Canvas 10月号:ロールアップ型ビジネスは、あらゆるD2Cに波及するかも

CanvasはBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツです。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届けいたします。

Why This Matters:トレンドとその背景
Story:取材ストーリーやコラム
Archive:今月のニュース

ロールアップ型ビジネスは、あらゆるD2Cに波及するかも

今週の話題(10月23日〜10月29日):ブランド買収モデル「ロールアップ型EC」のThrasio、IPOを延期するもシリーズDで10億米ドル超を調達

ロールアップ型 e コマースを展開する Thrasio が10億米ドルを調達しました。時価総額は最大で100億米ドル(=デカコーン)に達したと見られています。昨年7月時点での時価総額は10億米ドルだったことが確認されているので、この1年間で時価総額は最大で10倍に成長したことになります。

Thrasio は主に Amazon 上でレビューが良く成長が見込まれる収益性の高いブランドを買収することで成り立っており、現在までに200以上のブランドを所有。今年の売上は10億米ドルに達すると見込まれています。このモデルは世界各地で注目を集めており、今月初めには、インドの GlobalBees が、時価総額5億米ドルでソフトバンクらから資金調達すると報じられました。

Image credit: Thrasio

〝持たざる国〟日本のスタートアップは、世界でどう勝つか?

今週の話題(10月16日〜10月22日):B Dash Camp in 福岡が開幕——〝持たざる国〟日本のスタートアップは、世界でどう勝つか? #bdashcamp

今週は福岡で「B Dash Camp」が開催されました。2019年末から続く新型コロナウイルスの感染拡大で、この種のスタートアップカンファレンスのリアルイベントしては、実に2年ぶりとなり、久しぶりに顔を合わせる起業家や投資家の皆さんが一堂に会し、イベントは最初から最後まで盛況でした。

今回のテーマは「日本、待ったなし!」というもので、世界のスタートアップシーンの前進が加速しているというよりは、日本のそれが他の国々から取り残されているかもしれない現状にスポットライトが当てられていました。とかく、日本のスタートアップも VC も、日本の市場にのみ注力してきました。

B Dash Camp でオープニングセッションに登壇した皆さん。
左から:渡辺洋行氏(B Dash Ventures 代表取締役社長)、家入一真氏(CAMPFIRE 代表取締役社長)、國光宏尚氏(gumi ファウンダー、Thirdverse 代表取締役 CEO ファウンダー、gumi cryptos capital マネージングパートナー)、佐藤航陽氏(スペースデータ・レット 代表取締役社長、メタップス 創業者兼会長)、辻庸介氏(マネーフォワード 代表取締役社長 CEO)

頭角を現し始めた名古屋のスタートアップシーン

今週の話題(10月9日〜10月15日):トランスミット、プレシリーズAで1.24億円を資金調達——トヨタの地元から製造業向け生産管理SaaSを世界へスマホで建築家に間取り作成依頼「madree」運営、プレシリーズAで1.3億円を調達——AIで設計精度・効率向上を目指す

今週は続けざまに名古屋のスタートアップの資金調達のニュースがヘッドラインを飾りました。トランスミットと、スタジオアンビルトです。それぞれ、「なごのキャンパス」「PRE-STATION Ai」という名古屋を象徴するスタートアップハブを拠点に成長してきたスタートアップです。

政府は「グローバル拠点都市」として、東京・京阪神・名古屋・福岡を選んでいます。東京は人口が多いので外して考えても、残る京阪神・名古屋・福岡のうち、名古屋から出てきたスタートアップを取り上げる機会は少なかったかもしれません。その理由・特徴を推測し、今後につなげられればと思います。

Used under the Creative Commons license

スタートダッシュから世界を攻めるスタートアップ2社あらわる

今週の話題(10月2日〜10月8日):HAX卒業生のBisu、3.5億円をシード調達——家でも尿や唾液をラボ並みの検査、アシックスと協業もOTA連携で世界150カ国の空港送迎タクシーに送客、日本発「SmartRyde」が1.8億円をシリーズA調達

