にスタートアップ100社以上。当該 Annex ファンドからは、データマーケティングのフロムスクラッチの シリーズ D ラウンド、建設業界向け施工管理 SaaS「&ANDPAD」のオクトのシリーズ B ラウンド、調剤薬局向けクラウド「Musubi」運営のカケハシのシリーズ B ラウンド、Salesforce 向けマーケティングオートメーション導入支援の toBe マーケティングのシリーズ C ラウンド、フィールドセールス支援 CRM の UPWARD のシリーズ E ラウンドに投資実行済としている。

スタートアップの資金需要拡大から、ポートフォリオのフォローオン投資に特化したファンドの組成がこのところ相次いでいる。グロービス・キャピタル・パートナーズは先週、同社のポートフォリオへのフォローオン投資に特化した40億円規模の5号ファンドの組成を発表。Coral Capitalは今日、既存投資先へのフォローオン投資に特化したグロースファンドの組成を発表したばかりだ

----------[AD]----------