ファッションサブスク「airCloset」、東証グロースに上場へ

SHARE:
Image credit: AirCloset

ファッションレンタルおよび販売サービスを提供するエアークローゼットは24日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し、承認されたことを発表した。市場区分はグロースで証券コードは9557。73万3,000株を公募し、13万6,700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは13万株。主要幹事はみずほ証券が務め、上場予定日は7月29日。

価格の仮条件は7月11日に決定し、ブックビルディング期間は7月12日から19日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は7月20日。

公募を含む上場時の発行済み株式総数が737万6,000株で、想定価格の870円から算出した企業評価額はおよそ64億円規模。同社公開の有価証券届出書によれば、2021年6月期の通期売上高は28億8,705万円で経常利益は2,935万円となっている。

2014年7月に設立されたエアークローゼットは、ファッション領域をはじめとしたレンタルサービスを提供。設立同月より月額制でスタイリストがコーディネートした洋服が届く「airCloset」を提供。その後、2016年10月には実店舗型のレンタルショップ「airCloset × ABLE」、2020年4月には月額制のレンタルモール「airCloset Mall」を開始した。

主要な株主は、創業者で代表取締役の天沼聰氏が17.8%、Monoful Pte.Ltd. が14.28%、寺田倉庫が10.92%、住友商事(東証:8053)が10.3%、SIG Asia Fund IV, LLLP が10.30%、ジャフコ(東証:8595)が8.75%、取締役副社長の前川祐介氏が4.01%、サムライインキュベートが3.50%、取締役の小谷翔一氏が2.06%、SMBC ベンチャーキャピタルが2.06%、中園化学が2.04%と続く。

<エアークローゼットのこれまでの軌跡>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録