内需がそれなりに大きく、また文化や言葉の違いがあることから、創業初日からグローバル市場を目指す日本のスタートアップは、それほど多くはありません。まずは日本市場で地固め、そこから海外へと展開するという進め方は、ドミナント戦略的に正しいという考え方もあります。でも、スタートダッシュから世界を攻めるスタートアップは増えつつあり、先週はそんな2社が頭角を現しました。

日本型デカコーンはいつ現れるか?

今週の話題(9月25日〜10月1日):クラウド監視カメラのセーフィーが上場、時価総額は一時期1,800億円超に

クラウド監視カメラサービスを展開するセーフィー(東証:4375)が9月29日、東証マザーズに上場しました。同社の株式公開価格は2,430円でしたが、10月1日の始値で最高値の3,700円をつけて先週の取引を終えました。


注目の数字とトレンド

今月特に注目を集めた数字やキーワードをお伝えします。

Photo by Pixabay from Pexels

Sequoia Capital、直近の投資の4分の1が仮想通貨関連

インドスタートアップの調達総額、四半期記録で100億米ドルを突破

仮想通貨・ブロックチェーンスタートアップへのVC出資額、2021年は過去最高の年となることが確実に

ユニコーン創業者の平均年齢は32.6歳

アメリカのスタートアップのイグジット、今年第3四半期までの収益総和が5,825億米ドルに

イギリスで今年上半期に生まれたユニコーンの半数以上がフィンテック

10分間で、100万米ドル相当以上の資金を調達

全世界のユニコーンの時価総額が3.4兆ドルを突破

Kleiner Perkins、今年のイグジット数が史上最大に達する可能性


今月の調達ニュース

今月の国内スタートアップの主要な資金調達ニュースをお届けします。

インフキュリオンが22億円調達を発表。左から:Minerva Growth Partners 長澤啓氏、インフキュリオン 代表取締役社長 丸山弘毅氏、Minerva Growth Partners 村島健介氏
Image credit: Infcurion

アート管理サブスク「美術倉庫」運営、オークション大手ShinwaやGazelle Capitalらから1億8,900万円を調達(10月28日)

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」、HIRAC FUNDらから3億円を調達し累積調達額は21億円に(10月27日)

インフキュリオン、Minerva GPやGMO-VPらから22億円を調達——BaaSプラットフォーム開発に注力(10月27日)

「M&Aクラウド」運営、STRIVEらから10億円を調達——買い手から売り手へ、熱意が伝わる仕組みを開発(10月27日)

オンライン薬局「ミナカラ」、ドコモとメドレーが共同で買収(10月23日)

音声配信アプリ「stand.fm」、ZVCから10億円を調達——UUUMから同業「REC.」を事業譲受(10月23日)

動画活用で企業のDX推進を支援するエビリー、7億円を資金調達(10月21日)

研究開発を効率化するデータ管理SaaS開発のランデフト、インキュベイトFから7,000万円をシード調達(10月20日)

脱炭素支援のSustineri、インキュベイトFから5,000万円をシード調達——温室効果ガスの排出量表示API公開へ(10月20日)

データで地場運送会社に力を与えるSaaS「アセンド・ロジ」運営、プレシリーズAで1.4億円を調達(10月20日)

フィットネスアプリ「BeatFit」運営、シリーズBで2億円を調達——リブランドで倒産の危機を脱出、法人サービスも強化へ(10月19日)

開発者とセキュリティの距離を縮めるFlatt Security、BDVとFGIらから2億円を調達——世界向けプロダクトローンチへ(10月18日)

福岡生まれのカード型チャットツール「postalk」、ドーガン・ベータとFGN ABBALabからプレシード調達(10月18日)

