BRIDGE

タグ instagram

インスタにTwitter画像を貼り付けて爆発させる「ミーム(ネタ)クリエイター」たち

SHARE:

<ピックアップ:YOUNG PEOPLE STILL LOVE TWITTER — AS SCREENSHOTS ON INSTAGRAM> Instagram(以下、面倒なのでインスタ)の月間利用(MAU)が10億人を超えたそうです。主要な各ソーシャルメディアの推移はガイアックスさんのこちらのまとめが参考になりますが、Facebook連合がうまいことユーザーニーズを補完してる感があり…

manicpixiememequeen.png

<ピックアップ:YOUNG PEOPLE STILL LOVE TWITTER — AS SCREENSHOTS ON INSTAGRAM>

Instagram(以下、面倒なのでインスタ)の月間利用(MAU)が10億人を超えたそうです。主要な各ソーシャルメディアの推移はガイアックスさんのこちらのまとめが参考になりますが、Facebook連合がうまいことユーザーニーズを補完してる感があり、ティーン離れの話題についてもYouTube対抗「IGTV」を発表するなどソツのない展開をしております。

一方で、ユーザーの利用方法についてはそれぞれのソーシャルメディアの傾向を捉えたものに変化しつつあります。例えば何かひとつを使う、というよりはうまいこと組み合わせてエンゲージメントの最大化を図る、といったようなテクニックです。

例えばこちらの記事にあるように、20代ユーザーでTwitterやTumblrなどで自分の考えをテキストにまとめ、それをインスタに投稿するパターンがあるそうです。これはTwitterで文字数制限をクリアするためにメモで長文を書いてスクショ投稿する、という例とはまた異なる事例です。

取材を受けてるミームクリエイターはこんなコメントしてました。

「For some meme creators, Twitter and Tumblr are a canvas, while Instagram is the wall where they display their work.(インフルエンサー(ミーム・クリエイター)にとってTwitterとTumblrはキャンバスであり、インスタはそのお仕事を掲載する場所になってるの)」

面白いのはエンゲージメントの結果です。

インタビューによるとこのアカウント(@abuttwithaview)、インスタの方は5万人ほどのフォロワーがいてて、1投稿に対して2000ほどの反響があるそうなのですが、Twitterはフォロワー自体、1000人ほどしかおらず、投稿しても10人ぐらいが反応してる程度です。テキストが入るネタなんだったらTwitterの方が強そうなイメージですが、実際はビジュアル中心のインスタの方が伸びてると。

彼女も言及してますが、Twitterって本当に社会の速報なんですよね。個人的にはインスタはもうちょっとゆるくて、新しいネタを発見したり、独自の話題づくりの発信源のような印象あります。

なので、彼女のようにネタ素材そのままというより、(多分Tumblrかな)写真素材にテキスト乗っけてインスタに投稿、みたいな流れが出てきてるのではないでしょうか。テキストまで含めてあくまで素材を「ビジュアル」として共有させる強さがインスタにはありますね。

via The Verge

----------[AD]----------

インスタでレストラン予約して決済まで可能にーー「インスタペイメント」のテスト開始とインパクト

SHARE:

<ピックアップ:Instagram quietly launches payments for commerce> インスタで流れてきた美味しそうなハンバーグ写真から店を見つけて予約から決済まで完了、そんなことができるようになるみたいです。TechCrunchがレポートしてるInstagramのペイメントに関する話題なんですが、記事によれば一部ユーザーに対してクレジットカードやデビッド…

instapayment.001
Resy対応レストランにはReserveのメニューが/Image Credit : Instagram

<ピックアップ:Instagram quietly launches payments for commerce>

インスタで流れてきた美味しそうなハンバーグ写真から店を見つけて予約から決済まで完了、そんなことができるようになるみたいです。TechCrunchがレポートしてるInstagramのペイメントに関する話題なんですが、記事によれば一部ユーザーに対してクレジットカードやデビッドカードの登録が始まっているそう。

使えるのはレストラン予約のResyで、予約対応の店舗ページにいくとReserveのメニューが。ただこれは2017年3月に言及されているビジネス向けのInstagramの予約サービス機能で、運用が既に開始されているものなんですが、今回レポートされているのは、この後の決済までアプリ内で済ませることができる、というもののようです。

instapayment.002
Reserveメニューを選択すると予約ウィジェットが立ち上がる/Image Credit : Instagram

予約までは実際に遷移できるので、Resyに対応しているパートナーのレストランページから「Reserve」を実際に選択してみるとウィジェット(アプリ内ブラウザ)が立ち上がってResyの予約ページに移動します。予約時間などを指定するとおそらくこの先で決済するのですが、その際にInstagramが提供するペイメントが使えるということらしいです。

