春節明けの今週、中国ではリモートワーク拡大でビジネスSaaSへのトラフィックが急増

SHARE:
WeChat Work(企業微信)
Tencent(騰訊)

今週10日は中国で春節の長期休暇から仕事に戻った初日であり、リモートで作業する何億人ものトラフィックが大量に発生したため、「DingTalk(釘釘)」や「WeChat Work(企業微信)」などのビジネス生産性プラットフォームに一時的な麻痺を引き起こした。

重要視すべき理由:中国のほとんどの企業は10日(月)に業務を再開したが、多くの企業は現在の新型コロナウイルスの拡散を防ぐための予防措置を講じ、従業員に在宅勤務を義務付けた。

  • 企業は通常業務への復帰を待ち、バーチャルワークスペースと会議ツールに大きく依存している。

詳細情報:Tencent(騰訊)のビジネスコミュニケーション・オフィスコラボレーションツール「WeChat Work」や Alibaba(阿里巴巴)の仮想ワークスペースアプリ「DingTalk」など、人気アプリのトラフィックの前例のない急増により、10日には一時的に問題が発生した。仕事に戻った初日、多くのユーザが接続の問題について不満を申告した。

  • DingTalk によると、ビデオ会議のトラフィックは10日の午前9時に過去最高を記録した。この急増は接続性の問題と不具合を引き起こしたがすぐに復旧した、と同社は Weibo(微博)の公式アカウントで述べている。同社は10日、中国企業数千万社の従業員2億人以上がリモートワークを実施したと述べた
  • WeChat Workは、多くのユーザが10日に不満を申告した接続の問題に対処すべく、声明も発表した。 WeChat Work は先週、一会議あたり300人まで参加できるように、音声ビデオ会議ツールの能力を増強したことを発表していた

背景:中国では、メッセージングや生産性ツールなどの企業向けテクノロジーがますます普及している。コロナウイルスの発生と、かつてないほどの数のリモートワークを余儀なくされた労働者がストレステストとなった。

  • リモートワーカーの急増は、一時的であれ、サービスプロバイダーが新ユーザを獲得する予期しない機会を生み出している。 DingTalk、WeChat Work、Bytedance(字節跳動)の「Feishu(飛書)」、Huawei Cloud(華為雲)の「WeLink」らは、コミュニケーションビデオ会議機能の一部を無料で利用できるようにした。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------