THE BRIDGE

タグ YouTube

YouTubeとの差別化はさらに明確化する?ーーVimeoがイスラエルの動画制作サービス「Magisto」を買収

SHARE:

ピックアップ:Vimeo has acquired short-form video-creation platform Magisto, reportedly for $200M ニュースサマリー:クリエイター向け動画共有サービスのVimeoは4月15日、イスラエル発のスタートアップ「Magisto」を買収した。同社はサブスクリプション型でクリエイター向けに編集ツールや音源を提供しており、100…

スクリーンショット 0031-05-03 9.04.47.png

ピックアップVimeo has acquired short-form video-creation platform Magisto, reportedly for $200M

ニュースサマリー:クリエイター向け動画共有サービスのVimeoは4月15日、イスラエル発のスタートアップ「Magisto」を買収した。同社はサブスクリプション型でクリエイター向けに編集ツールや音源を提供しており、100万人のユーザー数を持つ。

月額4.99ドル、9.99ドルまたは34.99ドルで提供し、クリエイターは個人の使用用途によって自由に選択することが出来る。Webサービスのほか、iOS・Android向けのアプリからも利用することが可能だ。

話題のポイント:Magistoの最大の特徴は、誰でも気軽に動画のクリエーションを可能とする点にあります。同社が提供するプラットフォーム(またはアプリ)を用いれば、動画と音源、また希望するシチュエーションなどを組み合わせるだけで独自AIが自動で動画を作成してくれます。

Vimeoが公開したブログによれば、Magistoの機能はVimeoプラットフォームにインテグレーションされるため、同プラットフォーム内において動画作成から投稿まで完全なシームレスになるとしています。

よく動画プラットフォームとしてVimeoとYouTubeが比較されますが、端的な違いでいえばVimeoには自身で制作した動画コンテンツ以外はアップロードすることが出来ません。そのため、Vimeoにはプラットフォームとして”クリエイターを支援していこう“というカルチャーが根付いています。

一例をあげると、例えばVimeoに所属するクリエイターがキュレーションする「STAFF PICKS」などでは、クリエイターの知名度ではなくそのクリエーションで判断されるコミュニティーを作り上げています。

Capture.PNG

また、上図のように自身のコミュニティー内で動画をシェアし、フィードバックを受けることが可能で、専門的な技術やスキルの向上を図ることが出来ます。加えて動画は、プレゼンテーションのように1コマずつ画像化することも可能なため、容量を気にせずシェアすることもできます。

YouTubeを広告的なビジネスプラットフォームとして見るならば、Vimeoはさしずめ動画クリエイターが技術を学ぶプラットフォームと言えるでしょうか。今回のMagistoの買収によってその傾向はさらに強くなりそうです。両社の統合でどのようなシナジーが生まれてくるのか楽しみです。

----------[AD]----------

YouTube、安全なコンテンツを人がキュレーションする子供向けアプリをリリース予定か

SHARE:

YouTubeは、これまで度々、子供向けアプリのコンテンツに不適切なものが含まれていることについて批判を浴びてきたが、BuzzFeedの報道によると、今後数ヶ月以内にアルゴリズムに依らない、人が安全なコンテンツをキュレーションする形の子供向けアプリがリリースされる予定であるという。 つい先月にも、既存の子供向けアプリYouTube Kids上で、不適切なコンテンツは除外するという方針にも関わらず、…

Image Credit: Christian Wiediger via Unsplash

YouTubeは、これまで度々、子供向けアプリのコンテンツに不適切なものが含まれていることについて批判を浴びてきたが、BuzzFeedの報道によると、今後数ヶ月以内にアルゴリズムに依らない、人が安全なコンテンツをキュレーションする形の子供向けアプリがリリースされる予定であるという。

つい先月にも、既存の子供向けアプリYouTube Kids上で、不適切なコンテンツは除外するという方針にも関わらず、陰謀論の動画が含まれているという報道が注目を集めていた。そうした動画には、「地球は平坦である、人類による月面着陸はなかった、地球は異星人によって支配されている」というような内容が含まれている。

こうした報道に対して、子供向けのコンテンツのみが表示されるようなアルゴリズムを組んでいるものの、「時に看過ごしてしまうこともあります」とYouTubeも取材で語っていた。