私は残念ながらペイメント機能の対象ユーザーではないので実際の登録まではできませんでしたが、Mashableでは具体的にレビューしてて、Resy側にとってはこの事前決済でノーショー(無断キャンセル)の防止を目的にしているとコメントしてありました。

instapayment.003
Shop Nowに対応しているCoachのページ/Image Credit : Instagram

Instagramでは予約以外にも「Shop Now」というショッピングメニューが追加されていて、投稿されている画像に載っているアイテムにタグをつけてそこから導線を引くという機能をリリースしています。ただ、実際に遷移させてみるとわかる通り、最後の決済はそれぞれのショップのクレカ登録が必要になるので、ややハードル高めです。ここがもしクリアされるなら、Amazonのワンクリックに近い体験で購入が可能になるでしょう。ブランド品のワンクリックは恐怖しかありません。

キーワード検索と異なり、定性的なアイテム検索(美味しそうとかカワイイ、気持ち良さそうなど)に向いてるインスタ検索ですからこの決済は日本にもやってくれば相当にインパクトあるんじゃないでしょうか。

via TechCrumch / Mashable

----------[AD]----------

Instagramがハッシュタグフォローをテスト中、タイムラインが大きく変わりそう

SHARE:

<ピックアップ> Instagram tests letting you follow hashtags instead of people 最近は近しい年代の方々もメインの投稿先になりつつあるInstagramですが、写真中心ということもあってか特定個人をフォローするとなかなかこうその方の個性が色濃く出てしまうタイムラインになりがちです。 その人とは仲良いけど、その人が今日食ったスー…

instagram

<ピックアップ> Instagram tests letting you follow hashtags instead of people

最近は近しい年代の方々もメインの投稿先になりつつあるInstagramですが、写真中心ということもあってか特定個人をフォローするとなかなかこうその方の個性が色濃く出てしまうタイムラインになりがちです。

その人とは仲良いけど、その人が今日食ったスープカレーの写真は別に見たくないっていうか、アンタこの前も食べてたんじゃなかったけ食生活大丈夫?とか心配になってしまうわけです。結果、一定年齢層の友人知人が多いとタイムラインが子供と食い物で占領されるという「加齢インスタあるある」が発生します。

そんな時に役立つのがハッシュタグです。強調コメントっぽい感じで使われることも多くなりましたが、タグ検索ももちろん便利で、ここから新しいインスタグラマを見つけてフォローすると加齢タイムラインに悩むことがなくなります。ただ一方でソーシャルグラフでもあることから有名インスタグラマはいざ知らず「なんとなく知らない人をバンバンフォローする」ことにやや抵抗感がある人もいるかもしれません。

見知らぬ他人の生活覗き見するのが好きなオッサンとかもうアレですよね。

ということを考えたかどうかは全くわかりませんが、Instagramが現在「ハッシュタグ」そのものをフォローできる機能をテストしているそうです。これはいい。

The Next Webが見つけた情報によると、一部ユーザーに対して「ハッシュタグをフォロー」という機能を提供しているのだとか。TNW編集部のメンバーも対象者が含まれていたものの現時点で正式なアナウンスはないようなので、どこかのタイミングで発表されるか、しれっとなくなるかいずれかのように思われます。

via THE NEXT WEB

----------[AD]----------

ティーンのFacebook離れ、SnapchatとInstagramへの移動傾向が再来か

SHARE:

8月といえばドラマの再放送シーズンだが、今回はインターネット上で起きている。Snap や Instagram などのホットで新しいソーシャルメディアの勢いにおされて、若い世代の Facebook 離れが起きていると多くの人が騒ぎ出すドラマのことだ。 このドラマは最初に2013年に流れたものだ。当時マーク・ザッカーバーグ CEO は若いユーザーの伸びが期待してるよりも緩やかであることを認めた。この発…

2017年4月のF8に登壇したマーク・ザッカーバーグCEO
Image Credit: Screenshot

8月といえばドラマの再放送シーズンだが、今回はインターネット上で起きている。Snap や Instagram などのホットで新しいソーシャルメディアの勢いにおされて、若い世代の Facebook 離れが起きていると多くの人が騒ぎ出すドラマのことだ。

このドラマは最初に2013年に流れたものだ。当時マーク・ザッカーバーグ CEO は若いユーザーの伸びが期待してるよりも緩やかであることを認めた。この発言がきっかけで、ネット上には Facebook の終焉を予期するような記事があふれ出した。

葬り去られた! クールじゃない! ティーンのいない場所!

