タグ Internet of things

IoTリハビリ支援サービスMoffが総額7.6億円を調達

SHARE:

IoTリハビリ支援サービスを展開するMoffは1月14日、スパークス ・グループが運営する「未来創生2号ファンド」を引受先とする第三者割当増資を発表した。2018年9月にSOMPOホールディングスを引受先とした第三者割当増資を実施しており、今回と合わせ総額7.6億円の資金調達となる。今回の増資により、同社が開発するウェアラブル端末を使った高齢者のリハビリ支援サービス「モフトレ」や、リハビリ支援関連…

Screen Shot 2020-01-21 at 5.47.27 PM
Image Credit: Moff

IoTリハビリ支援サービスを展開するMoffは1月14日、スパークス ・グループが運営する「未来創生2号ファンド」を引受先とする第三者割当増資を発表した。2018年9月にSOMPOホールディングスを引受先とした第三者割当増資を実施しており、今回と合わせ総額7.6億円の資金調達となる。今回の増資により、同社が開発するウェアラブル端末を使った高齢者のリハビリ支援サービス「モフトレ」や、リハビリ支援関連サービスのさらなる拡大のため、営業・マーケティングと開発体制の強化を行うとしている。

Moffはウェアラブル端末を使った、高齢者のリハビリ支援サービス「モフトレ」を展開している。介護施設を利用されるユーザーを対象に、高価な器具やスペース・人手をかけずに、リハビリテーションやADLトレーニング/ロコモ予防トレーニングを実施できるプログラム。

また、センサーによる歩行・体幹姿勢の動作確認やROM計測など、リハビリを通じた患者の回復度合いをデータに基づき見える化する「モフ測」も展開。これらのリハビリ支援サービスはウェアラブルデバイス「Moff Band」を使って行う。

SOMPOホールディングス傘下のSOMPOケアは、運営する高齢者住宅・施設の運営居室数は約25,500室にのぼる。同社は、介護予防の分野での新サービスの共同開発など、SOMPOホールディングスとの協業に取り組んでいくとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


民泊市場と並行して広がる自宅のIoT化

SHARE:

ピックアップ:The Guild Raises $25M For New Short-Term Travel Stay Option ニュースサマリー:トラベルスタートアップ「The Guild」は7日、シリーズBにて2500万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家はMaveronが務めた。また、Convivialite Ventures、MarkVC、ATX Venture Partn…

Capture.JPG

ピックアップThe Guild Raises $25M For New Short-Term Travel Stay Option

ニュースサマリー:トラベルスタートアップ「The Guild」は7日、シリーズBにて2500万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家はMaveronが務めた。また、Convivialite Ventures、MarkVC、ATX Venture Partners、Corigin、Nicol Investment Group、不動産ファームRXR Realtyも同ラウンドに参加している。

同社は2016年創業。ビジネス旅行者向けに民泊事業を展開する。不動産デベロッパーとの提携に努め、設備投資に力を入れているのが特徴。現段階では米国のみの展開で、オースティン、シンシナティー、ダラス、デンバー、マイアミ、ナッシュビルに施設を所有している。米国中部から東海岸に焦点を当てている。

話題のポイント:「旅のストーリーが個人を強くする時代」でも触れたように、「〇〇版Airbnb」の需要は今年も続いていく傾向にありそうです。本記事では「ビジネス旅行版Airbnb」が当たります。

今回資金調達を実施したThe Guildは、Airbnbとの違いをビジネス旅行者向け施設のデザインと位置づけています。ホテルライクなアミニティ提供や、不動産を丸ごとThe Guildのブランド物件として提供しているのが特徴です。ただ、こうした特徴は他の〇〇版Airbnb企業にも数多くみられる差別化戦略です。たとえば「Lyric」も同じ戦略を採用してブランディングを始めています。