「エルサゲート」で浮き彫りになったプラットフォームの問題

批判は最近始まったことではない。「エルサゲート」という言葉とともに、YouTube上の子供向け動画に不適切なコンテンツが含まれている実態が浮き彫りになったとは昨年のことだ。

人気ディズニー映画の『アナと雪の女王』のエルサと不祥事を指すゲートを組み合わせた造語「エルサゲート」は、ディズニーのキャラクターなどを、アニメの登場人物を使って「純真さ、無害さ」を装いながら、実際には過激な性的描写、小児性愛や暴力が含まれるコンテンツがYouTube上で拡散されている現象を指している。

これまでYouTubeは、子供にとって有害な内容をプラットフォーム上から除外するべく、様々な措置をとってきた。不適切な動画に対して広告を禁止したり、アルゴリズムではなく人による監視を取り入れてきた。昨年11月の段階で、YouTubeは270のアカウントと15万件以上の動画を削除したという。広告主側の企業もまた、この問題が浮上してから、YouTube上から広告を引き上げるという措置を取っていた。

昨年12月には、不適切な動画を削除するために1万人のスタッフを雇用する計画をYouTubeは発表している。また、先月には人気の陰謀論動画に対しては、Wikipediaの情報を追加することで、別の視点を提供するといった対応もスタートさせた。

こうした対策を取る一方で、今度はコンテンツをチェックするスタッフのメンタルヘルスをいかにケアするか、という新たな問題も出ており、先月にはチェックするスタッフが動画を視聴する時間を1日4時間までに制限するというルールをスタートしたと、同社のスーザン・ウォシッキーCEOは発表した

今回報道された新たなアプリのリリースについてはYouTube側の正式発表はまだないが、問題の解決までにはまだ時間がかかりそうだ。

参照:YouTube will reportedly release a kids’ app curated by humans(The Verge)

----------[AD]----------

YouTuberに新たなマネタイズ方法を提供する、ファンによる投げ銭コメント「Super Chat」

SHARE:

<ピックアップ>  YouTube launches Super Chat, a tool that lets you pay to pin comments on live streams YouTubeが新機能「Super Chat」を発表した。ライブ配信に対して視聴者がコメントするための仕組みで、ライブ配信するクリエイター(YouTuber)にとってはマネタイズの手段となる。 近いうち、ライ…

YouTubeの新機能「Super Chat」

<ピックアップ>  YouTube launches Super Chat, a tool that lets you pay to pin comments on live streams

YouTubeが新機能「Super Chat」を発表した。ライブ配信に対して視聴者がコメントするための仕組みで、ライブ配信するクリエイター(YouTuber)にとってはマネタイズの手段となる。

近いうち、ライブ配信を開始すると、チャットウィンドウにドルマークが表示されるようになる。このボタンを押下すると、クリエイターに対して好きな金額を支払うスライダーが現れる。金額が大きければ大きいほど、コメントが表示されている期間と文字数ともに長くなる仕組み。

Super Chatは、Fan Fundingの改良版だと言える。ファンにとって憧れのクリエイターにリアルタイムに連絡できる手段になる。また、クリエイターは、熱烈なファンからの特定のメッセージを優先順位を上げて表示することができるという。

ベータ版としてグローバルにリリースされたSuper Chatだが、1月31日にはより広範囲にまで拡大する予定だ。

via. The Verge

----------[AD]----------

YouTube がミュージシャン向けプラットフォーム BandPage を買収

SHARE:

YouTube はオンラインミュージックプラットフォームの BandPage を買収した(編集部注:原文掲載2月12日)。買収額は公開されておらず、BandPage が今後の過程でサービスを終了するかどうかについても触れられていない。 BandPage はミュージシャンがファンとつながったり、Facebook上で音楽をプロモーションできるようにするマーケティングプラットフォームだ。その人気のソーシ…

Image Credit: Screenshot
Image Credit: Screenshot

YouTube はオンラインミュージックプラットフォームの BandPage買収した(編集部注:原文掲載2月12日)。買収額は公開されておらず、BandPage が今後の過程でサービスを終了するかどうかについても触れられていない。

BandPage はミュージシャンがファンとつながったり、Facebook上で音楽をプロモーションできるようにするマーケティングプラットフォームだ。その人気のソーシャルネットワークサービス以外にも、BangPage Everywhere というプロダクトを提供しており、それを使うとミュージシャンはウェブサイトを立ち上げたり、数回のクリックだけでその他のプロモーションサイトをアップデートすることができる。BandPageの有する価値は、アーティストが自身のミュージックビデオをGoogleが所有するソーシャルネットワークに投稿でき、瞬時に他のオンラインサイトにも配信できるYouTubeとシナジーを生みやすい。

