BRIDGE

タグ YouTube

拡大するライブゲーム視聴時間、主要プラットフォームで17%増加、5億時間を達成

SHARE:

  ライブストリーミングサイトでビデオゲームを視聴する時間は増え続けている。 1月、その数は「Twitch」「YouTube Gaming」「Facebook Gaming」「Mixer」で4億9,900万時間に達した。業界動向を追いかける「Arsenal」と「StreamElements」によると、これは2019年1月の3億4,200万から17%増加しているという。 こうした着実で著し…

 

twitch
Twitch is growing, but so is YouTube Gaming, Facebook Gaming, and Mixer.
Image Credit: Twitch

ライブストリーミングサイトでビデオゲームを視聴する時間は増え続けている。 1月、その数は「Twitch」「YouTube Gaming」「Facebook Gaming」「Mixer」で4億9,900万時間に達した。業界動向を追いかける「Arsenal」と「StreamElements」によると、これは2019年1月の3億4,200万から17%増加しているという。

こうした着実で著しい成長は、MicrosoftAmazonGoogle、およびFacebookが市場シェアを獲得しようと懸命に戦っていることが背景として挙げられる。各企業は、独占コンテンツとクリエイターをプラットフォームに持ち込むための取引を行っている。

これには、GoogleがActivisionと契約して、オーバーウォッチリーグとCall of DutyリーグをYouTubeゲームで独占的にホストすることが含まれる。約5億にも及ぶ視聴時間を制するには、データ収集の観点などからも時間がかかるため、こうした企業はこれからも戦い続けることだろう。

「1年前と比較した1月の視聴時間における17%の増加を見ると、ライブストリーミングがゲーム業界の強力な一翼になるための成長軌道を維持していることは明らかです。 一部のプラットフォームは他のプラットフォームよりも速く成長しているのと同時に、市場のサイズが大きくなることで、十分な市場シェアを各企業は確保するでしょう」(StreamElementsのCEO Doron Nir氏)。

ライブストリーミングサービスは、成長市場の市場シェアをさらに獲得するために戦うだろう

livesrtream-platforms-viewership-January-2020
Above: Each platform saw more viewer hours in January 2020 than January 2019.
Image Credit: StreamElements/Arsenal

1月、全てのライブストリーミングプラットフォームが前年比で成長。ただし、Mixerの成長は比較的緩やかであった。一方、Facebook Gamingは340%増加している。

しかし、この市場の全プレイヤーが前年比で上昇しているにもかかわらず、競争は激化。ライブゲームコンテンツの視聴により多くの時間を費やす人が増えるにつれて、プラットフォームサービスは勝つための動きを見せている。 Nir氏によれば、これは従来のストリーミングコンテンツで起こっていることとよく似ていると指摘する。

「これはNetflix、HBO、Prime Video、HULU、Disney +などのストリーミングメディア企業に見られる動きを反映しており、現在では誰が最高のコンテンツを持っているかを示しています。 クリエイターの観点から見ると、収益、コミュニティ、そしてファンを惹きつけ、チャンネルを収益化するための最良のツールが重要になります」(前述のNir氏)。

Twitch、YouTube Gaming、Facebook Gaming、Mixerがシェア拡大のためにクリエイターやコンテンツ企業と取引を続けることが予想できるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国版TikTokが映画放映、次のYouTubeを狙う戦略を振り返る

SHARE:

ピックアップ記事: TikTok, Douyin the world’s second most-downloaded app in 2019 ニュースサマリー: 中国テックメディアTechnodeによると、「TikTok」および中国版TikTok「Douyin(抖音)」の2019年におけるダウンロード数が、App StoreとGoogle Playで2位であったと報じた。1位を獲ったのはFace…

kon-karampelas-WRNPKfPwN9I-unsplash
Image Credit: Kon Karampelas on Unsplash

ピックアップ記事: TikTok, Douyin the world’s second most-downloaded app in 2019

ニュースサマリー: 中国テックメディアTechnodeによると、「TikTok」および中国版TikTok「Douyin(抖音)」の2019年におけるダウンロード数が、App StoreとGoogle Playで2位であったと報じた。1位を獲ったのはFacebookのWhatsApp。

App StoreとGoogle Playにおける、TikTokとDouyinの2019年合計ダウンロード数は合計で7億3,800万件超。Google Playが約6億件のインストールを記録しており、合計数の大半を占めるという。また、2019の第4四半期のダウンロード数は過去最高を記録し、インストール数は2億2000万件超を達成。前四半期比で24%、前年比で6%増加した。