そのため、民泊事業は飽和状態にあり新興スタートアップが誕生したとしてもイノベーティブなものは生まれにくく、市場として盛り上がりに欠けます。一方、ここ数年大きく成長しているIoT市場は民泊と大きな親和性を見せ始めており、レッドオーシャン化している民泊市場にインパクトを与えつつあります。IoTを介した鍵の受け渡し自動化により、空き家の再活用を促すことに成功している事例はその際たる例です。

ビジネストラベル特化型では、チェックインからチェックアウトまでのシームレスな体験提供を売りにしている場合が多く、The Guildも例外ではありません。同社ではIoTを利用した鍵の受け渡し端末を開発・運営する「KeyCafe」とパートナシップを結び、ストレスを感じさせない民泊利用の体制を整えています。

バケーションレンタル・民泊市場の成長に並行して大きく伸びているのが、上述したようなIoT市場です。なかでもスマートロックが民泊と非常に相性の良い領域であるのは明らかでしょう。

Capture.JPG
Image Credit: iProperty Management

スマートホームのコンサルティング事業を展開する「iPropertyManagement」によれば、2019年において260億のIoTデバイスが既に利用されているとしており、今後も順調な増加が見込まれているとしたデータを公開しています。そのうちの約15%がスマートホームへの利用だとされていることから、約39億のIoTデバイスが住宅物件へ導入済みということになります。

Capture.JPG

米国において、セカンドハウス(第二の住居)を保有する世帯は900万とした統計が出されています。もちろん民泊として利用せず、賃貸契約されているケースもありますが、同統計によれば全体の約25%が賃貸として利用、残りは家族用の別荘としての利用がメインとなっているとされています

そこで、セカンドハウス市場がKeyCafeやその他IoTデバイスの導入を通じ、直接管理が不要になれば、さらに民泊化可能な物件数の増加が見込めます。IoTでなくとも「Leavy.co」のようなオンデマンド・ホストによる経済圏が出来れば、だれもが簡単に民泊経営することが可能となります。

日本においても、こうしたセカンドハウスや空き家の絶対数は今後も増加傾向とされており、新たな市場として注目を集めています。

<参考記事>

〇〇版Airbnbのビジネスモデルはどこも被り始めており、新規性を見出すことが難しくなりつつあります。しかし、関連サービスで成長を遂げているマーケットをうまく活用したモデリングを展開していくことで、市場の中でも一歩抜け出せる可能性が高くなるのではないでしょうか。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ネコ用ウエアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」開発のRABO、約1億円を調達——iSGS、W ventures、iPLAB Startups、岩佐琢磨氏から

SHARE:

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は15日、直近のラウンドで約1億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、シードラウンドのフォローオンと見られる。このラウンドに参加したのは、iSGS インベストメントワークス、W ventures、iPLAB Startups、Shiftall 代表取締役 CEO …

Image credit: Rabo

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は15日、直近のラウンドで約1億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、シードラウンドのフォローオンと見られる。このラウンドに参加したのは、iSGS インベストメントワークス、W ventures、iPLAB Startups、Shiftall 代表取締役 CEO の岩佐琢磨氏。

また、今回の調達とあわせ、iPLAB Startups の代表パートナーで弁理士の中畑稔氏は RABO の知財顧問に、岩佐琢磨氏は RABO のハードウェア顧問に就任した。中畑氏と岩佐氏はそれぞれ、RABO の各種知的財産戦略の設計と実施、RABO の展開するハードウェア開発へのアドバイスやグローバル展開などで支援する。

今回の調達は、RABO にとっては昨年4月に実施したシードラウンドに続くものだ。この際には、今回と同じスキームでシードラウンドに出資参加した GMO Tech 代表取締役社長の鈴木明人氏が RABO のマーケティングアドバイザーに、メルカリ共同創業者の石塚亮氏とクララオンライン代表取締役社長の家本賢太郎氏がそれぞれ、RABO のグローバル展開やアジア展開を支援することが明らかになっている。

