シンガポールのディープテックデータ保護プラットフォーム「Dathena」、MS&AD Venturesがリードの調達ラウンドをクローズ

by e27 e27 on 2019.4.4

Dathena のチーム
Image credit: Dathena

AI を活用したデータ保護およびプライバシー管理プラットフォームであるシンガポール拠点の Dathena が、MS&AD Ventures がリードしたラウンドをクローズしたと発表した。既存投資家である CerraCap Ventures と Demetis も参加した。

Dathena は今回の資金を新顧客のグローバルな獲得のために用いる考えだという。さらなるスケールも視野に入れ、今年中にもう1つのラウンドも実施する計画だ。

Dathena は、企業のデータプライバシーとデータ保護の手助けを目的として、情報リスク管理の専門家たちにより設立された。Dathena 99 A.I. コアエンジンという人工知能で動作する技術(複数の特許取得済)を利用している。

さらに、Dathena の製品は自然言語プロセシング、機械学習、ディープラーニングの技術を用いて作られており、同社によれば、これらの技術によりデータ損失を防ぎ、また機密情報を包括的かつ正確に認識、分類、保護することでデータプライバシーのコンプライアンスを促進することができるという。

Dathena の設立者で CEO の Christopher Muffat 氏は次のように述べている。

MS&AD が弊社へ投資してくれたことを大変ありがたく思います。そして彼らとの緊密な連携も楽しみです。また、CerraCap と Demetis が継続して信頼と支援を寄せてくれていることに感謝し、また誇りに思っています。

Dathena は現在シンガポール、フランス、スイスにオフィスを構えている。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------