これまでの過程で、BandPageはFacebookを超えて、SpotifyNing、SoundCloud、StubHub、Rdio、iHeartRadio、Twitter へと提携を広げていった。

これは思いつきの買収ではなく、両者が共通の結びつきをもっているからこそ実現したものだ。Googleのバイスプレジデントであり、Project LoonのプロジェクトリーダーのMike Cassidy はBandPageのアドバイザーだ。

公式ブログの投稿で、BandPageは次のように述べている。「ミュージシャンがよりファンベースを拡大し、世界最大のデジタル音楽サービスにおいて収益を増大できるようになることを目指しています。YouTubeのチームの力に加わることによって、アーティストがかつてないほどのパワフルな方法でファンにリーチする手助けをします。」

「YouTubeは既にアーティストが発掘されるグローバルな配信プラットフォームを提供していますし、ミュージシャンやその他のクリエイターにとって最高の自己出版ツールのいくつかを提供しています。私たちのチームは、ミュージシャンがYouTube上で成功するために役立つようなことを数多く計画しており、BandPageのネットワーク上でもさらに広く成功できるようにします」とブログの投稿は続けている。「私たち双方のゴールは同じです。つまり、デジタル音楽サービスのオープンなネットワークを成長させること、そしてアーティストのコンテンツと販売を管理・配信する新しいスマートなツールを開発すること、そしてYouTubeとさらにそれを超えて全てのミュージシャンが新しい収益を生み出せるような機会をつくることです。」

BandPageは自社プラットフォーム上に50万以上のミュージシャンを有していると発表している。アリシア・キーズ、ビヨンセ、ブルース・スプリングスティーン、キャリー・アンダーウッド、ジョン・レジェンド、ジャスティン・ティンバーレイク、Maroon5、P!nk、アッシャー、スヌープ・ドッグ、リアーナ、ポール・マッカートニーも登録ミュージシャンに入っている。

2009年の創業以来、BandPageは2760万ドルを調達した。投資家には、GGV Capital、IDG Ventures USA、Mohr Davidow Ventures、Northgate Capital、Walden Venture Capitalとさらに数名の個人投資家が含まれる。競合は AAMPP、Sound Rink、Listener Approved、BandCapなどだ。

Googleにコメントを求めているが、回答が得られ次第更新したい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

YouTubeがゲーム実況を夏に開始、スター「YouTuber」は年間5億円を稼ぐ

SHARE:

<ピックアップ>YouTube Gaming app is coming this summer ゲーム関連のエキスポ、E3でGoogleが新たなYouTubeサービスを発表しましたね。Amazonが買収したTwitchタイプのゲーム実況を含む総合ゲームライブストリーミングサービスになるということで、アプリも提供される予定。今年の夏に米英で開始されるそうです。TwitchのMAUが1億…

youtube-gaming
上:YouTubeが発表したYouTube Gaming / Image Credit: Google

<ピックアップ>YouTube Gaming app is coming this summer

ゲーム関連のエキスポ、E3でGoogleが新たなYouTubeサービスを発表しましたね。Amazonが買収したTwitchタイプのゲーム実況を含む総合ゲームライブストリーミングサービスになるということで、アプリも提供される予定。今年の夏に米英で開始されるそうです。TwitchのMAUが1億人ということですので、この数字をクリアできるのかが興味深いポイントになりそうですね。

もう一つ気になる点がいわゆる「YouTuber」の存在です。現在、YouTube上で最も稼いでると言われているのがこの1989年生まれのスウェーデン人、通称「PewDiePie」こと、Felix Arvid Ulf Kjellberg氏。購読者数は3700万人で再生回数は現時点で90億回、2013年の広告セールス(ネットかグロスかはちょっと不明)は400万ドル(約4億8000万円)というYouTuber界のトップアイドルです。※ちなみに彼の彼女も540万人の購読者数を持つYouTuberだそうです。

もちろんのことながら彼もTwitchにアカウントを開設しており、両方でどのように使い分けるのか、はたまたこういうスタープレーヤーの取り合いが始まるのか、プラットフォームが増えた際にどういった差別化が見られるのかも興味深いところであります。

via VentureBeat

----------[AD]----------

2015年、動画広告を出す広告主の多くはYouTubeよりもFacebookを選ぶという調査結果

SHARE:

本日発表の調査報告書によると、マーケティング担当者の多くは、今年広告キャンペーンを張る際YouTubeよりもFacebookを選ぶだろうとしている(編集部注:原文掲載4月7日)。 「動画広告の状況:Facebookの台頭に伴う優位性の獲得」と題したこの報告書は、出版社に対して広告プランを提案する会社、Mixpoが発行している。報告書によると、調査回答者の87%が今年Facebookに動画広告を掲載…

Image Credit: Daniel Terdiman/VentureBeat
Image Credit: Daniel Terdiman/VentureBeat

本日発表の調査報告書によると、マーケティング担当者の多くは、今年広告キャンペーンを張る際YouTubeよりもFacebookを選ぶだろうとしている(編集部注:原文掲載4月7日)。

動画広告の状況:Facebookの台頭に伴う優位性の獲得」と題したこの報告書は、出版社に対して広告プランを提案する会社、Mixpoが発行している。報告書によると、調査回答者の87%が今年Facebookに動画広告を掲載すると答えたのに対し、YouTubeは81.5%だった。

昨年、Facebookは初めて全動画再生回数でYouTubeを上回った。Mixpoによると、これでマーケティング担当者は、よりFacebookに動画を投稿することになり、動画投稿数が米国で前年比94%伸びているFacebookを毎日利用しているユーザの仲間入りを果たすことになる。

しかし、広告主の多くが今年YouTubeよりもFacebookを利用する予定でいるにもかかわらず、広告主のマーケティング戦略のためのソーシャルメディアの使い方と、毎日利用しているユーザのソーシャルメディアの使い方は違うとMixpoは主張している。

Above: More advertisers plan on running campaigns with Facebook video this year than with YouTube. Image Credit: Mixpo
上:今年は、より多くの広告主がYouTubeよりもFacebook動画を通じて広告キャンペーンを展開することを計画している。
Image Credit: Mixpo

Mixpoの報告書によると、たとえ80%以上の調査回答者がソーシャル広告を重要、もしくはとても重要視していたとしても、ユーザがソーシャルメディアに費やす時間に比べ、ソーシャルメディアに充てられるデジタルメディア予算の割合は依然低く、差があるとしている (調査回答者のほぼ半分は、デジタルメディア予算の10%足らずしかソーシャルメディアに充てていない)。

で、結論は? というと、その動画広告で「その差を縮める」ことができるかもしれない。

それに加え、Facebookのユーザの行動を把握している点が、おそらくYouTubeに比べ一番勝っている点だと言えるかもしれない。Mixpoの報告書によると、Facebookの広告は、期限付きや削除されてしまうサードパーティーのクッキーに頼ることなく、様々なデバイス向けに再訪を促すリターゲティング手法をとっている、とある。

しかもFacebookは、たとえモバイルでも広告の貢献度をビュースルーおよび/またはクリックスルーに基づき正当に評価している。また、Facebookはユーザを把握している一方で、ユーザの個人情報等は広告主に提供せず、プライバシー保護の観点から義務を果たしている。

MixpoはOmnicom DigitalのCEO、Jonathan Nelson氏がAdweekに語った言葉を引用した。

「分析結果や広告サーバーと連結した確かな情報があれば、これまでにない方法でメッセージを送ることができるのです。それこそマーケティング天国です」

FacebookはVentureBeatのコメント要請には応じなかった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

YouTubeが子ども向けアプリをリリース予定であることを発表

SHARE:

<ピックアップ>YouTube unveils new app for kids YouTubeの子供向けアプリが近日リリース予定であることをUSA Todayが報じています。リリースの予定日は現地時間の2月23日。まずはAndroid版アプリのみのリリースみたいです ね。 USA Todayによると、アプリを立ち上げると大きな8つのパネルが並ぶインターフェイスとなっている様子。ここに…

Photo by Flickr
Photo by Flickr

<ピックアップ>YouTube unveils new app for kids

YouTubeの子供向けアプリが近日リリース予定であることをUSA Todayが報じています。リリースの予定日は現地時間の2月23日。まずはAndroid版アプリのみのリリースみたいです
ね。

USA Todayによると、アプリを立ち上げると大きな8つのパネルが並ぶインターフェイスとなっている様子。ここに並ぶのは「セサミストリート」や「機関車トーマス」といった子ども向けのテレビ番組となっているようです。