そんな不安は無用だった。2017年、Facebook は8億というとんでもないユーザー数を有している。

だが、eMarketer は21日、最近出したレポートにおいてこうしたティーンの動きについて再び言及している。

eMarketer は、アメリカにおける12-17歳、18-24歳の Facebook の月間ユーザーの予測を低減した。だが、同年齢層における Snapchat と Instagram の推測使用量はそのままか、またはより高く調整した。若いソーシャルネットワークユーザーは、他のプラットフォームを好む結果、Facebook から離れつつある。

eMarketer はレポートにおいて、Facebook の12-17歳のユーザー数は2016年に比べて3.4パーセント減少していると述べている。これは、年間のユーザー数が減少した二度目の例で、2015年から2016年にかけての1.2パーセントの減少率をさらに上回るものだ。さらに、12歳以下と18-24歳のユーザー数の伸び率も緩やかになっているとレポートは指摘している。

eMarketer のシニアアナリスト、オスカー・オロズコ氏は次のようにコメントする。

ティーンと10-12歳のユーザーは Snapchat と Instagram が移動する傾向にあります。どちらのプラットフォームも、この世代のコミュニケーション方法、つまり視覚的なコンテンツを使う方法をつかんでおり、この年齢層で成功しています。Facebook を離れていないユーザーも、この年齢層で Facebook に残っているユーザーは、ログインの頻度や滞在時間が少ないなど、エンゲージメントが少ない傾向が見られます。

ご存知の通り、Facebook は Instagram を2012年に買収している。eMarketer は、Instagram は2017年には23.8パーセント成長すると推測している。一方、Snapchat は今年初めの IPO 以来難しい時期を過ごしてているが、eMarketer が Snapchat の短期的なユーザー数の成長予測率を上方修正しているのは期待あふれるニュースだ。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Snapchatの人気機能を次々に真似るInstagram、今度は面白おかしいAR顔用フィルターを追加

SHARE:

<ピックアップ> Sorry, Snapchat, Instagram now has fun face filters, too “ストーリーズ”など、Snapchatの機能を着々と真似するInstagramが、今度はARを使った顔用フィルターを追加した。フィルターを使うことで、ユーザは頭の上に冠をのせたり、ゾンビや犬に変身したりできる。 同様の機能は、Snapchatで…

<ピックアップ> Sorry, Snapchat, Instagram now has fun face filters, too

“ストーリーズ”など、Snapchatの機能を着々と真似するInstagramが、今度はARを使った顔用フィルターを追加した。フィルターを使うことで、ユーザは頭の上に冠をのせたり、ゾンビや犬に変身したりできる。

同様の機能は、Snapchatではレンズと呼ばれるもの。Facebookは、以前に同様の技術を開発する企業を買収しており、Facebookの主要アプリでも順次リリースしている。

Snapchatのストーリーズに真似た機能をInstagramがリリースしたのは、2016年8月のこと。それから1年未満で、Instagram版ストーリーズのユーザ数はSnapchatの全ユーザ数を上回っている。

相次ぐInstagramによる機能コピーについて、SnapのCEOであるEvan Spiegel氏はRecodeのインタビューに答えている。素晴らしいプロダクトをつくっていれば真似られることは避けられず、真似られることを楽しむくらいの心構えが必要だと。

「例えば、Yahooに検索ボックスがあるからといって、彼らがGoogleになるわけではない」

と強気の発言をした。

だが、心中穏やかではないのではないだろう。一週間ほど前に明らかになったSnapの初決算は、ウォールストリーの期待を大幅に裏切り、株価は延長取引時間に20%以上下落した。ユーザ数の伸びも鈍化しており、その要因のひとつにInstagramがあることは言うまでもない。

Instagramの顔用フィルターは、世界のiOSとAndroidの両プラットフォームで同時リリースされている。

via. Recode

----------[AD]----------

5年前にFacebookがInstagramを10億ドルで買収したことがもたらした「価値」とは?