上場スタートアップ3社の営業を牽引したプロが構築、予実管理SaaS「GRAPH」が2,000万円をシード調達(10月15日)

トランスミット、プレシリーズAで1.24億円を資金調達——トヨタの地元から製造業向け生産管理SaaSを世界へ(10月14日)

「Web幹事」「動画幹事」からDXの相談窓口に進化、ユーティルがシリーズAで2.4億円を調達(10月14日)

事業用駐車場マッチング「at PORT」運営、7,000万円をシード調達——モビリティ+不動産テックへの進化を目指す(10月13日)

スマホで建築家に間取り作成依頼「madree」運営、プレシリーズAで1.3億円を調達——AIで設計精度・効率向上を目指す(10月13日)

スマホで質入れできるアプリ「CASHARi(カシャリ)」運営、プレシリーズAで1億円を調達(10月13日)

リテールテックのフェズ、シリーズCラウンドで11.5億円を調達(10月13日)

法人向けカード事業のUPSIDER、シリーズBラウンド全体で38億円を調達(10月12日)

出資・融資によらない資金調達手段を提供するYoii(ヨイ)、1億円超をシード調達——ICJ、農林中金のファンドなどから(10月12日)

融資と補助金を調達支援する事業計画SaaS「Scheeme」運営、プレシリーズAで1億円を調達(10月11日)

不動産仲介会社向け自動追客SaaS「PropoCloud」運営、JIC VGIとサファイヤ・キャピタルから7億円を調達(10月8日)

HAX卒業生のBisu、3.5億円をシード調達——家でも尿や唾液をラボ並みの検査、アシックスと協業も(10月7日)

VRでうつ病を治療するBiPSEE、プレシリーズAでBNVらから2.5億円を調達——2025年に医療機器承認を目指す(10月7日)

ノーコードでテスト自動化「Autify」、WiLリードのシリーズAで1,000万米ドルを調達(10月7日)

スクラム採用プラットフォーム運営のHERP、シリーズBで9.5億円を調達——累計導入企業数は900社を突破(10月6日)

OTA連携で世界150カ国の空港送迎タクシーに送客、日本発「SmartRyde」が1.8億円をシリーズA調達(10月6日)

物流ラストワンマイル効率化の207、シリーズAで5億円を調達——物流会社・荷主企業とのシステム構築・連携強化へ(10月6日)

京都発・工場管理SaaS「ものレボ」運営、1.8億円を調達——サプライチェーンプラットフォーム事業化へ(10月5日)

AIの出した誤りを自動検知するCitadel AI、東大IPCとANRIから1億円をシード調達(10月4日)

投資型CF「イークラウド」、ジェネシアVとセレスから3億円を調達——スタートアップに個人が投資できる環境づくりを強化(10月4日)

クラウド監視カメラのセーフィーが上場、時価総額は一時1,800億円超に(10月1日)

スマートロック「Akerun」開発のフォトシンス、東証マザーズ上場へ(9月30日)

酪農DXのファームノートHD、14.4億円を調達——累計調達額は44億円に(9月30日)

不動産仲介DX「CANARY(カナリー)」運営、シリーズBで12億円を調達——アプリ累計DL数は100万件を突破(9月29日)

動画広告制作SaaS「RICHKA」運営、シリーズBで8億円を調達——コロナ禍で内製化需要増、大企業中心に400社以上導入(9月28日)

返品・交換対応をリピーターマーケティングに変える「Recustomer」、プレシリーズAで1.5億円を調達(9月28日)

スマホで買える「NOT A HOTEL」40億円分をネット販売開始へ、8.5億円の調達も完了(9月28日)


アジアのニュース

今月のアジアのニュースをお届けします。

Animoca Brands が Kikitrade に追加出資。左から:Kikitrade 共同創業者兼 CEO Sean Tao 氏、Animoca Brands 会長兼共同創業者 Yat Siu 氏。
Photo credit: Kikitrade