TheNextWebによれば、同アプリでは通常の検索の他、音声での検索も可能になっているんだとか。たしかに、小さな子どもにとっては音声のほうが観たい映像を探しやすいかも。もちろん、放送禁止用語的なワードでの検索はできないようになっています。

子どもがスマートフォンやタブレットでYouTubeを見ているといった話はよく耳にします。YouTubeから子ども向けのアプリが登場したら、さらに多くの子供たちがYouTubeを見ることになりそうですね。

via USA Today

----------[AD]----------

FacebookとYouTubeがトップーー10代が好むアプリがわかる5つのチャート【調査】

SHARE:

<ピックアップ> Here are the apps teens actually love, in 5 charts K-12や大学などのユーザー調査ができるNicheが興味深いグラフを公開しています。(詳細がみつからなかったのですが多分北米)ティーンが使うアプリの調査で、7000人分のレビュー結果が下記のようなグラフにまとまっておりました。 ぱっと見た感じだとfacebookとYo…

<ピックアップ> Here are the apps teens actually love, in 5 charts

K-12や大学などのユーザー調査ができるNicheが興味深いグラフを公開しています。(詳細がみつからなかったのですが多分北米)ティーンが使うアプリの調査で、7000人分のレビュー結果が下記のようなグラフにまとまっておりました。

ぱっと見た感じだとfacebookとYouTubeが圧勝、TwitterとGoogle+はスカイプと同列、WhatsAppは意外にもほとんど使われてない、などなど。VBの記事にはその他のグラフもありますので、参考にどうぞ。

The_Best_and_Worst__Media_Habits_of_the_Class_of_2014___Ink__Niche_Insight___Analysis
Graph by Niche

via VentureBeat【G翻訳】

----------[AD]----------

米YahooがYouTube対抗のビデオサービスを準備中か【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Ready for Marissa’s Closeup? Yahoo Is Considering Creating Its Own YouTube (And Poaching YouTube Stars). 興味深いニュースです。マリッサ・メイヤー率いるYahooがYouTube対抗の動画サービスを準備…

YTube.001

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Ready for Marissa’s Closeup? Yahoo Is Considering Creating Its Own YouTube (And Poaching YouTube Stars).

興味深いニュースです。マリッサ・メイヤー率いるYahooがYouTube対抗の動画サービスを準備中とのこと。

2006年の創業以来CGM分野においては目立った敵がおらず、同時期に創業した2007年のVimeo(登録会員数が2000万人)の2013年の再生回数が全体で約49億回なのに対して、YouTubeは2013年に見られたトップ動画が1本で2億7500万回再生と比較対象が違い過ぎて逆に想像しにくいですが、まあ、いわゆるぶっちぎりという状況は間違いありません。

さて、この王者YouTubeにYahooは勝てるのか、記事をかいつまむとここ最近、YahooはスターYouTuberに接触しているらしく、その他エグゼクティブクラスがビデオ制作会社に接触、広告などにおいてYouTubeよりもよい身入りを期待させるお話をしているとのこと。

Tumblrを買収し、Flickrを改良したマリッサ率いる新生Yahooはビデオにも新風を巻き起こすのか、注目です。

Google翻訳でざっくり読む

via Re/code

----------[AD]----------

YouTubeで見つけたマジック動画10個詰め合わせ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします 10 YouTube Videos That Prove Science Is Magic Mashableでみつけた息抜き動画です。 しかし、BuzzFeed並びに最近やたらと増えてきたバイラル系メディアというのはこのYouTubeから楽しそうなのを見つけてコピペするわけですが、結構なシェアを稼ぐわけで…

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

10 YouTube Videos That Prove Science Is Magic

Mashableでみつけた息抜き動画です。

しかし、BuzzFeed並びに最近やたらと増えてきたバイラル系メディアというのはこのYouTubeから楽しそうなのを見つけてコピペするわけですが、結構なシェアを稼ぐわけですね。でも、このアクセスのeCPMやCPCといったパフォーマンスはどうなのでしょうか。BuzzFeedがスポンサードポストを大量に作成しているモデルなのも、案外そういうところに理由があるのかもしれません。

ちなみに元記事にある残りのマジック動画は楽しいので休憩中にでもどうぞ。

Google翻訳でざっくり読んでみる

via Mashable

----------[AD]----------