2019年10月以来、TikTokが米国ユーザーにデータセキュリティとプライバシーのリスクをもたらす可能性があると判断されており、精査対象となっている。こうした動きに対処するため、昨年末にプラットフォームの透明性に関するレポートを初めて発表している。

pexels-photo-768332
Photo by Tim Savage on Pexels.com

記事のポイント: TikTokの勢いが止まりません。同アプリの源流にあるのが短尺動画だと考えます。

2010年代から短尺動画フォーマットが流行始めました。1〜3分ほどの短さで完結する動画を楽しむ視聴スタイルです。筆者はこのトレンドがTikTokによるYouTubeの牙城崩しにも繋がるものだと考えています。そこで、本記事では4章に分けたサマリーに沿って説明しながら、TikTok誕生までの市場史と短尺動画メディアの行く末に関して考察していきたいと思います。

1) モバイルファースト + 縦長動画フォーマット最適化(2011年〜2014年)

まず、短尺動画時代の幕開けは2011年創業の「Snapchat」から。ユーザー同士が10秒動画を送りあってコミュニケーションをするP2Pプラットフォームとして爆発的な人気を博し、今や上場を果たしています。競合として、後にTwitterに買収される2012年創業の「Vine」も追随。当時はコンシューマアプリ全盛期でもあったため、Snapchatライクなアプリは数多登場しましたが、結局本家しか生き残れなかった感があります。

SnapchatはまさにYouTubeが当時なし得なかった、モバイルファースト + 縦長動画フォーマットにサービスを最適化させたサービスと言えます。

フックとなったのが注目をされていたミレニアル世代。日常おもしろコンテンツの発信欲は一定層存在します。ミレニアルズはまさにこの欲求を強く持っていました。そこで登場したSnapchatが刺さり、スマホを通じた動画コミュニケーションの最適解を示しました。

よりマクロ視点で語れば、スマートフォンに搭載された機能が市場を大きく変えた瞬間であったと感じます。

GPSはGoogle Mapのリアルタイムナビゲーション体験を市場に浸透させましたし、カメラ機能はInstagramやSnapchatを通じたビジュアルコミュニケーションの考えを広めました。この点、Snapchatは未だ発掘されていなかったスマホ機能のユースケースを市場に浸透させた事例とも言えるでしょう。単にうまくミレニアル世代に幸運にも刺さったサービスではないと思います。

「分散型動画メディア」が登場、短尺動画の認知が広まる(2015年〜2017年)

pexels-photo-267350
Photo by Pixabay on Pexels.com

2015年に差し掛かると、各種SNSにコンテンツ投稿する「分散型メディア」というワードに注目が集まります。ユーザーが集まる場所に、最適化したコンテンツをメディア側が投稿する考えです。わざわざユーザー側からメディアの方へ出向くのではなく、メディア側からユーザーへ出向く業態が流行りました。2012年創業の「NowThis」は分散型動画メディアとして有名となりました。日本勢では「クラシル」が人気でしょう。

ただ、分散型メディアはFacebookやTwitter、YouTubeにユーザーデータを取られるリスクを背負う必要があると同時に、アルゴリズムの変更によりメディア戦略を随時変更する必要性もありました。なにより、課金ポイントがネイティブ動画広告以外一切なく、非常に苦しい状況に陥ります。

最終的にSNSは膨大なユーザーを短期間で一気に稼ぐ、メディア認知をさせる場所として捉えられます。1ユーザーの獲得コストが100円にも満たないことから、CAC(ユーザー獲得コスト)に革命が起きたのは事実でしょう。しかし、自社アプリプラットフォームにユーザーを誘導し、有料プランを提供する戦略を各メディアが採用する必要が出てきました。

アプリ開発をせず、SNSだけで課金ポイントを模索したメディアは総じてしぼんでいった印象です。唯一生き残った業態は2つ。1つは有料プランと相性の良いレシピ情報を提供できる料理動画系メディア。もう1つは企業とタイアップした広告事業。ユーザー獲得に数億程度のコストをかけ、一定視聴数をコンスタントに稼げるベースラインを構築した大型調達組のみが広告事業で生き残っていると感じます。

個人的にはユーザーデータを細かく分析しながらサブスクモデルでリテンションを長くする施策を適宜打てるクラシルのような料理動画メディアの戦略こそ、分散型動画メディアの唯一の解であったのではないでしょうか。

プロシューマー系アプリ「TikTok」が爆発的な普及(2015年〜2019年)

Screen Shot 2020-02-08 at 3.14.18 AM
Image Credit: Douyin

分散型動画メディアの登場と共に、TikTokのユーザー数は数億人規模に拡大。SNS志向の分散型メディアと、単独アプリ中心のTikTok。一見、相入れないように感じますが、TikTokはSNS動画の流れを大きく汲んでいます。

