長谷川潤氏率いるフィンテックスタートアップOpn、シリーズC+ラウンドで1.2億米ドル調達しユニコーンクラブ入り

SHARE:
右から:CEO の 長谷川潤氏と COO の Ezra Don Harinsut 氏
Image credit: Opn

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京やバンコクに拠点を置くフィンテックスタートアップ Opn(旧 Omise、旧 Synqa)は9日、シリーズ C+ ラウンドで1億2,000万米ドルを調達したことを明らかにした。ロイターは、この調達を受けて、同社がユニコーン(時価総額10億米ドル以上)となったと伝えている。日本では5社目のユニコーンとなる。

このラウンドに参加したのは、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、三菱 UFJ 銀行、Mars Growth Capital(三菱 UFJ フィナンシャル・グループとイスラエルの Liquidity Capital の合弁)。

同社は2013年、CEO の 長谷川潤氏と COO の Ezra Don Harinsut 氏により設立されたスタートアップだ(当時の社名は Omise)。2020年6月には、トヨタ自動車系列の複数企業、タイのサイアム商業銀行傘下にあるホールディングス企業 SCB 1OX などから8,000万米ドルを調達している

Opnの顧客には、トヨタ自動車やタイの免税店大手 King Power などがいる。主に日本や東南アジアで、マクドナルドやトヨタ自動車など7,000以上の加盟店にサービスを提供している。

Image credit: Opn

<Opn のこれまでの軌跡>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録