Ant(螞蟻)とTencent(騰訊)、NFTの呼称使用を中止など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(10月27日)

ハイブランドEC「Balaan」が31億円調達しBNPLサービス準備など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月25日)

レアジョブ、ベトナムのエドテックスタートアップDVEに戦略的出資(10月25日)

Binance(幣安)、音楽NFTプラットフォーム「Melos Studio」に出資(10月24日)

ブロックチェーン・ユニコーンのAnimoca Brands、仮想通貨によるソーシャル投資アプリ「Kikitrade」に追加出資(10月24日)

NAVERスピンオフの韓国版スニダン「Kream」が97億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月22日)

インドのローカル言語翻訳プラットフォーム「Devnagri」運営、個人投資家多数から60万米ドルをシード調達(10月22日)

GojekとTokopediaの統合会社、IPOを前にアブダビ投資庁から4億米ドルを調達——インドネシア史上最大規模(10月21日)

ベトナム版Amazon「Tiki」、2.4億米ドルをシリーズE調達——まもなくユニコーンに(10月21日)

東南アジアのコンテンツ決済プロバイダCoda Payments、eスポーツのBAASHを買収(10月19日)

東南アジアのフリマアプリ「Carousell」、スニーカーマーケットプレイス「Ox Street」を買収(10月19日)

仮想通貨投資家、政府規制回避で国外に会社登記する動きが顕著に——中国ブロックチェーン界週間振り返り(10月18日)

韓国ファッションEC「BRANDI」、日本でβサービスをローンチ(10月15日)

シンガポールのIoTスタートアップUnaBiz(優納比)、シリーズBでスパークスGらから2,500万米ドル超を調達

P2P送金アプリ「Toss」運営、配車サービス「Tada」を買収など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月12日)

JD(京東)とBaidu(百度)、エレベーター広告のXinchao Media(新潮伝媒)に4億米ドルを出資(10月9日)

韓国発AI活用の学習アプリ「Riiid Tutor」開発元、日本のアプリ配信会社Langooを買収(10月9日)

インド発クラウドキッチン運営のRebel Foods、シリーズFで1億7,500万米ドルを調達しユニコーンに(10月8日)

Grab、eウォレット「OVO」株式の90%を取得へ(10月8日)

インドの仮想通貨取引所「CoinSwitch Kuber」、a16zらから2.6億米ドルを調達しユニコーンに(10月7日)

NFTゲーム「Axie Infinity」開発元、シリーズBでa16zらから1億5,200億米ドルを調達(10月7日)

ウェブトゥーンプラットフォーム「TOPTOON(탑툰)」が23億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月6日)

デジタル決済提供Ascend Moneyが15億米ドルを調達、タイ初のフィンテック・ユニコーンに(10月5日)

インドのGlobalBees、時価総額5億米ドルでソフトバンクらから資金調達か——ブランド買収モデル「ロールアップ型EC」で急成長(10月1日)

インド版メルカリ「Meesho」、時価総額49億米ドルに——来年末までにDAU1億人を目指す(10月1日)

インドの中古車販売プラットフォーム「Spinny」、シリーズDでまもなく最大3億米ドルを調達しユニコーンに(9月30日)

仮想通貨各社、政府通達受け中国向けサービスを停止——中国ブロックチェーン界週間振り返り(9月21日〜9月28日)

メタバースの3iが2.6億円、3D顕微鏡のTomocubeが20億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(9月20日~9月24日)

中国の配車プラットフォーム「T3(T3出行)」、約856億円を調達か(9月27日)

東南アジアのEC物流スタートアップNinja Van、シリーズEで5億7,800万米ドルを調達しユニコーンに(9月27日)

コラム & インタビュー

PayPalによる「Pinterest」買収動向から読み取る戦略/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド デジタル決済プラットフォームのPayPalが、ビジュアル探索及びアイデア発見SNS「Pinterest」の買収へ動いていると報道されました。予想…