先述したような分散型動画メディアは世界中で乱立。収益モデル確立に苦しみ、すでに大半が買収・撤退・事業維持の3つで決着しています。一方、乱立したおかげで、短尺動画の視聴体験が市場に受け入れられました。また、SNSの登場により、CACの著しい低下によりアプリ広告コストが抑えられ、短期間に膨大な量のユーザーを囲い込み、資金力を武器に一大プラットフォームを作る逃げ切り型のモデルが認知されるのです。

この2点が次のTikTok登場に繋がります。Snapchat登場時にはなかった、CAC革命により急成長できたのがTikTokであると言えるでしょう。

さて、TikTokはSnapchatやVineなどの動画投稿プラットフォームとは一線を画します。ポイントは大きく下記5つほど挙げられるかと思います。

  • プロシューマー系動画アプリ
  • 音楽の解放
  • コンテンツ幅の拡大
  • トレース性の訴求
  • レコメンド

同じ動画をループさせるSnapchatのようなサービスとは違い、ある程度のスキルを持った動画クリエイターになれる「プロシューマーアプリ」がTikTokだと感じています。プロシューマーとは、コンシューマ向けのツールを使い倒し、ものすごい早いスピードで仕事をこなせる「プロの仕事人」を指します。この点、プロとは言わないまでも、動画撮影に多少長けたユーザー向けアプリがTikTokだったのです。

TikTokを支えるのが残り4つのポイントです。

まず、音楽を解放することで、誰もがアマチュア動画クリエイターになれる門戸を開きました。著作権で突っ込まれない点は、UGC(ユーザー・ジェネレイト・コンテンツ)プラットフォームでは地味に大きい点かと思います。コメントで非難されることがなくなるためです。

また、SnapchatやVineは超短尺のループ動画であったため、コンテンツ表現が制限されていました。そこで、少し長めの動画尺を採用することで、コンテンツの幅を広げました。

豊富なラインアップの中から好きな音楽を元に動画作成させる導線は、音楽毎に独特の作法を確立しました。たとえば、大塚愛さんのさくらんぼの音楽を選択すれば、アンゴラ村長のダンスを真似るといった具合です。このように、人気動画コンテンツの作法がいくつもユーザーによって発見され、真似る文化が醸成しました。他のユーザーが人気コンテンツ・フォーマットを投稿できるトレース性を限りなく高めたのがTikTokの大きな強みです。

コンテンツ発見の導線設計にも余念がありません。AI機械学習によるレコメンド機能は、各ユーザーにパーソナライズ化した動画コンテンツをタイムラインに並べます。こうしてZ世代、ミレニアル世代、X世代のように、各世代やデモグラフィック毎に最適なコミュニティ形成を可能としました。全く違う趣向のユーザーがバッティングしないプラットフォーム設計をAIを活用して実現させました。

映画配信へ参戦。YouTubeの牙城が壊され始める(2020年〜)

pexels-photo
Photo by freestocks.org on Pexels.com

動画投稿と視聴の両方を兼ね備えたハイブリッドメディアとしてのTikTokは、間違いなく2011年から変化を遂げてきた短尺動画トレンドの着地点の1つとなるでしょう。前章で説明した5つの要素を武器に、TV業界とYouTubeのディスラプトへ走り始めています。

友人間の動画コミュニケーションに特化した「P2P(Person-to-Person)プラットフォーム」がSnapchatであるならば、個人ユーザーが大衆に向けてバズコンテンツを大量に生み出せる「P2C(Person-to-Consumers)プラットフォーム」の立ち位置を確立したのがTikTokです。

個人が大衆に向けて動画コンテンツを大規模に発信できるプラットフォームの形は、個人がTV番組ほどの影響力を持てることを意味します。その上、15〜30秒ほどの動画を自然発生的に、かつ大量に投稿させるプラットフォームはTV広告に取って代わる可能性を持ちます。

TV画面で15秒間隔に移り変わるスポンサーコンテンツ。一方、TikTokは5億人とも言えるユーザーに向けて、同尺程度の動画を提供できる土台がすでに固まっています。TV広告の尺を、モバイルファーストに最適化させた形で、大量にコンテンツを拡散するプラットフォームを確立させたのです。TV業界をディスラプトするようなサービスの通称「コードカッター」の代名詞にまで上り詰めることができるはずです。

YouTubeもコードカッターの特色を持ちますが、スマホからの動画投稿は一般的ではありませんし、短尺動画のトレンドに乗っていません。もはや動画編集サービスを使わなければ良質な動画を投稿できないプロツールとしての動画サービスになっているため、動画投稿体験においてミレニアル世代やZ世代から人気を獲得できていません。