SHARE:

<ピックアップ>Here’s why Facebook’s $1 billion Instagram acquisition was such a great deal FacebookがInstagramを10億ドルで買収したのは、2012年4月9日、今から5年前のことだ。 IPO前のFacebookが(同社は2012年5月にIPO)、当時はまだ13名の社員が働く小さなチームであったInstag…

Instagramのコーファウンダー、Kevin Systrom氏、via Flickr by “OFFICIAL LEWEB PHOTOS“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Here’s why Facebook’s $1 billion Instagram acquisition was such a great deal

FacebookがInstagramを10億ドルで買収したのは、2012年4月9日、今から5年前のことだ。

IPO前のFacebookが(同社は2012年5月にIPO)、当時はまだ13名の社員が働く小さなチームであったInstagramを10億ドルで買収したことは、業界に大きな衝撃を与えた。高すぎる買収ではないかと懐疑的な声もあったが、その後Instagramはユーザー数を6億まで成長させ、広告収益もまた成長させている

FacebookによるInstagramの買収がもたらした価値について、Re/codeが紹介していた『Becoming Facebook』という著書を上梓したマーク・ホフリンガー氏のコメントが興味深かった。

ホフリンガー氏は、FacebookのInstagramの買収はシリコンバレーの起業家に対して「大きな成長を成し遂げたいのであれば、Facebookはシリコンバレーで最高の場所だ」というメッセージを与えたのだとコメントする。

Instagram買収のストーリーによって「ザッカーバーグは成長と影響力を成し遂げるというビジョンを、過剰な干渉なしに実現できることを証明した」とホフリンガー氏は続ける。それによって、大きなビジョンを実現したい起業家などの人材を惹きつけ、その後のWhatsAppやOculusの買収にもつながったのだと力説する。

Instagram買収の「真の価値」は、「世界で最高の人材が、ザッカーバーグ氏のチームに加わりたいと強く願うようになったこと」であるというホフリンガー氏の分析が正しければ、10億ドルの買収は決して高い買い物ではなかったのかもしれない。

via. Re/code

----------[AD]----------

Instagramの広告主が50万件を突破、直近7カ月で倍増

SHARE:

Instagramは自社製品を販売するためのプラットフォームとして50万人以上の広告主が利用していると発表した。 今回のマイルストーンは、Facebook傘下の写真とビデオ共有サービスが20万の広告主を獲得したと発表してから7カ月後の出来事となる。つまり、2月以降の成長率は約150%にも到達していることを意味している。Instagram側が与えた数字が「以上」となっているので、成長数値の正確な値を…

Instagramは自社製品を販売するためのプラットフォームとして50万人以上の広告主が利用していると発表した。

今回のマイルストーンは、Facebook傘下の写真とビデオ共有サービスが20万の広告主を獲得したと発表してから7カ月後の出来事となる。つまり、2月以降の成長率は約150%にも到達していることを意味している。Instagram側が与えた数字が「以上」となっているので、成長数値の正確な値を求めるには議論の余地があるが、約半年で倍以上になっていることは間違いないだろう。

Instagramが米国での広告掲載を許可したのは2013年に遡る。そしてそれから三年間で申し込みと市場性を拡大させてきた。広告事業が拡大するにつれ、ユーザーベースも同様に拡大している。同社は最近、5億ユーザーを獲得しており、その3分の2のユーザーは毎日サービスを利用している。

同社はInstagram広告の利用で上位を占める国として米国、ブラジル、英国、オーストラリア、カナダを上げている。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

Instagramがついに写真のズーム機能を搭載、フィードにいながら気になる写真をピンチしてズームイン

SHARE:

<ピックアップ>  Instagram finally lets you zoom in on photos 米国時間の8月31日、InstagramのiOSアプリに写真のズーム機能が加わりました。フィード上の写真、プロファイル写真などに対応。流れてきた写真をピンチすると、フィードにいるまま写真を拡大してみることができます。 Today we’re bringing ZOOM to I…

image via. Instagram
image via. Instagram

<ピックアップ>  Instagram finally lets you zoom in on photos

米国時間の8月31日、InstagramのiOSアプリに写真のズーム機能が加わりました。フィード上の写真、プロファイル写真などに対応。流れてきた写真をピンチすると、フィードにいるまま写真を拡大してみることができます。

TheNextWebの元記事では、複数アカウントの対応や今回のズーム機能など、InstagramがSNSセレブのためのプラットフォームから、写真のプロフェッショナルをも対象としたプラットフォームへと進化していると指摘しています。

写真を写真として純粋に楽しむ目的ならズーム機能は必須なのでしょうが、SNSとして楽しまれるInstagramの場合、そんな基礎的な機能がリリースから6年も経って追加されていて興味深いです。

今回のアップデートはiOSのみですが、今後数週間のうちにAndroidもアップデートされる予定です。

via. The Next Web

----------[AD]----------

ferretがnotariと提携して企業のInstagram運用をサポートする解析ツール「ナビスタ」をリリース

SHARE:

Web マーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Instagram(インスタグラム)解析ツールの「Aista(アイスタ)」を開発するnotariとの業務提携を発表した。両社は企業のInstagram運用をサポートする「ナビスタ」をリリースする。 Instagramは今月、世界で5億ユーザを突破した。そのうち、3分の2にあたる3億人が同サービスをアクティブに…