Image credit: Rabo

Catlog ペンダント(首輪デバイス)には BLE(Bluetooth Low-energy の通信チップ)と加速度センサーが、また、Catlog を充電するステーションには室温計が搭載されている。これらで得た情報がクラウドにアップロードされ、ユーザが外出先に居ても、あるいは、帰宅してから不在時の愛猫の行動の様子をスマートフォンで見られるしくみだ。将来的には、他のネコとのデータ比較のほか、家族・獣医・キャットシッターとのアカウント連携も可能になる見込み。

Catlog は昨年9月24日にローンチし一般販売を開始。当初想定していていた4ヶ月分の計画出荷数を1.5週間で達成したという(具体的な数量は不明)。現在 Catlog を利用するユニーク猫数は1,000匹超で、Catlog ペンダントを装着した猫の飼い主によるアプリアクセス率は7日間で90%、30日間で78%に達したとしている。今回の資金調達を受けて、RABO では人材と猫の採用強化、オフィス移転を実施する予定。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


CES 2020: P&Gが披露した、スマートトイレタリー製品7選

SHARE:

P&G はおそらく創業183年になるが、昨年、CES に初めて登場した。同社は5日、これまでの通常商品に AI、センサーなどのテクノロジーを導入するという昨年と同じゲームプランで、今年も CES に登場した。CES 2020 の最初のオフィシャルイベントの一つで、P&G はコネクテッドベビーケアシステム、磨き方の良し悪しをリアルタイムで教えてくれる歯ブラシ、スマートフレグランスディ…

Image credit: P&G

P&G はおそらく創業183年になるが、昨年、CES に初めて登場した。同社は5日、これまでの通常商品に AI、センサーなどのテクノロジーを導入するという昨年と同じゲームプランで、今年も CES に登場した。CES 2020 の最初のオフィシャルイベントの一つで、P&G はコネクテッドベビーケアシステム、磨き方の良し悪しをリアルタイムで教えてくれる歯ブラシ、スマートフレグランスディフューザー、介護している人をケアするためのシェーバー、そして昨年、筆者の顔のシミを消してくれた Opte を披露した

Lumi

Image credit: P&G

筆者は、この発明をスマートオムツと呼ぶのは避けようと思う。しかし、パンパースが開発した「Lumi」を見ると、その名前が脳裏をよぎる。

P&G は、これを世界初のオールインワン・コネクテッドベビーケアシステムと呼んでいる。ビデオモニターとアクティビティセンサーを組み合わせることで、従来の赤ちゃんのモニタリングを新しいものにし、親が赤ちゃんの睡眠、摂食、オムツを取り換えるパターンのリアルタイム全体像を、すべて1か所で提供できるようにする。

同社は、Lumi がデータを、目に見える形のパーソナライズされたインサイトと実用的なティップスに変換し、赤ちゃんの成長に合わせて両親をサポートすると述べている。実際にトラッキングされたインサイトを自分たちの直感と融合させることで、両親は一目で赤ちゃんの様子を知り、何を欲しがるかを予測することができる。

スマート歯ブラシ

Image credit: P&G

Oral-B Sense」は Wi-Fi 対応基盤を備えた歯磨きシステムで、歯磨き中にモバイルデバイスにリアルタイムフィードバックを提供する。ブラッシングテクノロジーとデータトラッキングを組み合わせることで、消費者が個人情報を使用して健康的な習慣を確立し、時間の経過とともに口腔の健康を改善することを約束する。

また、Alexa が組み込まれた音声コントロールも提供されているため、音楽、天気、ニュースにハンズフリーでアクセスし、毎日の歯磨きをより楽しく、生産的にすることができる。音声コントロールでスマートホームを制御したり、交換用ブラシヘ​​ッドを注文したりすることも可能だ。

この歯ブラシには耐水性があり、洗面台に置くことができるコンパクトな設計で、電源コンセントを一つ使用する。使用するコンパクトなベースを備えています。 4 セグメント LED タイマーは、口の中の歯磨きする場所を変えるタイミング、歯磨きが強すぎるとき、時間が2分間に達したときを教えてくれる。

まるで口の中のフィットネストラッカーのように、Oral-B Connect は時間の経過に応じて進行状況をトラッキングする。歯磨きをを改善する方法に関するヒントや、ユーザ毎の口腔ケアのインサイトを見つけることができる。