ブログを書き続けることで得られる、リクルーティングツールとしての効果【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。英語によるオリジナル原稿は、BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿) This…

オンライン「K12教育」の新星Outschool、30億ドル評価に/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 10月14日、オンライン学習プラットフォーム「Outschool」は1.1億ドルの資金調達を実施し、企業評価額が30億ドルに達成したことを発表し…

KDDI・GINZA SIX・名和晃平氏がコラボ、銀座で体験できる5G時代の現代アートとは

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 課題とチャンスのコーナーでは、毎回、コラボレーションした企業同士のケーススタディをお届けします。 2003年に開始されたケータイのデザイン開発プロジェクト「au Design project」。2020年以降は、au Design project[ARTS & CULTURE PROGRAM]として、…

出資した地元VC2人に聞いた、カード型チャットツール「postalk」の可能性【ゲスト寄稿】

本稿は、postalk のオウンドメディア「postalk park」に掲載予定のコンテンツを、BRIDGE が独自に編集したものです。写真はいずれも、越智達也氏による撮影。記事構成の都合上、編集部で一部トリミングしました。 外部の方をお招きして、お話を伺う postalk park のインタビューシリーズ、今回は、ドーガン・ベータ取締役パートナー渡辺麗斗さんと、FGN ABBALab 室井信人さ…

私がノートよりもエクイティでの出資を好む理由【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。英語によるオリジナル原稿は、BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿) This…

コロナ禍が追い風、日本のオンライン診療はどう変わるか?【業界解説・MICIN 原聖吾氏】(後半)

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 全産業デジタル化の流れが不可避と認識される中、大きな構造の変化がいろいろな場所で発生しています。MUGENLABO Magazine編集部では業界のダイナミックな変化をゲームチェンジャーたちの解説と共に紐解くシリーズを開始しています。 前回に引き続き、MICIN 代表取締役の 原聖吾さんに登場いただき…

介護領域のユニコーン「Honor」のOS戦略/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 新たなユニコーン企業が誕生しました。10月5日、介護スタートアップ「Honor」はシリーズEラウンドとして融資を含めて3億7,000万ドルを調達…

今さら聞けないデジタル仮想空間 #メタバース のこれまで

本稿は独立系ベンチャーキャピタルSTRIVEによるものを一部要約して転載させていただいた。原文はこちらから、また、その他の記事はこちらから読める。なお、転載元のSTRIVE Blogでは起業家やスタートアップに興味のある方々に向けて事業成長のヒントとなるコンテンツを配信中。投資相談はSTRIVE(公式サイト・Twitter)をチェックされたい 2021年秋現在のテック業界、「メタバース」という言葉…

「脱炭素」で大変革を起こすスタートアップたち

本稿は独立系ベンチャーキャピタルSTRIVEによるものを一部要約して転載させていただいた。原文はこちらから、また、その他の記事はこちらから読める。なお、転載元のSTRIVE Blogでは起業家やスタートアップに興味のある方々に向けて事業成長のヒントとなるコンテンツを配信中。投資相談はSTRIVE(公式サイト・Twitter)をチェックされたい 脱炭素やカーボンニュートラルというキーワード。環境に関…

3,600億米ドル規模のソーシャルコマース、そのトレンドはアジアから米国へ【ゲスト寄稿】

本稿は、Golden Gate Ventures のマネージングパートナー Vinnie Lauria 氏による寄稿だ。「Fast Company(オンライン版)」に掲載された記事を、執筆者と発行者の了解のもと翻訳・転載する。 This article was first published in Fast Company. <関連記事> Grab、GoTo、Sea——東南アジアでスーパーアプリの…

VCハンズオンリアル座談会:VCハンズオンは必要か?

