韓国の動画広告作成プラットフォームShakrがヤフーと提携、「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.9.18

yahoo-video-creator_featuredimage

韓国のスタートアップで、動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media は18日、日本のヤフーと提携し「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチしたことを発表した。

Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーにはレベニューシェアでテンプレートの作成料が支払われるしくみだ。ユーザは10分ほどでビデオを作成でき、作成は無料だがダウンロードにあたり50ドル支払う必要がある。Yahoo! ビデオクリエイターは、Shakr Media が日本市場向けにサービスをOEM提供するもので、料金は1クリップダウンロードにつき5,400円となっており、現在の為替レートを勘案すると本家より若干安い。

THE BRIDGE で以前報じた通り、昨年には Shakr Media は台湾の FOXCONN(鴻海/富士康)と提携したほか、日本の大企業との提携を模索していたが、シリコンバレーの VC である SV Frontierトーマツ ベンチャーサポートなどが日本進出を支援する形で、今回のヤフーとの提携に至ったと考えられる。先週、東京で開催された Tech in Asia Tokyo 2016 のピッチ・コンペティション「Arena」では「JAL Entrepreneur Program 賞」を獲得、CEO の David Lee は毎月25.5%のペースでユーザが増加していることを明らかにしていた。

tia-tokyo-2015-arena-shakr
Tech in Asia 2016 の Arena でピッチする、Shakr の CEO David Lee

動画および動画メディアというコンテキストでは、ヤフーは今年5月、動画クラウドソーシングの Viibar に7億円を出資し、共同で動画広告事業を展開することを明らかにしている。今冬にローンチを控える BuzzFeed Japan もこれらのリソースが積極的に活用されることだろう。ヤフーが考える動画を使ったマーケティング戦略については、Harvard Business Review に同社執行役員の荒波修氏のインタビューが掲載されているので、こちらを参考にするとよいだろう。

<参考文献>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------