Oral-B iO

Image credit: P&G

Oral-B iO」は毛の先端にスムーズに電力を供給する磁気ドライブを備え、歯ごとに舐めらかにブラッシングすることができる。 Oral-B iO の心臓部はリニア磁気駆動システムだ。適切なレベルの圧力をかけると緑を表示、強すぎると赤を表示、正しく歯磨きするのに役立つスマート圧力センサーも備えている。

ディスプレイを使って、パーソナライズ機能を操作できる。ウェルカムメッセージ、ブラッシングモードの選択、言語設定、ブラシヘッドを変更を促す機能がある。Oral-B iO のアプリは、口腔内のすべての場所に歯ブラシが確実に届くようにする Oral-B iO AI 歯磨き認識技術を備えた 3Dグラフィックスを提供する。

スマートフレグランス

Image credit: P&G

Airia」は、ボタンを押すだけで家の雰囲気を変えることができるスマートフレグランスシステムだ。家の中の香りを分単位で制御可能にし、一日の特定の時間にそれらをオンまたはオフにすることができる。私から見ると、競合の「Sensorwake」 によく似ていると思うが、Sensorwake は嗅覚を使った目覚まし時計に過ぎず、一方、Airia は家中に香りを送ることができる。

Airia のアプリを使うと、ユーザーは1〜10(強め〜ほのか)のスケールで香りのレベルを制御し、小空間または家の1階全体をカバーすることができる。カートリッジの寿命をトラッキングし、補充の時期が近づいたときにはユーザに警告してくれるので、ユーザは簡単に補充カートリッジの購入が可能。Wi-Fi 対応で、iOS / Androidデバイス互換。

2つのシェーバー

Image credit: P&G

P&G の GilletteLabs は、テクノロジーを搭載した2つのカミソリを披露。「Gillette Treo」は、介護者が被介護者の顔をシェービングできるように設計されている。

Gillette はまた、加熱シェーバーを再び紹介した。ステンレスでできたウォーミングバーと新技術 Flexdisc で、顔の特徴に合わせてカスタマイズ可能なシェービング体験を提供。Flexdisc は1秒未満で加熱可能なウォーミングバーとの接触面積を最大化する。P&G LifeLab で購入が可能になる予定。

P&G Ventures の「Opté」

Image credit: P&G

CES に2回目に登場するプロダクトの一つが、開発に10年超の歳月が費やされてきた 「Opté Precision Wand」だ。顔のシミの部分に近づけると、Opté の Optimizing Serum(最適美容液)がスプレーされ、完璧なメイキャップをしたかのようにシミが消える。P&G は Opté を CES 2019 で披露したが、昨年は出荷をしなかった。同社は現在フィードバックを集めていて、製品の改良を続けているようだ。

Opté は肌の色素沈着をスキャン、検出、修正する。シミが肌の他の部分と溶け込むように、必要な場所にのみ、1ショットあたり1ナノリットル(10億分の1リットル)のカスタムブレンドされた美容液を吹きつける。美容液には保湿成分とミネラル成分が含まれており、自然に美しい肌を実現しながら、シミが増えるのも減らしてくれる。残念ながら効果は永遠には持続しないため、メイクのように、一日に一回は付着させる必要がある。

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


CES 2020: トヨタ、静岡県裾野市にAI・ロボット・持続可能エネルギーの実証都市「Woven City」の建設を発表

SHARE:

トヨタの「Woven City」は、ロボティクス、スマートホーム、自動運転車、IoT、デジタルヘルス、持続可能エネルギーなど、幅広い技術を組み合わせたものとなる予定。 175エーカー(約70.8万平方メートル=東京ドーム約15個分)の土地に建設される。 トヨタはラスベガスで開催されている CES 2020 で、Woven City のビジョンを明らかにした。豊田氏によると、同社は8ヶ月前から計画を…

