導入は650社に、人事評価クラウド「HRBrain」が未来創生ファンドから約6億円を調達

SHARE:

Screenshot 2020-01-21 at 05.55.19

人事評価クラウド「HRBrain」は1月17日、スパークス・グループが運営する「未来創生2号ファンド」 を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。投資ラウンドはシリーズBで、調達した資金は約6億円。同社の累計資金調達額は、約12億円となる。今回の資金調達により開発・マーケティング体制の拡充と、事業基盤の強化を図るとしている。

HRBrainはこれまで企業が紙や表計算ソフトなどで管理してきた、人事評価プロセスを効率化するクラウドサービス。目標シートの記入から人事担当者による評価管理までをクラウドで一元化することで、人事担当者の評価業務における作業を効率化し、蓄積されていくデータを元に効果的な人事戦略が可能となる。2017年1月のリリースから650社以上が活用している。

今後は機能拡充を進めつつ、新たに従業員のデータベース機能やアナリティクス機能等の提供を進めていく。

via PR TIMES