なにより、TikTokがYouTubeに大きく追いつく一手が打たれました。それが映画の放映です。

きっかけはコロナウィルス。中国メディアによると、旧正月に放映される予定であった映画がキャンセルに。そこでTikTok親会社「Bytedance」が6億3,000万元(9,080万ドル)を支払い放映権を購入。中国版TikTokであるDouyinを含め、Bytedance傘下のメディアで放映されたそうです。

限定的な作品放映ではありますが、なんの脈絡もなしに放映権獲得に動くはずもないでしょう。以前から長編動画の戦略を画策していたことが伺えます。映像作品まで楽しめるようになれば、ユーザーは他社ストリーミング企業を開く必要がなくなり、いよいよYouTubeやNetflixと直接競合するようになります。

2011年から始まった短尺動画のトレンド。TikTokは動画市場の変遷の中で、巧みなユーザー体験設計と成長戦略を描き、ここまでたどり着きました。10年目の2020年は長尺動画・映像放映にまで着手し、あらゆる世代向けに・あらゆる尺の動画コンテンツを提供するプラットフォームを完成させるかもしれません。

未だTikTokは課金へ大きく舵を取ってはいませんが、TV業界やYouTubeの座をひっくり返すビジネスモデル確立のため布石を打ち続ける方針は明らかです。ますますTikTokの動向に目が離せません。

----------[AD]----------

もしもYouTubeが独立したら

SHARE:

Alphabetは2月3日、2019年第4四半期の財務状況を報告し、同社の過去4年で最悪の第4四半期の結果を明らかにした。一方、Googleがビデオストリーミング子会社の真価を明らかにしたことで、最大のハイライトは「YouTube」となった。 YouTubeは2019年に150億ドルの広告収入を獲得し、前年比で約35%増加させた。また、サブスクリプションを含むその他の広告以外の収益も約7億5,00…

pexels-photo
Photo by freestocks.org on Pexels.com

Alphabetは2月3日、2019年第4四半期の財務状況を報告し、同社の過去4年で最悪の第4四半期の結果を明らかにした。一方、Googleがビデオストリーミング子会社の真価を明らかにしたことで、最大のハイライトは「YouTube」となった。

YouTubeは2019年に150億ドルの広告収入を獲得し、前年比で約35%増加させた。また、サブスクリプションを含むその他の広告以外の収益も約7億5,000万ドル獲得している。

Googleは2006年にYouTubeを買収したが、今回の発表まで詳細を明らかにしていなかった。主な理由は必要がないということであった。しかし、12月にGoogle CEOのスンダー・ピチャイ氏がAlphabet CEOに昇格したため、Alphabetは現在、投資家が会社のCEOと同じセグメントデータを見ることができることを規定する証券取引委員会(SEC)の規制に従う必要がある。 (前のアルファベットCEOのラリー・ペイジ氏はそのようなアクセス権を持っていなかったようだが、ピチャイ氏はAlphabet自身の承認でそうした)

世界中の議員、政治家、および政府が、大手ハイテク企業が行使する力をどのように削減するかを検討しているため、潜在的な解決策の1つは買収を効果的に「巻き戻す」ことで彼らの懸念を分散化させることにある。

YouTubeがすぐに独立することを示唆するものは何もないが、収入の観点から、Alphabetのビジネス全体の約10%の価値があることがわかった。それでは、もしYouTubeが単独の企業となった場合、他のテック企業やメディアプレーヤーと比較するとどうなるのだろうか?

指標として、2019年、「Netflix」は約200億ドルの収益を上げ、時価総額は1,570億ドルに達している。「Disney」は昨年、690億ドルの収益を獲得。そのうち360億ドルは、メディアネットワーク(テレビ)およびスタジオエンターテインメントセグメント(映画、ビデオへの直接コンテンツ、ステージプレイ、音楽録音)からのもので、時価総額は約2,550億ドル。その他の地域では、最近のViacomとCBSの合併の結果である「ViacomCBS」は、昨年約120億ドルの収益を確保しており、現在の評価額は200億ドルとなっている。また、放送大手の「Comcast」の収益は1億800万ドルで、現在の時価総額は1,940億ドルであった。

YouTubeの真の価値を収益だけから推定することは困難であるが、かなり大きい額となるのは当然であろう。NeedhamのアナリストであるLaura Martin氏は昨年、YouTubeが3,000億ドルの企業になる可能性があると推定し、Alphabetからスピンアウトすることを提案している。

それとは別に、モルガン・スタンレーはYouTubeの価値を2018年に約1,600億ドルと予測。中央値を取り、YouTubeのYoY収益成長指標を潜在的な投資家へのアピールの尺度として使用すると、YouTubeは2,000億ドル以上になると推定できる。