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載。全3回のうち、初回を掲載させていただく。 ベンチャーキャピタルがスタートアップの成長に対して資金だけでなく、ノウハウやリソースの提供を実施するケースが一般化しつつあります。独立系のVCで創業期から成長を支えるパターンや、CVCなどで本体となる事業会社との連携を模索するタイプな…

コロナ禍が追い風、日本のオンライン診療はどう変わるか?【業界解説・MICIN 原聖吾氏】(前半)

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 全産業デジタル化の流れが不可避として認識される中、大きな構造の変化がいろいろな場所で発生しています。単なるデジタルツール・インターネットへの置き換えではなく、業界構造自体が変わり、認識の変化に追いつけないプレイヤーは否応なく淘汰されてしまいます。 MUGENLABO Magazine 編集部では、この…

パターンで量産、超カジュアルゲーム「Voodoo」の超高速ローンチ戦略/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 凄くシンプルだけど、なぜかやり込んでしまう。モバイルアプリ市場でこの「ハイパーカジュアルゲーム」領域を開拓しているのがフランス出身のスタートアッ…

Z Venture Capital 創業物語:アジアNo.1のCVCを目指して(後半)

本稿はZ Venture Capital代表取締役の堀新一郎氏の手記「ヤフーからZVCに転籍します。採用強化します」を前後半にて転載させていただいたもの。CVCがどのようにして立ち上がり、成長していったのかその軌跡を辿る上で重要な記録になっていたので、ご本人の承諾を元に転載させていただいた。彼の記事はこちらでも読める。 3号ファンド設立:2018年8月 (前半からのつづき)社長就任、組織づくり、E…

Z Venture Capital 創業物語:YJキャピタル創業、突然やってきた社長交代(前半)

本稿はZ Venture Capital代表取締役の堀新一郎氏の手記「ヤフーからZVCに転籍します。採用強化します」を前後半にて転載させていただいたもの。CVCがどのようにして立ち上がり、成長していったのかその軌跡を辿る上で重要な記録になっていたので、ご本人の承諾を元に転載させていただいた。彼の記事はこちらでも読める。 皆さんこんにちは。Z Venture Capitalの堀です。 2021年10…

ライブ動画コマース「NTWRK」が見出した勝ち筋/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 9月24日、ライブ動画コマースアプリ「NTWRK」の5,000万ドルの資金調達が発表されました。本ラウンドをリードしたのはGoldman Sac…

アメリカから見たウェルビーイング、ESGトレンド——Amber Bridge Partners 奥本直子さん Vol.2

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 Amber Bridge Partners(アンバー・ブリッジ・パートナーズ)の奥本直子さんに話を伺っています。前編では、奥本さんがウェルビーイングや ESG に関心を持たれた経緯、現在の活動などについて伺ってきました。この分野で世界の先頭を行くアメリカのリアルは、日本にいる我々にも役立つに違いありま…

News

次世代キャラはソーシャルメディアから生まれる:「Superplastic」2,000万ドルを調達(2)

(前回からのつづき)Budnitz氏は、以前からバーチャルインフルエンサーの波を追いかけていた。おもちゃから生まれたキャラクターが好きだという彼は、それを生かしてKidRobotを設立し、2012年に売却した。Budnitz氏(KidRobot、Ello、Budnitz Bicyclesの生みの親)は、エンターテインメントのグローバルブランドとして新たにSuperplasticを立ち上げた。 Su…

アート管理サブスク「美術倉庫」運営、オークション大手ShinwaやGazelle Capitalらから1億8,900万円を調達

アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」を運営する between the arts は28日、プレシリーズ A ラウンドで1億8,900万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、Shinwa Wise Holdings、Gazelle Capital、名前非開示のエンジェル投資家複数。同社にとっては、今年1月のビジョナル(東証:4194)に続くものだ。累計調達額は2億8,40…

バーチャルキャラクター+NFTで新たなディズニーを狙う「Superplastic」2,000万ドルを調達(1)

