単一豆に特化した〝サードウェーブ・コーヒー〟の定期購入サービス「ABC Coffee」がローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.9.10

abccoffee_featuredimage

日本でも、AQ の「カワクラ」、カフェネイトの「カッピングテーブル」など、コーヒーの定期購入サービスがいくつか立ち上がっている。もともとは、サンフランシスコ・ベイエリアから始まったと言われる、コーヒーをまるでワインのように珍重して味わおうというムーブメント「サードウェーブ・コーヒー」。スタートアップ文化の発祥がベイエリアということも影響してか、特にスタートアップ・コミュニティには、サードウェーブ・コーヒーのトレンドを取り入れようとする動きが増えつつある。

先頃、ABC Coffee というコーヒー定期購入サービスがローンチした。このプロジェクトを立ち上げたのは、東京をベースに Google で勤務する Kevin Otsuka 氏。東京に住むスタートアップ・コミュニティの友人らとの共同プロジェクトのようだ。

ブレンドされたコーヒー豆を使うカフェが多い中で、ABC Coffee が扱うのは浅煎り焙煎の単一豆(シングルオリジン)。これはカワクラが提供している(現在はサービス停止中)、スモーキーでシガーのような深入り焙煎された豆とは対照的なラインアップである。

kevin-otsukaコーヒーのコミュニティーで、議論を深められればと思っています。ABC Coffee のメンバーにも、メンバーでない方にも参加してもらえる、コーヒーについて学べるイベントやワークショップを開いていきたい。そして、日本のコーヒーロースターについてのお得な情報、コーヒー豆の知識などについて共有したいのです。(Kevin Otsuka 氏)

ABC Coffee の定期購入サービスは送料込の月2,500円で、毎月第一週に3種類の異なる単一豆種のコーヒーが100グラムずつ送られてくる。彼らが ABC Coffee を通じて目指すのは、単に珍しく美味しいコーヒーを届けるというだけでなく、そのコーヒーを淹れて飲む楽しみを共有するユーザ・エクスペリエンスだ。

月に合計で300グラムの豆が送られてくるわけで、おおむね、これで30杯のコーヒーを淹れることができる。分量から言って個人ユーザを対象にデザインされたサービスだが、飲むだけでなく淹れる楽しみも味わいたいコーヒー好きにとっては、家やオフィスで契約してみるとよいかもしれない。

abccoffee_featuredimage2

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------