13549008_1116173705108390_890527814_o

Web マーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Instagram(インスタグラム)解析ツールの「Aista(アイスタ)」を開発するnotariとの業務提携を発表した。両社は企業のInstagram運用をサポートする「ナビスタ」をリリースする。

Instagramは今月、世界で5億ユーザを突破した。そのうち、3分の2にあたる3億人が同サービスをアクティブに利用している。国内でもInstagramの利用者数は増加しており、企業アカウントも増加している。一方で、どう運用すればいいか把握できている企業は少ない。

Instagramのユーザーが5億人を突破、デイリーユーザーは3億人、8割が合衆国外に在住

notariは、2015年5月にInstagram解析ツールの「Aista(アイスタ)」をリリース。1年ほどで700の企業がアカウントを開設している。Instagram解析の技術を持つ同社と、32万人のマーケティングに関心のある会員が集まるferretが業務提携することで、より広い人々に対してInstagram解析を提供する。「ferret」の編集長の飯髙悠太氏は、

飯髙氏「Instagram関連の記事は会員からの注目度が高まっていました。ferretとしては会員の方々のために何かできないか、と考えていたんです。既存の解析ツールは、高機能・多機能のものが多く、これがferretの会員にとってフィットするわけではありません。コストが高いですし、使いこなせませんあら。もう少しシンプルな解析ツールがいいと考え、notariと提携することにしました」

と、notariとの提携に至った経緯について語る。両社の提携によって生まれた「ナビスタ」は、全てのInstagramアカウントを分析できるツール。自社だけでなく、競合アカウントのフォロワー・投稿・いいね数、エンゲージメント率をグラフ化で可視化し、ジャンルごとの人気ハッシュタグが簡単に検索可能となっている。自社だけでなく、他社やインフルエンサーのアカウントも同じように分析可能だという。

13509618_1116173685108392_2138933138_o

「ナビスタ」の利用は、初期費用は無料で、10日間はトライアル利用期間となる。トライアル期間が終了すると、自社アカウントのみ解析可能。月額3000円でプロ版が利用でき、トライアル期間以降も自社・競合・著名人アカウントのフォロワー・投稿・いいね数・エンゲージメント率などすべてのデータが閲覧できる他、CSVでデータのダウンロード可能だ。

notari代表取締役の今城博史氏は、「ferretと提携して『ナビスタ』を開発したことで、より多くの人にInstagram解析ツールを使ってもらえたら」とコメント。「ナビスタ」は、年内で3000社の導入数を目指す。この数字が達成できれば、「Aista」で獲得してきたユーザ数を大きく伸ばすことになる。

飯高氏は、「ferretは、ウェブマーケティングの大衆化のために他社と組み、色々なツールを提供していきたいと考えています。使いやすく、ちょっと始めてみたい人向けの価格設定で。」とferretの今後の展望についても語った。

左:ferret編集長 飯髙悠太 氏 右:notari代表取締役 今城博史氏
左:ferret編集長 飯髙悠太 氏
右:notari代表取締役 今城博史氏
----------[AD]----------

Instagramのユーザーが5億人を突破、デイリーユーザーは3億人、8割が合衆国外に在住

SHARE:

Instagramが5億ユーザー突破を発表した。ーーそしてその3分の2にあたる3億人がこのフォト・ビデオシェアリングサービスを毎日利用しているという。 これは前回のマイルストーンである4億人ユーザーを発表してから9カ月後のことであり、Facebookが同社を10億ドルで買収してから4年での達成となった。ちなみに買収当時のInstagramユーザー数は3000万人だ。 5億人ユーザーは確かに巨大だ。…

Above: Instagram Cake・Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

Instagramが5億ユーザー突破を発表した。ーーそしてその3分の2にあたる3億人がこのフォト・ビデオシェアリングサービスを毎日利用しているという。

これは前回のマイルストーンである4億人ユーザーを発表してから9カ月後のことであり、Facebookが同社を10億ドルで買収してから4年での達成となった。ちなみに買収当時のInstagramユーザー数は3000万人だ。

5億人ユーザーは確かに巨大だ。しかしこの数字はFacebookそのものと比較するとやはり色褪せる。こちらは20億人に肉薄しており、またWhatsApp、こちらもFacebookが200億ドル近くで買収したサービスだが、こちらは最近10億人を達成したばかりだ。

Instagramの成長のほとんどは国際的な市場からもたらされた。今日、発表された内容によると、8割ものユーザーが誕生の地である合衆国の外に在住しているユーザーなのだという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------