実際、私たちはYouTubeがAlphabetとGoogleにとって大事なものであることを十分に知っている。ログインしたユーザーは20億人、つまりインターネットの約3分の1であるという。また、総視聴時間の3分の2以上がモバイルデバイスで発生していることから、YouTubeが普及していることがよくわかる。

YouTubeは、学校や職場、休暇中に人々と一緒に赴くプラットフォームになった。ただ、Googleのより広範なビジネスにおけるYouTubeの実際の価値を垣間見ると、YouTubeが独立したビジネスとしてどこに位置するかをより明確に示すことができるだろう。Viacomよりも大きく、おそらくNetflixよりも大きく、DisneyやComcastのような規模があるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

----------[AD]----------

YouTubeとの差別化はさらに明確化する?ーーVimeoがイスラエルの動画制作サービス「Magisto」を買収

SHARE:

ピックアップ:Vimeo has acquired short-form video-creation platform Magisto, reportedly for $200M ニュースサマリー:クリエイター向け動画共有サービスのVimeoは4月15日、イスラエル発のスタートアップ「Magisto」を買収した。同社はサブスクリプション型でクリエイター向けに編集ツールや音源を提供しており、100…

スクリーンショット 0031-05-03 9.04.47.png

ピックアップVimeo has acquired short-form video-creation platform Magisto, reportedly for $200M

ニュースサマリー:クリエイター向け動画共有サービスのVimeoは4月15日、イスラエル発のスタートアップ「Magisto」を買収した。同社はサブスクリプション型でクリエイター向けに編集ツールや音源を提供しており、100万人のユーザー数を持つ。

月額4.99ドル、9.99ドルまたは34.99ドルで提供し、クリエイターは個人の使用用途によって自由に選択することが出来る。Webサービスのほか、iOS・Android向けのアプリからも利用することが可能だ。

話題のポイント:Magistoの最大の特徴は、誰でも気軽に動画のクリエーションを可能とする点にあります。同社が提供するプラットフォーム(またはアプリ)を用いれば、動画と音源、また希望するシチュエーションなどを組み合わせるだけで独自AIが自動で動画を作成してくれます。

Vimeoが公開したブログによれば、Magistoの機能はVimeoプラットフォームにインテグレーションされるため、同プラットフォーム内において動画作成から投稿まで完全なシームレスになるとしています。

よく動画プラットフォームとしてVimeoとYouTubeが比較されますが、端的な違いでいえばVimeoには自身で制作した動画コンテンツ以外はアップロードすることが出来ません。そのため、Vimeoにはプラットフォームとして”クリエイターを支援していこう“というカルチャーが根付いています。

一例をあげると、例えばVimeoに所属するクリエイターがキュレーションする「STAFF PICKS」などでは、クリエイターの知名度ではなくそのクリエーションで判断されるコミュニティーを作り上げています。

Capture.PNG

また、上図のように自身のコミュニティー内で動画をシェアし、フィードバックを受けることが可能で、専門的な技術やスキルの向上を図ることが出来ます。加えて動画は、プレゼンテーションのように1コマずつ画像化することも可能なため、容量を気にせずシェアすることもできます。

YouTubeを広告的なビジネスプラットフォームとして見るならば、Vimeoはさしずめ動画クリエイターが技術を学ぶプラットフォームと言えるでしょうか。今回のMagistoの買収によってその傾向はさらに強くなりそうです。両社の統合でどのようなシナジーが生まれてくるのか楽しみです。

----------[AD]----------

YouTube、安全なコンテンツを人がキュレーションする子供向けアプリをリリース予定か

SHARE:

YouTubeは、これまで度々、子供向けアプリのコンテンツに不適切なものが含まれていることについて批判を浴びてきたが、BuzzFeedの報道によると、今後数ヶ月以内にアルゴリズムに依らない、人が安全なコンテンツをキュレーションする形の子供向けアプリがリリースされる予定であるという。 つい先月にも、既存の子供向けアプリYouTube Kids上で、不適切なコンテンツは除外するという方針にも関わらず、…

Image Credit: Christian Wiediger via Unsplash

YouTubeは、これまで度々、子供向けアプリのコンテンツに不適切なものが含まれていることについて批判を浴びてきたが、BuzzFeedの報道によると、今後数ヶ月以内にアルゴリズムに依らない、人が安全なコンテンツをキュレーションする形の子供向けアプリがリリースされる予定であるという。

つい先月にも、既存の子供向けアプリYouTube Kids上で、不適切なコンテンツは除外するという方針にも関わらず、陰謀論の動画が含まれているという報道が注目を集めていた。そうした動画には、「地球は平坦である、人類による月面着陸はなかった、地球は異星人によって支配されている」というような内容が含まれている。