Superplasticは、ノンファンジブル・トークン(NFT)、バーチャル・キャラクター、バイラル・ビデオの時代において世界的なエンターテインメント・ブランドを構築するために2,000万ドルを調達した。 今回の資金調達は、Superplasticがクリスティーズのオークションで、バーチャルタレントのJanky氏とGuggimon氏をモチーフにしたNFTを落札したことによるものだ。Superpla…

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」、HIRAC FUNDらから3億円を調達し累積調達額は21億円に

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」の開発・運営を行うフォトラクションが新たに3億円を資金調達したことを明らかにした。これは同社が今年8月に明らかにしていた7.6億円の調達(シリーズ B ラウンドと推定)のエクステンションラウンドで、今回がセカンドクローズとなる。調達額にはデットが含まれる。 出資したのは、マネーフォワードベンチャーパートナーズが運営する H…

インフキュリオン、Minerva GPやGMO-VPらから22億円を調達——BaaSプラットフォーム開発に注力

<27日午前10時30分更新> 一部表記を訂正、赤字部を追記。 インフキュリオンは27日、直近のラウンドで合計22億円を調達したことを明らかにした。子会社であるネストエッグなどの資金調達を除くと、インフキュリオン本体としては、今年3月の調達に続く4回目の調達となる。リードインベスターは、Minerva Growth Partners で、GMO VenturePartners が参加した。新規発行…

「M&Aクラウド」運営、STRIVEらから10億円を調達——買い手から売り手へ、熱意が伝わる仕組みを開発

オンライン M&A マッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営する M&A クラウドは27日、直近のラウンドで約10億円を調達したと発表した。同社にとっては、2020年6月に実施したシリーズ B ラウンドに続くものだ。今回ラウンドのリードインベスターは STRIVE が務め、Skyland Ventures、インキュベイトファンド、SMBC ベンチャーキャピタル、日…

ブランド買収モデル「ロールアップ型EC」のThrasio、IPOを延期するもシリーズDで10億米ドル超を調達

<ピックアップ> Amazon aggregator Thrasio raises $1 billion Series D following delayed IPO Amazon 上のブランドを買収するアグリゲーター最大手 Thrasio は、シリーズ D ラウンドで10億米ドルを超える資金を調達したと発表した。今回の資金調達は、予定していた IPO を延期した CFO の突然の退任と監査の不備…

スタートアップ向けクレカ発行のBrex、3億米ドルを調達しデカコーンに

<ピックアップ> Brex just signed a term sheet for $300M at a $12.3B valuation 匿名の情報源が TechCrunch に確認したところによると、フィンテックスタートアップの Brex は、Greenoaks がリードインベスターを務め、既存投資家が参加した3億ドルの資金調達ラウンドのタームシートに署名したという。情報筋によると、サンフラ…

ハイブランドEC「Balaan」が31億円調達しBNPLサービス準備など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月18日~10月22日)

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。 Copyright 2021 © Media Recipe. All Rights Reserved. 10月18日~10月22日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは13件で、資金総…

元オリンピック選手が立ち上げた女性向けウェルネスアプリ「Jennis」

<ピックアップ> Jess Ennis-Hill’s FemTech startup raises £1m 重要なポイント:イギリス代表の元オリンピック選手 Jessica Eniss-Hill 氏が立ち上げた女性向けウェルネスアプリを開発する Jennis は10月4日、100万ポンド(約1.6億円)のプレシード資金の調達を発表した。 このラウンドは、ヘルシンキを拠点とする Maki.vc がリ…

レアジョブ、ベトナムのエドテックスタートアップDVEに戦略的出資

オンライン ESL(第二言語としての英語)スクールを運営するレアジョブ(東証:6096)は、ベトナムのオンライン英語家庭教師サービス「Kynaforkids」を運営する DVE(Dream Viet Education)と資本提携契約を締結した。プレスリリースによれば、DVE は、レアジョブにとってベトナムのエドテック市場への初の投資となる。この提携関係は、両社の既存の資産を活用することを目的とし…