Image credit: Dean Takahashi / VentureBeat

トヨタの「Woven City」は、ロボティクス、スマートホーム、自動運転車、IoT、デジタルヘルス、持続可能エネルギーなど、幅広い技術を組み合わせたものとなる予定。 175エーカー(約70.8万平方メートル=東京ドーム約15個分)の土地に建設される。

トヨタはラスベガスで開催されている CES 2020 で、Woven City のビジョンを明らかにした。豊田氏によると、同社は8ヶ月前から計画をスタートし、それがようやくビジョンを公表できる段階に至ったと言う。

歩行者、自転車とスクーター、自動運転車の3種のレーンを備えた道路が敷設される予定。

我々がいつ始めるのか、誰もがそう思っていると思う。(豊田氏)

初の画期的な出来事は2021年に起こるだろう。

これは、私の個人的な夢の舞台とも言える。皆さんがそれを築くことで、それらは現実のものとなる。(豊田氏)

このアイデアは、ゼロから都市を作る方法を試験しようとするものだ。トヨタでは、同社の研究者・従業員、彼らの家族、退職者、小売業者、学生などを集めたいと考えている。同社は先にバーチャル上にこの都市を建設する計画で、そこでアイデアをテストしたり、誤りから学んだりすると、豊田氏は語った。

AI に否定的な意味合いが含まれる世界で、AI を 知能増幅(Intelligent Amplified)にしたいと考えている。今、あなたは、この男(豊田氏自身のこと)が自分を失ったと思うかもしれない。彼は、日本版の(「夢のチョコレート工場」で知られる)ウィリー・ウォンカだろうか?(豊田氏)

富士山の見える場所で、新しい種類の都市を共に生み出す機会になると思う、と豊田氏は語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


2000頭が利用、健康管理してくれるスマートねこトイレ「toletta」が2億円を調達

SHARE:

スマートねこトイレ「toletta」を開発するハチたまは12月25日、マネックスベンチャーズ、羽立化工、横浜キャピタル、山口キャピタル、ひびしんキャピタル、シグマクシス、そのほか大手商社等を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は2億円で、調達ラウンドはシリーズA。調達累計額は4億円となる。 tolettaは猫がトイレに入るだけで、自動で猫の健康データを取得し、スマートフォン上の…

Screen Shot 2019-12-26 at 8.54.26 PM.png
Image Credit: toletta

スマートねこトイレ「toletta」を開発するハチたまは12月25日、マネックスベンチャーズ、羽立化工、横浜キャピタル、山口キャピタル、ひびしんキャピタル、シグマクシス、そのほか大手商社等を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は2億円で、調達ラウンドはシリーズA。調達累計額は4億円となる。

tolettaは猫がトイレに入るだけで、自動で猫の健康データを取得し、スマートフォン上のアプリに通知するヘルスケアサービス。利用した猫の数は2,000頭、健康データの獲得件数は100万件を突破している。今回の増資でtolettaの健康データを活用した、猫の健康状態自動判定アルゴリズムの開発 および 獣医師との連携システムの開発を進める。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Xiaomi(小米)がリード、Huawei(華為)が躍進ーー中国ウェアラブル出荷は前年度比45%の堅調成長

SHARE:

市場調査会社「International Data Corporation(IDC)」のレポートによると、中国ウェアラブルデバイス市場は、2019年第3四半期の出荷台数が2,715万台に達し、前年同期の2,097万台から45.2%増加、2023年には2億台に達すると予測されている。 重要視すべき理由:レポートでは、中国ウェアラブルデバイス市場の急成長と、この分野で最大のプレーヤーである中国企業につ…

Screen Shot 2019-12-27 at 12.23.59 AM

市場調査会社「International Data Corporation(IDC)」のレポートによると、中国ウェアラブルデバイス市場は、2019年第3四半期の出荷台数が2,715万台に達し、前年同期の2,097万台から45.2%増加、2023年には2億台に達すると予測されている。