こうした報道に対して、子供向けのコンテンツのみが表示されるようなアルゴリズムを組んでいるものの、「時に看過ごしてしまうこともあります」とYouTubeも取材で語っていた。

「エルサゲート」で浮き彫りになったプラットフォームの問題

批判は最近始まったことではない。「エルサゲート」という言葉とともに、YouTube上の子供向け動画に不適切なコンテンツが含まれている実態が浮き彫りになったとは昨年のことだ。

人気ディズニー映画の『アナと雪の女王』のエルサと不祥事を指すゲートを組み合わせた造語「エルサゲート」は、ディズニーのキャラクターなどを、アニメの登場人物を使って「純真さ、無害さ」を装いながら、実際には過激な性的描写、小児性愛や暴力が含まれるコンテンツがYouTube上で拡散されている現象を指している。

これまでYouTubeは、子供にとって有害な内容をプラットフォーム上から除外するべく、様々な措置をとってきた。不適切な動画に対して広告を禁止したり、アルゴリズムではなく人による監視を取り入れてきた。昨年11月の段階で、YouTubeは270のアカウントと15万件以上の動画を削除したという。広告主側の企業もまた、この問題が浮上してから、YouTube上から広告を引き上げるという措置を取っていた。

昨年12月には、不適切な動画を削除するために1万人のスタッフを雇用する計画をYouTubeは発表している。また、先月には人気の陰謀論動画に対しては、Wikipediaの情報を追加することで、別の視点を提供するといった対応もスタートさせた。

こうした対策を取る一方で、今度はコンテンツをチェックするスタッフのメンタルヘルスをいかにケアするか、という新たな問題も出ており、先月にはチェックするスタッフが動画を視聴する時間を1日4時間までに制限するというルールをスタートしたと、同社のスーザン・ウォシッキーCEOは発表した

今回報道された新たなアプリのリリースについてはYouTube側の正式発表はまだないが、問題の解決までにはまだ時間がかかりそうだ。

参照:YouTube will reportedly release a kids’ app curated by humans(The Verge)

----------[AD]----------

YouTuberに新たなマネタイズ方法を提供する、ファンによる投げ銭コメント「Super Chat」

SHARE:

<ピックアップ>  YouTube launches Super Chat, a tool that lets you pay to pin comments on live streams YouTubeが新機能「Super Chat」を発表した。ライブ配信に対して視聴者がコメントするための仕組みで、ライブ配信するクリエイター(YouTuber)にとってはマネタイズの手段となる。 近いうち、ライ…

YouTubeの新機能「Super Chat」

<ピックアップ>  YouTube launches Super Chat, a tool that lets you pay to pin comments on live streams

YouTubeが新機能「Super Chat」を発表した。ライブ配信に対して視聴者がコメントするための仕組みで、ライブ配信するクリエイター(YouTuber)にとってはマネタイズの手段となる。

近いうち、ライブ配信を開始すると、チャットウィンドウにドルマークが表示されるようになる。このボタンを押下すると、クリエイターに対して好きな金額を支払うスライダーが現れる。金額が大きければ大きいほど、コメントが表示されている期間と文字数ともに長くなる仕組み。

Super Chatは、Fan Fundingの改良版だと言える。ファンにとって憧れのクリエイターにリアルタイムに連絡できる手段になる。また、クリエイターは、熱烈なファンからの特定のメッセージを優先順位を上げて表示することができるという。

ベータ版としてグローバルにリリースされたSuper Chatだが、1月31日にはより広範囲にまで拡大する予定だ。

via. The Verge

----------[AD]----------

YouTube がミュージシャン向けプラットフォーム BandPage を買収

SHARE:

YouTube はオンラインミュージックプラットフォームの BandPage を買収した(編集部注:原文掲載2月12日)。買収額は公開されておらず、BandPage が今後の過程でサービスを終了するかどうかについても触れられていない。 BandPage はミュージシャンがファンとつながったり、Facebook上で音楽をプロモーションできるようにするマーケティングプラットフォームだ。その人気のソーシ…

Image Credit: Screenshot
Image Credit: Screenshot

YouTube はオンラインミュージックプラットフォームの BandPage買収した(編集部注:原文掲載2月12日)。買収額は公開されておらず、BandPage が今後の過程でサービスを終了するかどうかについても触れられていない。

BandPage はミュージシャンがファンとつながったり、Facebook上で音楽をプロモーションできるようにするマーケティングプラットフォームだ。その人気のソーシャルネットワークサービス以外にも、BangPage Everywhere というプロダクトを提供しており、それを使うとミュージシャンはウェブサイトを立ち上げたり、数回のクリックだけでその他のプロモーションサイトをアップデートすることができる。BandPageの有する価値は、アーティストが自身のミュージックビデオをGoogleが所有するソーシャルネットワークに投稿でき、瞬時に他のオンラインサイトにも配信できるYouTubeとシナジーを生みやすい。