Binance(幣安)、音楽NFTプラットフォーム「Melos Studio」に出資

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 仮想通貨取引所 Binance(幣安)の VC 部門である Binance Labs(幣安実験室)は、音楽の非代替トークン(NFT)プラットフォーム「Melos Studio」に出資…

ブロックチェーン・ユニコーンのAnimoca Brands、仮想通貨によるソーシャル投資アプリ「Kikitrade」に追加出資

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港を拠点とするモバイルゲームとブロックチェーンのユニコーン Animoca Brands は、Kikitrade の第2位の株主となった。 仮想通貨のソーシャル投資プラットフォーム…

オンライン薬局「ミナカラ」、ドコモとメドレーが共同で買収

オンライン薬局事業「minacolor」を展開するミナカラは22日、NTT ドコモとメドレー(東証:4480)により共同買収されることを明らかにした。ミナカラは昨年8月に3億円を調達しており、INITIAL によれば、この時点での時価総額は約14億円。今回、NTT ドコモとメドレーは合計で約44億円でミナカラを買収することが明らかになっており、この約1年で時価総額は3倍強に成長したと見られる。NT…

音声配信アプリ「stand.fm」、ZVCから10億円を調達——UUUMから同業「REC.」を事業譲受

音声配信アプリ「stand.fm」を運営する stand.fm は22日、Z Venture Capital(ZVC)から10億円を調達したことを明らかにした。これは同社にとって、2020年8月に実施したシードラウンドに続くものだ。ラウンドステージは公表されていないが、シリーズ A ラウンド相当と推定される。今回出資した ZVC(当時 YJ キャピタル)は、シードラウンドに続く出資となる。 sta…

NAVERスピンオフの韓国版スニダン「Kream」が97億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(10月11日~10月15日)

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。 Copyright 2021 © Media Recipe. All Rights Reserved. 10月11日~10月15日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは12件で、資金総…

インドのローカル言語翻訳プラットフォーム「Devnagri」運営、個人投資家多数から60万米ドルをシード調達

<情報開示> 個人的関係から、筆者は Devnagri にアドバイスを行う立場にあります。出資関係はありません。本稿には非公開情報を含みません。 B2B 向け翻訳 SaaS「Devnagri」は、シードラウンドで60万米ドルを調達した。なお、ラウンドはまだクローズしていない。現時点でこのラウンドに参加したのは、Venture Catalysts、Inflection Point Ventures、…

動画活用で企業のDX推進を支援するエビリー、7億円を資金調達

動画の活用で企業の DX 推進を支援するエビリーは20日、直近のラウンドで7億円を調達したと発表した。シリーズ C ラウンド相当と推定される。このラウンドに参加したのは、大和企業投資、地域創生ソリューション、西武しんきんキャピタル、みずほキャピタルで、調達額には金融機関からのデットが含まれる。これは、2019年12月に実施した2億5,000万円の調達に続くものだ。 同社は2006年10月の創業。2…

GojekとTokopediaの統合会社、IPOを前にアブダビ投資庁から4億米ドルを調達——インドネシア史上最大規模

インドネシアで最も著名なテックグループ GoTo Group(Gojek と Tokopedia が統合して発足)は、プレ IPO ラウンドでアブダビ投資庁の完全子会社から4億米ドルを調達することになった。これは、ADIA の子会社 Private Equities Department (PED)が、東南アジアのテクノロジー事業に対して行う初のプリンシパル投資であり、これまでのインドネシアにおけ…

ベトナム版Amazon「Tiki」、2.4億米ドルをシリーズE調達——まもなくユニコーンに

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 VentureCap Insights のデータによると、ベトナムを拠点とする E コマース大手 Tiki は、シリーズ E ラウンドで2億4,000万米ドルの資金を確保した。この資…