重要視すべき理由:レポートでは、中国ウェアラブルデバイス市場の急成長と、この分野で最大のプレーヤーである中国企業について説明している。

Screen Shot 2019-12-27 at 12.24.13 AM

詳細:Xiaomi(小米)は全出荷数の4分の1を占め、市場をリードしている。一方、Huawei(華為)は出荷台数の増加率で過去最大を記録。深センを拠点とする大手通信会社らは、昨年の出荷がほぼ2倍になり、市場シェアは2018年第3四半期の10.7%から2019年第3四半期の20.7%に倍増しました。

  • 企業統合などもあり、上位5社のシェア合計値が59.8%から70.2%に増加。
  • Oppo(欧珀)の親会社であるBBK Electronicsは、トップ5の市場シェアが9.8%から7.7%に減少した唯一の企業です。

背景:Xiaomiは2018年に中国のウェアラブルデバイスの最大手としてAppleを抜いた

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Momo、お手軽農業IoTプラットフォーム「AgriPalette」のクラウドファンディングを開始——独自廉価デバイスやB2B知見をサードパーティに開放

SHARE:

大阪・神戸を拠点とする IoT スタートアップの Momo は25日、Makuake で農業向け廉価 IoT ソリューション「AgriPalette」のクラウドファンディングを開始した。価格は早割のミニマムセットで24,800円(税込)から。キャンペーンは25日午前11時に開始され、6時間ほど経過した午後5時の段階で、目標額の約3割に当たる60万円弱の調達に成功している。 AgriPalette …

AgriPalette
Image credit: Momo

大阪・神戸を拠点とする IoT スタートアップの Momo は25日、Makuake で農業向け廉価 IoT ソリューション「AgriPalette」のクラウドファンディングを開始した。価格は早割のミニマムセットで24,800円(税込)から。キャンペーンは25日午前11時に開始され、6時間ほど経過した午後5時の段階で、目標額の約3割に当たる60万円弱の調達に成功している。

AgriPalette は、Momo が従来から開発してきた「Palette IoT」をベースとしている。専門知識や開発費・時間を必要とする従来 IoT と対照的に、Palette IoT は組み替え可能センサーと送信用無線基板を組み合わせ、それを必要な場所に設置することで、スマートフォンやアプリと簡単に連携することができるというものだ。

農業の効率向上や改善を狙ったスマート農業においては、田畑などで計測したデータをサーバやクラウドに送信したり保存したりする IoT デバイスが必要になるが、高価格がボトルネックとなり一般農家にまでは十分に普及していない。Momo では、ハードウェア構成を削ぎ落とすことで従来の無線型センサの半額以下の価格を実現したという。

KDDI ∞ LABO 第12期のデモデイで、JA 全農グループとの共同開発の成果を披露する
Momo 代表取締役 CEO の大津真人氏
Image credit: Masaru Ikeda

今年3月に開催された KDDI ∞ LABO のデモデイでは、Momo が採択された同アクセラレータの第12期参加の成果として、期間中に1ヶ月をかけて JA 全農グループと農業用 IoT ソリューションの開発に成功、JA が現在使用しているソリューションを10分の1に置き換えることができたことを明らかにしていた。

AgriPalette は、Momo がこれまで農業法人に B2B で納品してきたハードウェア/データハブのプラットフォームをサードパーティのデベロッパ向けに開放するものだ。データ連携(Web hook)技術により同一ハードウェアを用いてサードパーティが自社サービスを開発・展開できる。センサーのラインナップは、CO2センサ・日照量センサ・温度湿度センサ・土壌一体型(EC・水分量・温度)センサ・土壌 Ph センサの5機種(取得可能なデータは8種類)。

現時点で、SI 会社ではソーバル(東証:2186)、神戸デジタル・ラボ、IoTBase の3社が AgriPalette の開発パートナーとして参加を表明している。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


酪農・畜産向けIoT開発のファームノートHD、スパークス・グループなどから約8.5億円を資金調達——累計調達額は約26億円に

SHARE:

酪農・畜産向け IoT ソリューションを提供するファームノートホールディングス(ファームノートHD)は17日、直近のラウンドで約8.5億円を調達したと明らかにした。このラウンドに参加したのは、スパークス・グループ、共立ホールディングス(動物の薬大手である共立製薬の持株会社)、マイナビ、SMBC ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル。今回の調達を受けて、同社の累計調達合計は約26億円となる…

上:牛向けウェアラブル端末「Farmnote Color」
Credit:Farmnote

酪農・畜産向け IoT ソリューションを提供するファームノートホールディングス(ファームノートHD)は17日、直近のラウンドで約8.5億円を調達したと明らかにした。このラウンドに参加したのは、スパークス・グループ、共立ホールディングス(動物の薬大手である共立製薬の持株会社)、マイナビ、SMBC ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル。今回の調達を受けて、同社の累計調達合計は約26億円となる。これは同社にとって、昨年11月に実施した4億円の調達に続くものだ。

ファームノート HD は、子会社のファームノートを通じて、クラウド牛群管理システム「Farmnote」の拡販・機能強化し、「Internet of Animals」を実現する牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発・事業展開を行なってきた。現在のユーザ数は4,000生産者、契約頭数38万頭(日本全体の飼養頭数の10%に相当)。

今回調達した資金を使って、AI(人工知能)開発による製品・サービスの機能拡充、体制強化、研究開発の推進、新規事業の立ち上げを行うとしている。

ファームノートは2013年11月に設立、経済産業省の助成制度「サポーティングインダストリー (ものづくり基盤技術) 」を活用し、2014年6月から酪農・畜産を効率化するセンサーデバイスやクラウドシステムの開発の取り組んできた。2014年9月にに札幌で開催された「全国 Startup Day」では、開発着手からまもないにもかかわらずグランプリを取得、2014年12月には京都で開催された Infinity Ventures Summit 2014 Fall の LaunchPad で3位を獲得している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


SMBCと丸紅、シンガポール政府系Vertex Ventureのインド・中国AIスタートアップ向け新ファンドに出資——全出資額の¼を日本企業が占める

SHARE:

日本の三井住友銀行と丸紅が、シンガポールの政府系投資グループ Temasek の VC 部門 Vertex Venture Holdings のローンチした新ファンドに合計7,000万米ドルを出資すると Nikkei Asian Review が報じた。丸紅は5,000万米ドル、三井住友銀行は2,000万米ドルを出資。これまでに出資を表明している、あおぞら銀行やリサ・パートナーズといった日本の投資…

Image credit: Vertex Venture Holdings

日本の三井住友銀行と丸紅が、シンガポールの政府系投資グループ Temasek の VC 部門 Vertex Venture Holdings のローンチした新ファンドに合計7,000万米ドルを出資すると Nikkei Asian Review が報じた。丸紅は5,000万米ドル、三井住友銀行は2,000万米ドルを出資。これまでに出資を表明している、あおぞら銀行やリサ・パートナーズといった日本の投資家群に加わることになる。

今回の出資にはアビームコンサルティングや日本政策投資銀行も参加。日本の投資家からの出資総額は1億8,000万米ドルとなり、新ファンド全体調達額7億3,000万米ドルの約4分の1を占めることとなる。

<関連記事>

新ファンドはアジアの技術スタートアップ、とりわけ、中国やインドの AI 活用および IoT スタートアップの養成を狙っている。同ファンドに参加する日本の投資家らは、国内企業と海外スタートアップを結びつけ、技術・資本提携・買収を促進する上で役割を果たすことになるだろう。

新ファンドはスタートアップに、進んだ技術的専門知識や顧客ネットワークを備えた日本企業と繋がる機会を提供するだろう。Vertex Venture は、シンガポールを本拠とする配車サービスプロバイダ Grab の初期の支援者としても知られている。

Vertex Venture はシリコンバレー、中国、インド、イスラエルなど世界中に数カ所のオフィスを持つ。2019年2月、Vertex Ventures の 東南アジアとインド部門は、タイ拠点のインシュアテックキャンプ企業 Sunday に1,000万米ドルを出資した

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録