これまでの過程で、BandPageはFacebookを超えて、SpotifyNing、SoundCloud、StubHub、Rdio、iHeartRadio、Twitter へと提携を広げていった。

これは思いつきの買収ではなく、両者が共通の結びつきをもっているからこそ実現したものだ。Googleのバイスプレジデントであり、Project LoonのプロジェクトリーダーのMike Cassidy はBandPageのアドバイザーだ。

公式ブログの投稿で、BandPageは次のように述べている。「ミュージシャンがよりファンベースを拡大し、世界最大のデジタル音楽サービスにおいて収益を増大できるようになることを目指しています。YouTubeのチームの力に加わることによって、アーティストがかつてないほどのパワフルな方法でファンにリーチする手助けをします。」

「YouTubeは既にアーティストが発掘されるグローバルな配信プラットフォームを提供していますし、ミュージシャンやその他のクリエイターにとって最高の自己出版ツールのいくつかを提供しています。私たちのチームは、ミュージシャンがYouTube上で成功するために役立つようなことを数多く計画しており、BandPageのネットワーク上でもさらに広く成功できるようにします」とブログの投稿は続けている。「私たち双方のゴールは同じです。つまり、デジタル音楽サービスのオープンなネットワークを成長させること、そしてアーティストのコンテンツと販売を管理・配信する新しいスマートなツールを開発すること、そしてYouTubeとさらにそれを超えて全てのミュージシャンが新しい収益を生み出せるような機会をつくることです。」

BandPageは自社プラットフォーム上に50万以上のミュージシャンを有していると発表している。アリシア・キーズ、ビヨンセ、ブルース・スプリングスティーン、キャリー・アンダーウッド、ジョン・レジェンド、ジャスティン・ティンバーレイク、Maroon5、P!nk、アッシャー、スヌープ・ドッグ、リアーナ、ポール・マッカートニーも登録ミュージシャンに入っている。

2009年の創業以来、BandPageは2760万ドルを調達した。投資家には、GGV Capital、IDG Ventures USA、Mohr Davidow Ventures、Northgate Capital、Walden Venture Capitalとさらに数名の個人投資家が含まれる。競合は AAMPP、Sound Rink、Listener Approved、BandCapなどだ。

Googleにコメントを求めているが、回答が得られ次第更新したい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

YouTubeがゲーム実況を夏に開始、スター「YouTuber」は年間5億円を稼ぐ

SHARE:

<ピックアップ>YouTube Gaming app is coming this summer ゲーム関連のエキスポ、E3でGoogleが新たなYouTubeサービスを発表しましたね。Amazonが買収したTwitchタイプのゲーム実況を含む総合ゲームライブストリーミングサービスになるということで、アプリも提供される予定。今年の夏に米英で開始されるそうです。TwitchのMAUが1億…

youtube-gaming
上:YouTubeが発表したYouTube Gaming / Image Credit: Google

<ピックアップ>YouTube Gaming app is coming this summer

ゲーム関連のエキスポ、E3でGoogleが新たなYouTubeサービスを発表しましたね。Amazonが買収したTwitchタイプのゲーム実況を含む総合ゲームライブストリーミングサービスになるということで、アプリも提供される予定。今年の夏に米英で開始されるそうです。TwitchのMAUが1億人ということですので、この数字をクリアできるのかが興味深いポイントになりそうですね。

もう一つ気になる点がいわゆる「YouTuber」の存在です。現在、YouTube上で最も稼いでると言われているのがこの1989年生まれのスウェーデン人、通称「PewDiePie」こと、Felix Arvid Ulf Kjellberg氏。購読者数は3700万人で再生回数は現時点で90億回、2013年の広告セールス(ネットかグロスかはちょっと不明)は400万ドル(約4億8000万円)というYouTuber界のトップアイドルです。※ちなみに彼の彼女も540万人の購読者数を持つYouTuberだそうです。

もちろんのことながら彼もTwitchにアカウントを開設しており、両方でどのように使い分けるのか、はたまたこういうスタープレーヤーの取り合いが始まるのか、プラットフォームが増えた際にどういった差別化が見られるのかも興味深いところであります。

via VentureBeat

----------[AD]----------

2015年、動画広告を出す広告主の多くはYouTubeよりもFacebookを選ぶという調査結果

SHARE:

本日発表の調査報告書によると、マーケティング担当者の多くは、今年広告キャンペーンを張る際YouTubeよりもFacebookを選ぶだろうとしている(編集部注:原文掲載4月7日)。 「動画広告の状況:Facebookの台頭に伴う優位性の獲得」と題したこの報告書は、出版社に対して広告プランを提案する会社、Mixpoが発行している。報告書によると、調査回答者の87%が今年Facebookに動画広告を掲載…

Image Credit: Daniel Terdiman/VentureBeat
Image Credit: Daniel Terdiman/VentureBeat

本日発表の調査報告書によると、マーケティング担当者の多くは、今年広告キャンペーンを張る際YouTubeよりもFacebookを選ぶだろうとしている(編集部注:原文掲載4月7日)。

動画広告の状況:Facebookの台頭に伴う優位性の獲得」と題したこの報告書は、出版社に対して広告プランを提案する会社、Mixpoが発行している。報告書によると、調査回答者の87%が今年Facebookに動画広告を掲載すると答えたのに対し、YouTubeは81.5%だった。

昨年、Facebookは初めて全動画再生回数でYouTubeを上回った。Mixpoによると、これでマーケティング担当者は、よりFacebookに動画を投稿することになり、動画投稿数が米国で前年比94%伸びているFacebookを毎日利用しているユーザの仲間入りを果たすことになる。

しかし、広告主の多くが今年YouTubeよりもFacebookを利用する予定でいるにもかかわらず、広告主のマーケティング戦略のためのソーシャルメディアの使い方と、毎日利用しているユーザのソーシャルメディアの使い方は違うとMixpoは主張している。

Above: More advertisers plan on running campaigns with Facebook video this year than with YouTube. Image Credit: Mixpo
上:今年は、より多くの広告主がYouTubeよりもFacebook動画を通じて広告キャンペーンを展開することを計画している。
Image Credit: Mixpo

Mixpoの報告書によると、たとえ80%以上の調査回答者がソーシャル広告を重要、もしくはとても重要視していたとしても、ユーザがソーシャルメディアに費やす時間に比べ、ソーシャルメディアに充てられるデジタルメディア予算の割合は依然低く、差があるとしている (調査回答者のほぼ半分は、デジタルメディア予算の10%足らずしかソーシャルメディアに充てていない)。

で、結論は? というと、その動画広告で「その差を縮める」ことができるかもしれない。

それに加え、Facebookのユーザの行動を把握している点が、おそらくYouTubeに比べ一番勝っている点だと言えるかもしれない。Mixpoの報告書によると、Facebookの広告は、期限付きや削除されてしまうサードパーティーのクッキーに頼ることなく、様々なデバイス向けに再訪を促すリターゲティング手法をとっている、とある。

しかもFacebookは、たとえモバイルでも広告の貢献度をビュースルーおよび/またはクリックスルーに基づき正当に評価している。また、Facebookはユーザを把握している一方で、ユーザの個人情報等は広告主に提供せず、プライバシー保護の観点から義務を果たしている。

MixpoはOmnicom DigitalのCEO、Jonathan Nelson氏がAdweekに語った言葉を引用した。

「分析結果や広告サーバーと連結した確かな情報があれば、これまでにない方法でメッセージを送ることができるのです。それこそマーケティング天国です」

FacebookはVentureBeatのコメント要請には応じなかった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

YouTubeが子ども向けアプリをリリース予定であることを発表

SHARE:

<ピックアップ>YouTube unveils new app for kids YouTubeの子供向けアプリが近日リリース予定であることをUSA Todayが報じています。リリースの予定日は現地時間の2月23日。まずはAndroid版アプリのみのリリースみたいです ね。 USA Todayによると、アプリを立ち上げると大きな8つのパネルが並ぶインターフェイスとなっている様子。ここに…

Photo by Flickr
Photo by Flickr

<ピックアップ>YouTube unveils new app for kids

YouTubeの子供向けアプリが近日リリース予定であることをUSA Todayが報じています。リリースの予定日は現地時間の2月23日。まずはAndroid版アプリのみのリリースみたいです
ね。

USA Todayによると、アプリを立ち上げると大きな8つのパネルが並ぶインターフェイスとなっている様子。ここに並ぶのは「セサミストリート」や「機関車トーマス」といった子ども向けのテレビ番組となっているようです。

TheNextWebによれば、同アプリでは通常の検索の他、音声での検索も可能になっているんだとか。たしかに、小さな子どもにとっては音声のほうが観たい映像を探しやすいかも。もちろん、放送禁止用語的なワードでの検索はできないようになっています。

子どもがスマートフォンやタブレットでYouTubeを見ているといった話はよく耳にします。YouTubeから子ども向けのアプリが登場したら、さらに多くの子供たちがYouTubeを見ることになりそうですね。

via USA Today

----------[AD]----------